マイグレーション

皆さんは、マイグレーションを御存知でしょうか?

PCハードウエアに関係するものとしては、

1) エレクトロマイグレーション
2) イオンマイグレーション

が有ります。

エレクトロマイグレーションは主にCPU等の集積回路で発生する現象で、イオンマイグレーションは主に基板で発生する現象です。

どちらも電流が流れた際の影響で金属粒子が極々僅かに移動して経年と伴に形状が微妙に変化してゆき、最終的には断線やショートが発生する現象です。

怖いですね・・・

と言いますか、実は、とある基板でイオンマイグレーションが発生したので、調べてみたのです。

早期発見出来れば自分で回復可能ですが、ショートして壊れちゃったら終了ですね。
※イオンマイグレーションは目で見て発見出来ます。

そういえば、全然関係ない話ですが、先日、飛行機に乗る際にサムスン製の某携帯は持ち込み禁止ですと言われました。手荷物だけでなく預けるのも駄目です。まぁ自分の乗ってる飛行機で火災なんて考えたくありませんしね。

幸い私のスマホは別物ですから大丈夫でした。
スポンサーサイト

謹賀新年

謹賀新年

あけまして、おめでとうございます。

今年も、宜しくお願い致します。

 
 

DualSocketTheWorld的な2015年の10大ニュース

2015年を振り返り、筆者的な今年の10大ニュースをまとめてみます

Windows10に失望
 冒頭から後ろ向き発言ですみません・・・

PEZYがスパコンGREEN500でトップ3を独占
 PEZYは国産のプロセッサメーカーです

本物のスパコンを自作出来るかもしれない!?
 たった1台の自作PCが、本物のスパコンと言える性能を手にする日も近い!?

IntelとMicronが3DXPointを発表
 待望の不揮発RAMが来年から製品として登場します

東大と科学技術振興機構が共同で革新的磁気メモリ素材を発表
 未だ研究段階ですが、製品化出来れば全ての記憶素子を置き換える可能性も

AMDがHBMを搭載したRadeon R9 FuryX/Nanoを発売
 DRAMを立体的に積層してGPUに統合、帯域幅を大幅に拡大

VIAがIsaiah IIを搭載したEPIA-M920-16QE/20Qを発売
 AVX2対応のIsaiah IIを、VIAが、ひっそりと発売しました。

ICOPがDM&P Vortex86 DX3搭載VDX3-ETXを発売
 IntelでもAMDでもVIAでもないx86 1GHz 2Core ファンレス SoC

筆者の自作PC的痴態暴露:Tyan TigerMPXの64Bit-PCIスロット
 規格上は3.3V信号であるはずの64Bit/66MHzスロットが5V信号でした

デュアルソケットマザーまとめページ作成
 筆者自身が使い易いブログを目指して、目次付きのまとめを冒頭に設置

 
 

正しい英語、正しい算数、正しい歴史


 CPUにGPUが統合された今となっては昔話かもしれませんが、『ミドルエンド』という“正しい英語”が自作PC業界の主にGeForceの性能や価格帯を示す呼び名として蔓延していた時期がありました。ハイエンドとローエンドの中間がミドルエンドだと言うのです。

 と言いますか、そもそも“正しい英語”がカタカナであるハズも無く、標準的な英国人が正しく発音する " Midle range " が、これを表現する正しい英語ではないかと思うのですが、それはまた別として、この『ミドルエンド』なるものは元々『ミドルレンジ』又はミドルレンジの中でもハイエンドに近い物を『ミドルハイ』(upper middle ではなかった)と言っていたものをNVIDIAの誰かが間違って『ミドルエンド』と発言してしまったものが、業界ライターによって記事にされ流布されて伝染病の様に蔓延していったのではないか?と思うのです(実際はどうか知りません)。

下図は筆者の想像図です、正解とは限りませんし、もう絶滅した言葉を今更掘り起こしてしまったのかもしれません。
MidleEndA.png

 しかし筆者は正しい英語の方も問題視しているのです。筆者はカナダに住んでいた事もあり学生時代には学校の代表として全国から集まった大勢の日本の学生達の前で英語でスピーチした事も有りますが、その際にレポートの様なものを日本語で書いて提出しなさいと先生に言われてタイトルに「レテーション」とカタカナで書いたところ、先生から「正しい英語はレテーションですから、『ス』を『シ』に修正して再提出しなさい」と言われて唖然とし愕然とし怒りと強烈な無力感を感じた事があります。
 たぶん私がカナダに住んでいた経験を語りながらカタカナは正しい英語ではないと述べても嫌味にとられるか、或いは予想だにしない突拍子も無い理由で“正しい英語”であるカタカナ表記の『レシテーション』の正当性を力説され反論を許されないのだろうと思っての無力感です。
 この時、もし仮に先生から「外来語をカタカナ表記する際に、日本では決まり事があります。英語のrecitationを日本語では『レシテーション』と書く決まりがあります」の様に言われたのであれば日本語を勉強する上で納得して受け入れらたかもしれませんが、「正しい英語は『レテーション』だから『ス』を『シ』に訂正して再提出しなさい」と言われ、当時は全く理解出来なかったばかりか、ツッコミどころ満載で、あんた本当に教員免許持ってるの!?自分こそ英語を勉強しなさいと逆に説教したくなるくらい怒りさえ感じていたのです。
 カナダも含め英語圏にも日本人が多く住む地域が有り、そこに住む日系人が話す日本語で使われているカタカナ英語には、日本で使われている物とは全く異なるカタカナに変換され、かつ、現地では広く使われているカタカナ単語が結構あります。
 例えばカナダの西海岸沿いにあるバンクーバーという都市は温暖な気候で芝生を植えている家庭が多く、HONDA製の芝刈り機が普及していましたが、バンクーバー一帯に住む日系人は芝刈り機の事を『パワーレイキ』というカタカナに変換した日本語を使っていました。もう少し一般的な用語では例えばガソリンスタンドの事は『ガスステーション』というカタカナに変換した日本語で話されていましたが、彼らはそれを“正しい英語”とは絶対に言いませんし、英語はカタカナでなくアルファベットで書いて(カナダ訛り&日系人訛りの)英語の発音で読みます。車の『チューンナップ』は改造ではなく整備点検(消耗品の交換とセッティングの調律)を意味しました。そして彼らは日本語の歌の中で時々登場するカタカナ英語はとても変で鳥肌が立つから辞めて欲しいといった事を日常的に言いますが、私も同感です。英語に耳が慣れている状態でカタカナ発音の英単語の歌詞を歌われると辞めてくれーと叫びたくなります。来日したばかりの外人が話すカタコトの変な日本語でプロの歌手としてカッコイイ振り付けとドヤ顔で歌っている様なものです。

 他にも日本の学校では不思議な事が起きます。数学(算数?)の授業ですが、例えば100円の林檎を10個買うと合計いくらですか?という問題が有ったとして、教科書的な正解は 100円 × 10個 = 1000円 なのです。この正答の何が不思議かと言いますと、 10個 × 100円 = 1000円 と回答すると、答えは正解でも式が間違っているとして減点されるか注意され訂正を強要されるのです。
 いやいや、ちょっと待ってくれよ、簿記ならその順番が正しいのかもしれない(しかし簿記なら合計金額には消費税も加算しなければですが)。けど数学において掛け算の前後を逆にしても同じでしょ? 10個 × 100円 は正解だよ?と言いたいのですが、なんとこの簿記でも数学でも無い不思議算数が教科書に記載されているらしく、先生は教科書の間違いを指摘する事が許されず、間違いであっても教科書通りに生徒を指導しなければいけないらしく、嫌々ながらも 10個 × 100円 は計算式として間違いだから掛け算の前後を逆にしなさいと指摘しなければいけないらしいのです。ホントかよ!?

 先生が歴史を教える際に教科書の間違いを指摘したら国際問題になるかもしれません(というか、筆者が通っていた中学の社会科教師は、国歌は歌うな、国旗は掲揚するな、警察には黙秘権を行使しろ、と教えていたので、今考えると逆に恐ろしいです)が、歴史は別問題として、数学の教科書に明らかな間違いがあるのに、間違ったまま教えなければいけない教育制度はとても変だと思いますし、カタカナ表記を正しい英語と言って教える風潮も変だと思うのです。そういったネジ曲がった教育で育った結果、冒頭の『ミドルエンド』が多数のIT専門誌などで堂々と書かれる様な状況が生まれてしまったのではないか?と危惧するのです。

アクセス数の多い記事まとめ


ちゃんとした統計ではなくアクセスログを見ながら適当に書いてます、見落としが有るかも?

Windows10 Pro
 ・Windows10 Pro まとめ
 ・Windows10は個人情報を全て公開するのがデフォルト
 ・Windows10は多くのデバイスとアプリが利用不能に
 ・Windows10のなぜ!?#1
 ・Windows10のなぜ!?#2

デュアルソケットマザー
 ・デュアルソケットマザー総合まとめ
 ・穴の位置 E-ATX / EE-ATX / SSI-CEB / SSI-EEB / HPTX
 ・OSにNUMAとして認識されない場合の対処方法
 ・NUMA とは? / 割り込み処理 / チューニング設定
 ・SuperMicro X8DTG-QF/X9DRG-QF/X10DRG-Q

PC電源(AT電源、ATX電源、EPS電源など)の記事
 ・PC電源のピンアサイン比較
 ・PC電源の各ピンの機能
 ・PC電源の効率と力率の違い
 ・PC電源の規格を比較

USB3.0
 ・NEC / Renesas 製チップ搭載品に付いて
 ・4-Port (内2/外2) USB3.0 カードの比較
 ・MSがWindows7でUSB3.0にリミッターを掛けた件
 ・USB3.0 の UASP を ENABLE(有効) にする方法
 ・玄人志向 USB3.0RX4-P4-PCIE レビュー #1
 ・玄人志向 USB3.0RX4-P4-PCIE レビュー #2

古いパソコンでフルハイビジョン動画を再生
 ・Celeron533MHz(Slot1)でフルハイビジョン
 ・ソケット7でフルハイビジョン!?

PCI to PCIe 変換基板
 ・PCI to PCIe 変換基板のガチンコ対決#1 / #2
 ・名称不明品( SB-PE8112A ? )の強制再起動阻止
 ・玄人志向PCIEX1-PCI は66MHzのPCIスロットで動作するか?
 ・玄人志向PCIEX1-PCI はキワモノだけど動くと結構イイですよ
 ・Tyan Tiger MPX で玄人志向 GF-QUAD-DISP/4DVI/LP は動くか?
 ・440BXマザーでGTX460は動くのか?

Quadro SLI
 ・Quadro SLI の
 ・Quadro SLI 対応システム

HDD/SSD 容量の壁
 ・壁(プレッシャー)の存在
 ・壁(プレッシャー)の存在 Ⅱ

その他
 ・本物のスパコンを自作出来るかもしれない!?
 ・ノイマン型の無駄
 ・シュリンクから3Dへ
 ・出来過ぎたチップ
 ・CPUが倍精度で1TFLOPSを超えるのはいつか?
 ・メインメモリとストレージの関係
 ・20号機
 ・デバイスの帯域
 ・Areca ARC-1120
 ・VIA QuadCore まとめ
 ・Iwill DP-400 の自作電源変換ケーブル
 ・Tyan Tiger MPX で玄人志向 GF-QUAD-DISP/4DVI/LP は動くか?
 ・440BXマザーでGTX460は動くのか?
 ・GIGABYTE GA-586DX Rev.3B の MMX233MHz対応改造
 ・ME-HECI


プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR