MX ERGO の使用感

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------

 筆者は長年トラックボールを愛用してきましたので、始めにその遍歴を書き、最後に本日買ったばかりの MX ERGO に付いて使用感を書いておきます。

 筆者はキーボード内蔵型を含め、恐らく20種類くらいのトラックボールを試していますが、色々試して行き着いた先は、いつの時代も Logitech / Logicool の歴代親指ボールタイプでした。

 筆者が行き着いた最も楽な使い方は、椅子の肘かけ上にトラックボールを置いて操作しますので、文字入力する時以外は手を全く動かしません。書いていて思いだしたのですが子供の頃に見た『ムーの白鯨』というアニメで乗り物の操縦桿が椅子の肘かけに設置されたメロンくらいの大きさのボールを使って操作する物で、あの操縦桿って楽そうだなぁというのが常に意識の中にあって、筆者は、それに近い操作感が得られる物を普段から求め続けていました。

筆者のトラックボール遍歴


初代:Logitech Trackman Vista
trackmanVista.jpeg
 名前からはWindowsVistaに併せたモデルと思われそうですが、Windows95時代の物です。
 当時はいかにもなビリヤード球で操作する様なトラックボールも購入して色々試していたのを思い出しました。
 同世代で親指タイプは Trackman T-CD2-6F の様ですが、初代のみ人差し指でボールを動かしていました。理由は成り行きです・・・
 構造的には機械式マウスのボールを裏表逆にしただけの物で、反応が鈍くなった時のメンテナンスは機械式マウス同様に内部の大掃除が必要で大変でした。
 数年遅れてMicrosoftが、そっくりな形状でホイール付きのタイプを発売したので購入して試しましたが、ボールの移動感に違和感が有り、ホイールも使い辛かったので常用には至りませんでした一時期常用していたのを思い出しました。色が白から黄色に褪色してホイールが溶けて使えなくなりましたが、つまり長期間使っていた事に成りますがホイールが有る事から2代目から3代目に移行し始めた頃に重複して職場で使用していた気がします。PS/2シリアル変換コネクタ付きでしたのでシリアルポートに接続しても使えたはずです。
 Windows95の前は何を使っていたか?と言いますと SUN SPARCstation 専用の光学マウスです。このマウスはメンテナンスフリーでしたが、専用マウスパットの上でしか操作が出来ず端まで行くと持ち上げて中央に移動し・・・をしなければならず使い辛さを感じていましたのでトラックボール志向はその時の体験からというのも有るかもしれません。Windows95以前のパソコンはMS-DOSが主流ですからPCでマウスを使う事は今より少なかった時代です。ですがX68000にはトラックボール(裏返すとマウス)が付属していた気がしますね。。。


二代目:Logitech TrackMan Marble T-CH11 PS/2
TrackManT-CH11.jpg
 マーブル・オプティカル・テクノロジーにより、トラックボールでありながら光学式を採用し滑らかな動作が売りでした。
 職場、自宅リビング、自宅書斎、自宅寝室それぞれに専用で同型4台目を購入した頃に下記のホイール付きが登場して総入れ替えした記憶があります。この時代はPS/2 -> シリアルI/F 変換コネクタが付属していた様です(つまりシリアルI/F回路も搭載していた)


2.5代目:Microsoft Intellimouse Trackball
Microsoft_IntelliMouse_trackball.jpg
 自作PCではなく職場PCで利用していました。
 職場でこれを利用していた理由はLogitech TrackMan Marbleだと赤色で目立つ為に変な注目を浴びそうで嫌だったからで、MS製品なら誰も文句を言わないだろうし白色とグレーの二色なら目立たないだろうと思ったからです。当時はIT業界と言えども堅い業界の顧客が相手の現場だと華美な物が敬遠されPCの筺体色はアイボリーのみが許される様な硬派な風潮が有りました。信じられないかもしれませんが服装は紺または灰色のスーツと同系色ネクタイに白いYシャツのみが許され靴の色は黒、靴下は白または黒、髪の毛は短髪で七三分けのスタイルのみが許容される様な職場も有ったのです。そんな現場で赤球トラックボールは恰好の餌食となりそうでしたから、玉が赤いというだけで御祭騒ぎにしたく無かったのです。この地味な配色は、そういった風潮を察しての配色かもしれませんね。アイボリー色筺体のパソコンに溶け込める優れた配色のトラックボールだった訳です。(但し、使い難かったので個人用の自作PCでは使いませんでした)。


三代目:Logitech TrackMan Marble Wheel T-CL13 / T-BB13
trackmant-bb13.jpg
 二代目との違いはボタンセンターがホイールに代った事と、T-BB13はケーブルがUSBに成り先端にPS/2変換コネクタを取り付けて利用する様に変化しました。


四代目:Logitech Trackman Wheel Optical TM-250
trackmanTM-250.jpg
 四代目の前に同形状でワイヤレスのタイプが発売されたので試しましたが動作が時々不調になるので有線直結に回帰しました。
 三代目との違いはボールのメンテナンス方法や本体形状、本体色の変更等の細かな変更です。三代目を長く使っていると赤いホイールが劣化してくるので、そのタイミングで1台づつ切り替えました。とは言え、この機種もホイールが経年劣化します。それと本体裏の滑り止めが剥がれるのでホームセンターで強力な滑り止めを買ってきて付け替えたりしていました。
 パソコンと言えばアイボリー色の時代が終焉し、ビジネス用途でも黒いPC筺体が主流となりはじめた事に併せて本体色も変化したのかもしれません。


五代目:Logitech Wireless Trackball M570 / M570t
TrackmanM570.jpg
 ワイヤレスに抵抗がありましたが旧モデルが製造中止に成った事に加え、進む戻るボタンが重宝しますので同型で7台くらい持っています。トラックボールは移動しませんからワイヤレス化する意図は私には不明です。間に電波遮蔽物が有ると誤動作するので嫌なのですが旧モデルが製造中止なので仕方ないのです・・・
 進む戻るボタン以外の良い点としてはマーブル・オプティカル・テクノロジが進化し赤ボールに黒ドットの構造からアルミ微粒子?(未調査)に変更されボールの反応がキメ細かくなり高解像度ディスプレイとの相性が良くなった様に思います。
 但し、このモデルはチャタリングが多発して買い替えたりOMRONの日本製スイッチに交換して対策したり、落下して進むボタンが壊れたり等の主にボタンが壊れた事が理由で買い足し7台くらい買っています。


5.5代目:ELECOM EX-G M-XT1
m-xt1ur_01.jpg
 ワイヤレス版の他に有線版(但しPS/2ではなくUSB)も有るので好感が持てます。機能的には角度変えの機能が無い以外は下記のMX ERGOと同等の機能を備えカーソル移動速度の変更や横スクロールは使い慣れたら手放せなくなるかもしれません。
 ボールが変な動きをする難点は克服出来ます。筆者は、ボールが変な反応をするので試用してすぐ使うのを辞めていましたが、先日ネットでM570のボールに入れ替えると動作が良好に成るという情報を得て再度試用したところ確かに良好です。が、それならM570で良いかと・・・
 M570が壊れたのでボールが余っているという人には良いかもしれません。進む戻るボタンのクリック感はM570やMX ERGOよりも良好で、かつ、MX ERGOよりも安価に横スクロールやカーソル変速機能を使えます(横スクロールや変速機能が欲しいのであれば)。


六代目:Logitech Wireless Trackball MX ERGO
TrackboalMXERGO.jpg
 今日の(この記事の)本題です。
 本体裏のマグネット固定式プレートで角度変更が出来る事が売りです、が、筆者的には角度は以前の方が使い易いです。理由は角度を付けるとスイッチ類を下へ押すのではなく斜め横に押す必要があり押し辛く成る為に操作し辛く角度変更した状態で数時間使っていると慣れてきました。慣れるとM570より使い易いかもしれません。平らにすると僅かにM570より背が高くなり手首が若干痛くなりますがボタン操作は平らな方がし易いです。角度を付けると手首は大丈夫ですが平らにした場合は手首が痛く成らない対策としてパームレストが欲しく成ります(逆に言えばパームレストが有れば問題無くM570と変わらない使用感が得られます)。本体底のマグネット式角度調整は、少し力を入れて手首をひねると操作中にも変更出来ます。
 M570との機能面での違いとして横スクロール機能が追加された事と、カーソル移動速度がボール脇ボタンのワンクリックで変更出来る事ですが、あまり多機能に成り過ぎると誤操作が面倒なのでM570でも良いかもしれません。移動速度変更はELECOM EX-G M-XT1だと薬指ボタンを押し続ける必要が有りますのでMX ERGOの方が筆者には使い易いです。
 もう1つの追加機能としてBluetooth接続すれば最大3台のPCやスマホを切り替えて操作可能な事ですがBluetooth接続すると省電力機能の関係で誤動作が起きますし筆者は既にKVMを持っているのでPC/スマホ切替機能を使う機会は無さそうです。
 乾電池式から充電池式に代りUSB接続で充電する様に成った事も変化です(もしかしたらUSBケーブルを接続しておけばBluetooth接続時の省電力機能に起因する誤動作を回避出来るかもしれませんが試していません)。いやいや、だったらもうUSB接続(兼:PS/2接続)仕様に戻しちゃいましょうよ・・・と言いたい訳です。時代に逆行してもPS/2とシリアルマウスI/Fも装備して下さいと御願いしたいくらいです(シリアルマウスI/Fだとホイールに対応出来ないかも!?シリアルマウスでもホイール対応可でした)。
 難点をもう1つ挙げるとすればUSB受信機を本体に格納して持ち運ぶ為の収納スペースが無い事です。

 筆者の要望としましては、四代目にあたります Logitech Trackman Wheel Optical TM-250 に進む戻るボタンと変速ボタンを MX ERGO と同じ位置に取り付けて、 PS/2 復活と更に可能ならシリアルマウスI/Fも復活して頂けたら生涯同じ物だけを買い続けます。
 もしくは MX ERGO を有線にして PS/2 とシリアルI/F機能を追加して頂ければ上記の様な遍歴を今後はせずに生涯同じ物だけを買い続けます。
 
 ※後ほど写真付きで MX ERGO の設置角度や高さなどの様子を説明する予定です。
  
 
 
スポンサーサイト

R.A.T. 9 死亡 -> 復活

IMG00437.jpg

棚の上で眠りに就いていた R.A.T. 9 を一昨日から利用再開したのですが、三日目にして死亡した様ですOrz

色々と微調整出来る事や、カチッとしたクリック感などが気に入っていたのですが実働期間は一カ月もないと思います・・・
2万円ほどしたと思いますが、もう一つ買うか?それとも修理に出すか?それとももう一つ買って更に修理にも出すか・・・

中身の基盤だけLogicoolの高耐久品?に交換できると良いのですけどね・・・バッテリの形式とか色々めんどくさそうだし専用回路なんだろな・・・

後日談・・・
バッテリを再充電して、スイッチを何度か入れ直していたら復活しました・・・
原因不明ですが(バッテリが減ってたにしては満充電から1日経ってない)、とにかく復活してよかったです!

ADVC-100

CANOPUS ADVC-100

愛用してます。

本は ScanSnap ix500 を使って自炊してますが、同様に VHS ビデオテープの自炊 も最近始めました。

といいますか、ビデオデッキ自体が絶滅の危機に瀕している気がするので、今のうちにmp4変換しておこうという訳です。

※筆者は、この機器を接続する為だけに殆ど全てのPCにIEEE-1394のI/Fを備えています。

CANOPUS ADVC-100 は画質もなかなかです(もちろんHD動画とは比較にもなりませんが)。

動画ファイルに取り込めば頭出しや先送りなどの操作が素早く出来るのも良いですね。

懐かしい映像もいっぱいあって、作業もあまり苦になりません。

取り込んだままのaviフォーマットだと1時間10GBくらいなのでデカ過ぎですが、この状態が一番高画質でHD画面に拡大再生しても曲線などが滑らかです。

ビットレートにもよるとは思いますが、概ねVHS画質と同程度の(と思う) 640x480 29FPS 3~4Mbps の mp4 に変換すると1時間で1GBくらいの1/10サイズに成りますので、テラサイズのHDD1個に千本のVHSテープ動画が収まる計算です。

けど、このmp4をHD画面に拡大再生すると、曲線が所々カクカクしてきて残念なんですよね~

aviから画質を落とさずに1/10くらいになる方法ってないもんでしょうかね?

ScanSnap iX500 #2

最近更新ストップしてますが・・・

以前、スキャナを購入しまして、大量に蔵書をスキャンしつつ処分しています。

これで部屋がスッキリするかと思いきや、大量すぎてゴミに出すのが難しく、裁断してしまった為に本棚にも戻せず、部屋がダンボール箱で埋まってしまい身動きとり辛く成ってきました・・・

このままでは本末転倒ですから、なんとかスキャン済みの本を処分してゆきたいのですが、いざ処分するとなると、手垢の跡に懐かしさを覚えたりして・・・

それに、本であればデータがぶっ飛ぶ事は無く火事でも起きない限りは読めますが、スキャンしたデータは消えてしまうかもしれないと思うと、バックアップをとったり・・・

けどまぁ、結局は本は捨ててしまうのだろうと思います。

いつになったら踏ん切りがつくのか判りませんが・・・

PFU ScanSnap iX500 を USB3.0 で使う

筆者の自宅は山積みになった書籍に埋め尽くされ窮屈な思いをしていたのですが、最近流行の自炊&書籍の処分を始めました。

当初はレンタル機器を利用して作業していたのですが、作業に慣れてきたところで全てを取り込んだ場合の時間を計算しますと、どう考えてもレンタル料が新品価格を超えてしまう事が判り、ScanSnap iX500 と PC010(PC009かも?)を購入してしまいました。

裁断機にPC010を選択した理由は、ぶ厚い技術書でも一刀両断出来る点に尽きます。

さて、前置きが長くなりましたが ScanSnap iX500 は I/F が USB3.0 に成っていますのでレンタルで利用していた ScanSnap S1500 よりも高速に処理してくれるであろう期待が持てました。実際、読み取り速度のスペックは向上しているので早くなっているはずです。

そこで早速ドライバインストール後に15号機USB3.0ポートに接続してみたのですが認識に失敗してしまいます。別のポートも含め数回試したのですが駄目でした。

説明書にはUSB3.0ポートでは使えない事が有りますという記載が有った為、仕方なくUSB2.0ポートに接続すると正常に動作しました。

けど、せっかくのUSB3.0機器なのにUSB2.0でしか使えないのは少々納得できません。

15号機のUSB3.0はRenesas μPD720201を搭載したSpeed Dragon EU306C(AREA OverFenderR)ですからUSB3.0コントローラとしてはスタンダードな物のはずです。

色々調べて見ましたところ、筆者はUSB3.0の速度計測目的でホストコントローラのFirmwareを少々古い物のままにしていたのを思い出しました。具体的にはFirmware 2.0.1.1です。そこでFirmwareを2.0.2.0に更新しましたらUSB3.0ポートでScanSnap iX500が正常に動作する様に成りました。

現在のFirmwareを確認する方法は、デバイスのプロパティで参照可能です。
U3F.jpg
「ファームウエアバージョン:2020」は Firmware 2.0.2.0 の事です。Firmware 2.0.1.1の場合は2011と表示されます。

※余談ですが、Renesas μPD720201自体はUSBパワーマネジメント機能を搭載していて、別途パワーマネジメント用の電流制御ICを回路に組み込んで連携する事になっているのですが、Speed Dragon EU306C(AREA OverFenderR)はコスト削減目的と思いますがパワーマネジメント用の電流制御ICが省略され過電流保護のみになっている為、上記のダイアログにあるパワーマネジメント機能のチックボックスは実際には機能していません。Firmware更新の際にダイアログから消す様にFirmware更新プログラムを変更出来るはずですが、今回は汎用?と思われるFirmware更新プログラムをデフォルトのまま導入した為に表示されていると思われます。

USB3.0ホストコントローラは、出来るだけFirmwareを最新にしておく事が重要だと再認識した筆者でした。
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR