究極?自作PC 始動

この究極?自作PCシリーズは、今から約13年前の私が自作PCに憧れてはいたものの当時は貧乏で手にする事の出来なかったDUAL Socket7 マザーのATX586を、ある事が切っ掛けで約13年を経た今になって偶然手にした事からスタートし、このATX586の元所有者の方との約束で、ATX586で自作PCを制作する過程を掲載してゆく事になりました。

さてさて・・・

前回の記事で紹介しました TAKEN ATX586ですが、前回の記事ではCPUファンの電源をどうするか?などと言う超基本的な事で戸惑っておりましたが、あっさりと電源モジュールから直接とる事にしましたw。

この時代のCPUはさほど発熱もなく、大き目のヒートシンクを使ったファンレス動作が基本だった事を思い出しました。
自作用にはファンを搭載したヒートシンクが販売されていましたが、メーカー製PCはファンレス仕様が多かったように記憶しております。

とりあえず、まな板上では、こんな感じで12cmファンを使って2個のCPUを同時に冷却するようにしました。
DSC00217.jpg

後ほど、希望としては12cmファンの固定用に、アルミ削りだしステーを製作したいなぁ~と考えていますが、実現するかどうかは怪しいですw

次に、と言うか、CPUをソケットに挿した時に既にやっちゃったんですが、ジャンパの設定をします。

これ以降の世代になりますと、殆どの設定項目をBIOSでコントロール出来る様になるのですが、この時代はCPU電圧やCPU倍率を一つ一つジャンパで設定しないと動作しません。しかもDUAL-CPUの場合は、更に面倒なジャンパが幾つかありましたが、マニュアルに明記されていましたし、グーグル先生も色々教えてくれました。
ATX586 Motherboard Settings and Configuration
http://stason.org/TULARC/pc/motherboards/T/TAKEN-CORPORATION-Pentium-ATX586.html

ジャンパとの格闘は約2時間ほどwになり、これを間違えると貴重な(探すのが大変な)MMX-Pentiumの同一型番を過電圧で壊しかねませんし、何より探し当てるのが困難を極めると言いますか、表現としては「発掘が絶望的な」と言った方が適切かもしれないデュアルソケット7かつ430TXな唯一のマザーであるATX586を壊しかねませんので超慎重にならざるをえません。ATX586以外にはDIMMやUltraDMAが使えるDUAL-Socket7マザーは存在しないのですから・・・

そして、肝心な事があります。
もう既に15年が経過したマザーですから、当然の様に電池は交換です。交換ついでにジャンパをC-MOSクリア設定にして戻しておきました。

電池を交換、ジャンパの設定も終わり、CPUファンが繋がり、VGAも挿して、いよいよ電源投入ですが・・・
・・・
・・・

画面に何も出てきません・・・

PCIスロットに挿すPOSTコードチェッカーが手元に有った筈なのですが、こんな時に限って何故か見当たりません。

これでは原因が全く判りませんねェ・・・

困り果てて、とりあえず飯でも食ってくるか(オイw)っと、ラーメン屋に行きましたところ、まるで天からの啓示が有ったかのように、突然メモリの相性だと閃きましたw

このマザー、今では見る事も殆ど無くなりましたが、DIMMスロット脇にSIMMスロットが付いています。
しかも、両方同時に挿しても良いよとマニュアルには書いてあります。筆者同様の変態ぶりですねw

実は、メモリ相性を想定しまして、秋葉で投売り状態の昔のメモリを大人買いしてしまい、各種メモリを40枚程準備してあります(爆)

で、とりあえずSIMMで試してみようと思いまして、マニュアルを見ますと、SIMMは同じ物を必ず2枚挿しなさいと書いてありましたので、片面実装16MBのSIMMを2枚挿してみました。

そうしましたところ、呆気なくと言いますか、めでたくBIOS画面が表示されメモリカウントが32MBになりました。

しかし、このマザーの潜在能力は、こんな物ではありません。

430TXの最大メモリ容量は256MBですし、マニュアルにも最大256MBと書いてありますので、当然ですが256MBで動作するまでは諦めません。

結局、12枚のDIMMで試して動作したのは、たったの4枚、そのうち2枚が32MBでしか認識されず、256MB動作が可能なのは、山の様なメモリの中から、たったのと言うか、ちょうど2枚で、過不足無し?w

まぁ、動作したので結果オーライ(死語?)です。

続いて、Windows2000/XPのインストールをして行きたいと思います。
LinuxやBSDなどでも良いのですが、なんとなくWindows路線で行ってみようとおもっています。
年代的には95/98世代ですが、それではDUAL-CPUを生かせませんしNT4.0は若干互換性が低いので、やはり2000/XPしか無いですね。
Vista/7はBIOSのACPI対応が必須なので、この世代のマザーで組む場合ACPI2.0対応BIOSを自作しなければならず不可能とは言いませんが困難ではあります(とは言え430TXからはチップセットがACPI対応なので可能性は残しつつw)、そういう意味でも現時点では2000/XPがスイートスポット?では無いかと・・・

次回へ、つづく・・・
スポンサーサイト

真打登場、TAKEN ATX586

いよいよ究極?自作PCの基幹を成すマザーボードの紹介です。

私は一生に一度くらいの幸運?に恵まれまして、長年心の奥底に暖めておりましたマザーボードを、ある方との御縁で偶然にも手に入れる事が出来ました。

それは、このブログのネーミング元にもなったマザーです。

TAKEN ATX586
atx586.jpg

ぱっと見では判らないかもしれませんが、デュアルソケット“7”マザーです!!!

この画像は今は無きTAKENのホームページを保存しているサイトに掲載されている(つまり、たぶん発売当時にTAKENのホームページに掲載されていた)画像です。
http://www.elhvb.com/mobokive/archive/Taken/atx586/atx586.html

よく見ますと、実物と異なる点がいくつか見受けられます。

まず、VRMが全く異なる様です。
おそらく、設計当初はコア電圧3.3VのCPUを前提に設計していて、後に2.8V仕様のMMX Pentiumが登場して、それに対応する為にVRMの変更を余儀無くされたのではないかと思います。

実物は、これ↓です。
DSC00214.jpg
※先走ってしまい、撮影の前にまな板上で組んでしまいましたw

コイルが追加され、たぶん1フェーズの単純なDC-DCコンバータで2.8Vに降圧しているのではないかと思います。
後ほど詳しくパターンを追ってみようと思います。

などと、なんとなく、つらつら書いてますが、実は、今回は驚きの連続でした。

まず、始めに・・・
あれェ?ファン電源を挿すコネクタが無いぞ・・・
ファンはどうやって接続するんかね???

次回へ、つづく・・・

CREATIVE SoundBlaster 16 PRO PnP ISA + WaveBlaster

近々掲載予定の究極?自作PCに利用する予定のパーツ紹介です。

さてさて、ここからは本格的にレガシー路線を歩み始めます。

第5弾は、Dual-CPUならぬ、Dual-Board?の音源カードです。

CREATIVE SoundBlaster 16 PRO PnP ISA + WaveBlaster
DSC00210.jpg

今現在、市場に流通しているサウンドカード/サウンドチップの殆どが、この製品を原点としています(キッパリ)

この製品との互換性が無いサウンドカード/サウンドチップは、見付ける事の方が難しいかもしれません。

しかもインターフェースは“ISA”

しかもしかも・・・・ナント!
新品ですw

そしてオプション品のWaveBlasterドーターカード(こちらも新品)が付いています。
このWaveBlasterドーターカードはMIDI関係のハード処理をするカードですが、実は、筆者には使い方が判ってません。

それはさておき(オイw)

発売から既に15年経ったPCパーツの新品が手に入るって、凄いですね。

しかも安かったので数枚購入してしまいました。

この製品には、いくつかのカスタム品や簡略品が出回っているようですが、入手した品は、IDEインターフェースが省略された品でした。と言うかIDEは不要なのでむしろ好都合です。
この記事を読まれた方の中には、何故音源ボードにIDEコネクタ?と思われた方も多いと思いますが、この製品が発売された当時の用途として、音源ボード上のIDEコネクタにCD-ROMドライブを接続してCDを聞くと言う使い方を想定していた様です。それにIDEインターフェイスがSCSIやSASIを完全に置き換える以前の話で、未だIDEを持たないマザーも
当時は存在したようで、そういった向きにはIDE増設になって良いのかも知れません?

この品をWindows2000/XPで使った感想は、当たり前ですが普通に音が聞こえます。
そして、デバイスドライバとしては、音デバイスとゲームポートと、2つの不明デバイスがインストールされます。
この不明なデバイス2つって何でしょうね?MIDIかなぁ・・・でもドーターカードを外しても不明デバイスが2つ有るんですよぉ。

確かドーターカードを外すとMIDIをソフトウエアエミュレーションをするとか何とか何処かで見掛けたような気がするので、やはりMIDIかも?

ちょっと調べてみようかなぁ・・・

何か情報持ってる方いらっしゃいましたら、情報下さいませm(_ _)m

MTRON MOBI 3500 32GB

近々掲載予定の究極?自作PCに利用する予定のパーツ紹介です。

第4弾は、Dual-CPUでなくとも高速化には必須と言われるSSDです。

MTRON MOBI 3500 32GB
41Z9OKQSBIL__SL500_AA300_.jpg

IntelのX25シリーズが発売されるまでは人気が有りましたが、最近では、ほとんど見掛けなくなってしまいました。

そんな中にあって、先日、秋葉を散策しておりましたところ、密やかに特価にて投売りされておりまして、その最後の1個を手にしました。

昔から残り物には福が有ると言われておりますが、そうなってくれると嬉しいですね!?

SLCのMTRONですから、そこそこ期待しております。
この製品はMLCでした

それに、この32GBの容量は、とても重要な垣根ぎりぎりのサイズでして、今回の究極?自作PCにはベストチョイスかもしれません(これが見つからなければ、X25-Eの32GBを買うとこでした3倍の値段でw)。

さてさて、最近の私の自作PCにはAreca社のRAIDコントローラが必須アイテムと化しておりますが、ArecaはIOPをコントロールするファームウエアOSの起動が若干遅い(その一点だけを除けば最速なんですが)と言う難点があり、今回の究極?自作PCでは軽快性を重視しまして、スピーディーなOS起動が出来るようにオンボードのIDEコネクタにIDE⇔SATA変換を直挿ししまして、それ経由でMOBIを接続する事にしました。

今まで掲載しましたパーツやら、今回のSSDの接続方法などから、およその見当は付いているとは思いますが、今回の自作は若干レガシーな雰囲気のなかで進んでゆきますので、覚悟して下さい。(と言っても、このブログは誰も見てない可能性が高いですがw)

前回の反省を経て・・・

前回の記事で紹介しましたが、I/Fカードで失敗するところでしたので慎重に検討してみました。

USB2.0とIEEE1394の両方を備え、かつUSB2.0はNECチップ、IEEE1394はNEC又はTI社のチップと言う条件かつ電源コネクタを備えたPCIカードを探してみました。

過去の商品も探すと有りそうですが、とりあえず入手性の点などから現行品で探すと、以下の2種類が有る事が判りました。


玄人志向 USB2.0N+1394T-PCI
untitled.jpg

センチュリー CIF-U2P4/FW4P3PCI
cif-u2p4_fw4p3pci-thumb-autoxauto[1]


両者とも同じチップ(USB2.0はNEC μPD720101、IEEE1394はTI社のTSB43AB23A)を採用しており同じ構成に思えるのですが、写真を見ますとチップの数が異なっております。

玄人志向の製品はNECのUSB2.0チップがPCIブリッジ的な役割も兼ねている様に見受けられます(もしかしたら裏面にブリッジが有るだけかもしれません)が、センチュリーの製品には明確にPCIブリッジチップと思われるチップが有り、そこからNECのチップとTI社のチップに配線が伸びているのが伺えます。

お値段的にも玄人志向の製品が3000円台で、センチュリーの製品が5000円台ですから、恐らく玄人志向の製品はPCIブリッジが省略されているのだと思われます。

どちらが良いのか?構成的にはセンチュリーの製品の方が基本を押さえた作りで良さそうですが、相性なども含めまして、やはり取り付けてみないと判らない部分が多いと思います。特にマザーと接するチップがPCIブリッジなのかNECのUSBコントローラなのかの違いが有りますし・・・

と言うことで両方を買って試してみる事にしました。

電源はPCIからではなく、ちゃんと別で電源コネクタが付いていますのでPCIスロットひいてはマザーに優しい仕様になっているところが嬉しいかぎりです。
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR