FC2ブログ

AMD Ryzen Threadripper PRO という新しい選択に付いて

AMD Ryzen Threadripper PRO という新しい選択に付いて考えてみます。

EPYC-TRP-MALIST.png


Intelもですが、全コアBOOST時のクロックを公開しない風潮は、ちょっといただけないですね。それが不信感になり不安定の原因になりそうで視界から除外してゆく訳で、安定しないCPUは子供向け玩具の様に見えて手を出さないのは筆者だけ?
定格クロック/定格TDP と伴に 全コアBOOSTクロック/全コアBOOST消費電力 を正直に公開すべきです。公開しない故に隠したい/公開できない/不安定と思ってしまう訳ですが。。。24時間365日いつでも安心して使える物しか筆者は興味が無いのです。


Windows の制限として、64コアが1つのアプリで利用できる上限というのが有り(正確には、複数プロセッサグループを考慮して、64コア以上を扱える様にチューニングされたアプリを制作する事が非常に稀な為)、物理64コア(かつHTT/SMTをOFFにしてコア数=スレッド数に設定)がマルチスレッド対応アプリで良好な結果を出せる事実上の上限になりますので、上表の太字で示した2行のどちらかになると筆者は考えています。(もちろん自分でアプリを制作して64コア以上で性能発揮できる様にチューニングする場合やLinuxの場合は事情が異なります)。

L3容量を見ると、チップレット枚数が判りますが、太字2行のそれぞれのチップレット枚数合計は同じです。二つを比べてEPYCの方がTDP合計が高い理由は I/O die 上にある巨大バッファ(資料によってはL4)が主要因と思われます。

ベースクロックではEPYCの方が若干上(誤差程度)、Boostクロックでは Threadripper PRO の方が上、搭載可能な物理メモリはEPYCの方が4倍(2ソケット合計で最大8TB)。つまり、メモリ容量を重視する場合は EPYC で、クロック重視の場合は Threadripper PRO になるかと思います。

例えば、EPYC で 8TBの物理メモリが有ると何が出来るかと言うと、殆どのデータベースはオンメモリで瞬時に処理出来ますし、円周率1兆桁をオンメモリで(恐らく数時間で)計算できます。もう少し現実的な話としては、例えば無圧縮8K動画をオンメモリで編集可能になり、4Kなら映画サイズの長編でもオンメモリ編集出来るかもしれません。これが Threadripper PRO の場合は 1/4 の最大 2TB になり映画全編をオンメモリは厳しすぎますので4倍の差は大きいです出来るかもですね。。。とは言え、一般に市販されてる Registerd DDR4 は 1枚で 128GB以上ってあまり見掛けませんので、現実的には最大512GBとか1TBくらいにはなると思います。そうすると、現実的な最大メモリは同じくらいになるのかも・・・

テラバイトメモリの世界は、今までとはちょっと違った事が出来そうですね。 

ところで、数ヶ月前に登場した Xeon Gold 6258R は、こいつに対するカウンターパンチだったのかもしれません。
EPYC-TRP-XEONS-ALL-PSLIST.png

もしそうでなければ Xeon Platinum 8280/L との価格差が、あまりに違いすぎます。もしくはRome対抗か。。
以前で言うところの MP-XEON と DP-XEON かの様に、ちょっと設定変更して価格差をなんとか説明しようとしてるのですが、元々 Xeon Scalable と言って売り出した方向性から、ちょっと外れてきた感が否めません。Goldの6xxx番台は本来UPIが3本で4ソケットまでOKの設定にしていたハズですから。。。

この記事の結論としては、 Ryzen Threadripper PRO は、ハイエンドのデュアルソケットワークステーションに匹敵する性能を出せる物(但し定格利用する場合のみ、という但し書きが付きますが)と言うことになります。この状況に変化が起きるとすれば、① マイクロソフトがプロセッサグループの枠を変更するパッチをリリースする、② プロセッサグループを考慮したプログラミングが普及する、もしくは、③ Intelさんが 10nm 世代の高クロック多コアハイエンドを出荷する、の3つのうちどれかが達成されるまでとなり、それまでは Ryzen Threadripper PRO の活躍が一部の利用者の間で続きそうですね。



 
スポンサーサイト



ハイエンドの系統 AMD(ATi) Radeon / Fire GL / Pro

AMD ( ATi ) 歴代ハイエンド GPU ( Radeon / Radeon Pro / Fire GL / Fire Pro ) の一覧表を作ってみました。

HnAMD-ATi2.png

噂されている Navi 21 の製品名の命名規則は R500 世代に回帰している様で、つまり、過去の4桁数字の命名規則だと RX 5970 とか RX 5870 あたりになると思うのですが RX 5950 XT というのは DirectX 9.0c 世代の Radeon X 1950 XT の時代に回帰したって事で、、、どうでもよい事ですが、軽いノスタルジーを感じます。RX 5950 XT として登場する場合、その上は選別品で XTX ですかね。。

表を見て判る通り、ハード的には毎年2倍ペースの成長は10年前までで、それ以降の成長ペースは結構緩やかで、Fiji 以降は停滞と言ってもよい感じす(Vega20は倍精度対応が主な変更だったので単精度だとあまり成長してない様に見える為)。

Vega 10 の Vulkan だけ世代が古い理由は知りません(私の情報源が古いだけかもしれませんが・・・)

ハイエンドの系統 nVidia GeForce / Quadro

nVidia 歴代ハイエンド GPU ( GeForce / Quadro ) の一覧表を作ってみました。

HnVidia2.png

2020/03/24:予告通り対応する最大解像度を追記しました。
※ 但し 8K は4K×4入力などで対応するモニタもあるので4K対応GPUを組み合わせれば可能です。

Joinus Technology SSM02-FC108x

众新科技 (Joinus Technology) SSM02-FC108x
15293980074680.png


上記リンク先は昨年6月の記事で、そろそろ1年経とうとしていますが量産されたのか?不明です。発売されたらスタンドアロンで1台組んでみたいと思っています(入手できれば)。

众新科技 (正式名称:广州众新科技有限公司) は創立が 2018年2月、その2~3ヶ月後に上記の板を起した事に成ります。

Centaur Technology Isaiah II ( 28nm 4Core/4Thread 2.0GHz AVX2 ) もしくは、その小改造版と思われるダイ2枚をMCMした Kaisheng ZX-C+ を搭載した常用出来そうな E-ATX サイズのマザーボードで、ECC対応、コンデンサをタンタルもしくは積層セラミックにして過酷な環境下での常用を想定している業務用の構成になっているのが外観から判ります。
 
 
 

SuperMicro の命名規則に付いて

筆者が使う事の多い SuperMicr のデュアルソケットマザーの命名規則に付いて

P6Dxx : Socket8/Slot1 / FSB66/100MHz
S2Dxx : Slot2
370Dxx: Socket370 / FSB100MHz
P3Dxx : Slot1/370 / FSB133MHz
P3TDx : Socket370 / Tualatin
P4Dxx : Socket 603 / FSB400MHz
--- ↑は若干カオス ↓は規則性が見受けられます ---
X5Dxx : Socket 604 / FSB533MHz
X6Dxx : Socket 604 / FSB800MHz
X6DLx : Socket M / FSB666MHz
X7Dxx : LGA771
X8Dxx : LGA1366
X9Dxx : LGA2011 / LGA1356
X10Dxx: LGA2011 v3
X11Dxx: LGA3647

A+
H8Dxx : Scoket940 / SocketF / SocketC32 / SocketG34
H11Dxx: Socket SP3

。。。

A+ つまり AMD CPU 向けが H8 で始まるのは HyperTransport (もしくは Hammer) で K8 向けだからと思う訳です。
K9 はキャンセルになり SocketF は相変わらず HyperTransport かつ K8 でスタートしたので H9Dxx が試作段階でキャンセルに成り H8Dxx が続いたのだろうと強引に想像したとして、じゃあ H10xx は何処に行った!?

世代的に言えば
H8Dxx : Scoket940 / DDR
H9Dxx : K9向け(キャンセル)
H10Dxx: SocketF / DDR2
H11Dxx: SocketC32 / SocketG34 / DDR3
H12Dxx: K12(ARMv8-A)
H13Dxx: SocketSP3 / DDR4

もしくは
H8Dxx : Scoket940 / DDR
H9Dxx : SocketF / DDR2
H10Dxx: SocketC32 / SocketG34 / DDR3
H11Dxx: SocketSP3 / DDR4
・・・これか!?これが正解なんだけど大人の事情で9と10がスキップされた?じゃあ大人の事情って何?

あとは、、、
H8Dxx : Scoket940 / SocketF / SocketC32 / SocketG34
H9Dxx : K9(スキップ)
H10Dxx: HBM 搭載 FUSION APU(スキップ)
H11Dxx: Socket SP3

と、まぁ、本当の理由は全く判りませんが、、、

 
 
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて二十数台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です(以降、Bull/nano/Ryzenと数台仮組レベルで組んでいます)。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR