SuperMicro X11DPI / X11DRi Skylake-EP マザー

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------

22号機は下の写真のモデル ( 恐らく SuperMicr X11DRI ) を予定しています(未発売ですから入手出来るか不明ですが)。

私が入手した情報によりますと、SuperMicroでは既に少なくとも下記の6種の基本モデルのラインナップが量産体制にある様です。

X11DPI / X11DPL / X11DPT /X11DPU
X11DRI / X11DRU

型番末尾がUのX11DPUとX11DRUは専用ラックマウントケースとライザカードの組み合わせで2UブレードサーバにGPGPUを2枚~4枚接続するタイプ、X11DPLはPCIe x8スロットを多数装備したモデル、X11DPIは下の写真からPCIeスロットを省いた1Uブレード向けの廉価版、写真の現物はシルク印刷の通り X11DRi であると思われます。

x11dpi_mf_PR.jpg

こちらの画像は今年(2017)2月の記事で既にご紹介しましたドイツ語のサイト様から拝借したものをPhotoshopで遠近補正など行った物ですが、あれから三ヶ月経過して未だ正式発表が有りません。

説明書きには X11DPI (-T) (-N) で記載されていますが、スロット#4 と #5 の間にシルク印刷で X11DRi-T Rev 1.01 と刻印されていますので、NIC違いなどの数パターンの品が既に量産品の品質まで到達していて在庫もある程度有り、コア数や性能でガチバトルに成りそうなAMD EPYC(Naples/Zen) に被せるように発売時期を見計らっているのではないでしょうか?もしくは3D-Xpoint絡みでNVDIMM対応にマーケティング的な横槍が入り右往左往している最中かもしれません。

この世代のデュアルソケットは、CPUそのものが既に XEON Phi 並みの多コア品でありながら、それを2個搭載する前提のマザーボードですから、GPGPU不要論さえ出てきそうな演算性能に成っているはずで、それに合わせて帯域拡充の為に両社ともインターコネクトを刷新しています。

AMD EPYC (Naples/Zen) では、インターコネクトであるインフィニティファブリックとPCI-Expressの物理層を共有化し論理層で更に高速なI/Fに仕上げていますのでEPYCとVegaは物理層がPCI-Expressの接続であっても実際にはインフィニティファブリックで接続されるNUMA構成になると思われます。

対するIntelは少なくともコンシューマ向けにはAMDのGPUをCPUに内蔵するらしいので内部的にインフィニティファブリックで接続する可能性もあり、その上で更にIBMの様にnVLinkをも取り込むのか?この板の様にx16スロットを多数搭載して何を接続する前提なのか興味津々ですね。もしくは、伝統に習いとりあえず E-ATX / SSI-EEB で設計してみました的なマザーボードかもしれませんが、筆者にとっては有難いレイアウトの設計です(普段通りに組める為)。
スポンサーサイト

AMD Naples は 単機でもNUMAか?それとも・・・

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------
21号機はZen世代で2.8GHz以上の多コア品を搭載可能なデュアルソケットのE-ATX板を探しています。

こちらはネットから拾ってきた画像を遠近補正したものです。シルク印刷や基板色から推測するとAMD謹製の試作品かもしれませんが、この様なレイアウトの板が入手出来ると良いなと・・・但し、この写真の固定穴の位置から推察しますにE-ATX/SSI-EEBよりも若干ですがはみ出していると思われ、このままだと収まらないケースが有るかもしれません。
AMD_Naples_Board.jpg

※必然的にメモリはチャネル辺り1枚(8チャネル=ソケット辺り8枚)の構成が面積的に限界です。
※AMDが言う様にSoC化によりチップセットがマザーボード上にありません。

ここから本題ですが、Ryzenは2つの4Core-CCXをオンダイのインターコネクトで結んだ構成でした。

これがCCX毎に1chのメモリインターフェースを備えたNUMAなのか、それともインターコネクトであるインフィニティファブリック経由で2chのメモコンにシンメトリに接続するタイプのFSB的な接続なのかは筆者は知りませんが、ダイレイアウト的には前者(つまり物理的にはNUMAで理論設定上はNode Interleavingしている)と思われます。ですが、少なくとも筆者所有のASRockマザーではNode InterleavingをOFFに切り替えが出来ない様です(後ほど、最新BIOSをDLして試してみます)。

で、本題のNaplesですが、恐らく、Ryzenと同じ(もしくはSoC的な部分をブラッシュアップした)ダイをCPUパッケージ内に4個搭載すると思われ、

 [ 4Core/8Thread × 2CCX ] × 4die

という構成になると思われますから、8CCX を相互にインターコネクトであるインフィニティファブリックで接続する事になり、これをNode Interleavingするのはちょっとアレな気がするのです。かつ、Naplesの用途としてはVMを使うケースも多いと思われ、必然的にNUMA設定の方がパフォーマンスが出せる事になります。ですが逆にディープラーニング的な用途では8CCXで8chをInterleavingした方が早いこともありそうですね・・・

という事で、BIOS/UEFI設定で色々な切り替えが出来て、パフォーマンスの違いを云々出来るマザーボードの登場を期待しています。

16コア/32スレッドのSnowy OwlはBGAらしいので自作向けじゃなくMacBook Proの様な製品向けか、もしくは高密度鯖向けなんでしょうね・・・

筆者的には2.8GHzで動作してくれる最多コア品はどんな構成か?というのが最も気になるという・・・
 
 

AMD Zen APU を2個搭載してCFXが出来る様なマザーボードは登場するか?


 HPC向けの大規模APUがZen世代では登場する可能性が示唆されていますが、そういう事ならデュアルソケットやマルチソケット構成のAPU向けマザーボードが登場するのかもしれず、APUを2個搭載してCrossFire-Xが設定出来るのかも?と妄想しています。
 マザーボードのI/Oパネル部にはMini DisplayPortが合計4~8個くらい設置されていて、拡張スロットにはRAIDカードを挿す以外に追加デバイスが不要になるかもしれませんね!?

もし SocketG34 デュアル を ATXフォームファクタでデザインすると、どうなるか?

注意!
この記事で書いたパーツは実在しません。
こんなパーツが有ったら、どうなるのかな~っていう筆者の妄想で書いています。


主要パーツ適当に配置して、どんなレイアウトならSocketG34デュアルでATXが出来るか?を試してみました。
全て素人考えですから、これが実際に実現できるか?は判りませんが、縮尺等倍均等にしていますので、当たらずともではないかと。

パターン1:片肺構成
This picture is fake.
S8299-DSW1.jpg
この様に横並びに配置しますと、片側ソケットにはメモリを接続できません。
しかし、片側ソケットのメモリを犠牲にする事で、拡張スロットは比較的リッチな構成に出来そうです。

パターン2:シンメトリ
This picture is fake.
S8299-DSW2.jpg
メモリをシンメトリ構成にする為には横には配置できない為、この様に縦に並べる事に成りますが、拡張スロットが頑張っても2本しか搭載出来ないと思います。

しかしまぁ、どちらにしろやって出来ない事もなさそうですね。
DDR3 ECC Reg 4GB DIMM モジュールを挿したと仮定すれば、32コアに対して32GBです、まぁ、ATXですから。

パターン3:I/Oシールド側の配置を再考
This picture is fake.
S8299-DSW3.jpg
パターン1を眺めていましたら、I/Oシールドの部分を少し工夫すればメモリを積めるかも?と思い試してみました。
NICを二階建てにしてPS/2キーボード/マウスの位置に配置し、D-SUB15とCOMを極薄タイプにすると、この様なレイアウトに出来そうです。
難点はマザー固定穴を二ヶ所諦める必要がありますので剛性的に不安です。

と、まぁ、全て素人考えですから、これが実際に実現できるか?は判りません。

AGPスロットの有効活用

AGPスロットはアップグレードパスが途絶えて久しいと思いますが、AGPって、基本はPCI物理層に機能追加した物で、実はAGP専用ドライバが無い場合はPCIスロットと全く同じ動作をする仕様だそうです。

そんな事を言っても電圧やクロックが全然違うじゃないか!と思うかもしれませんがPCIスロットと言っても色々ありまして3.3V 32Bit/66MHz = 264MB/s仕様のPCIスロットです。そんな物は有りますよ~たくさん。まぁ64Bit仕様ではありますが下位互換で32Bitでも動作するスロットが搭載されたマザーはたくさんあります。筆者所有ですと5号機/6号機/7号機/14号機あたりに搭載されてます。

これはまぁPCI-Express1.1のx1スロットと帯域的に同程度(双方向同時にデータが飛んで来た時は事情が異なりますが)と捉えてよいと思います。

んじゃ何が言いたいのかっていうとコレのPCI形状部分をAPG形状に変更するだけで基本動作はするんじゃ?ということです。なぜならコレは3.3V/32Bit/66MHzで動作する事を確認済みですし、双方に搭載されてるブリッジチップの仕様にも3.3V/32Bit/66MHz動作が記載されてますから仕様・動確ともにとれてます。ブリッジチップはPLX PEX8112が嬉しいですね。

つまり、こんな(但し速度はGen1.1 x1程度)の製品なら意外に簡単に出来ちゃうのじゃないかな?と・・・12V用に6Pin補助電源が有れば完璧です。

妄想パーツの合成写真
This picture is fake.
pciex8-agp2.jpg

これが出来たらAGPスロットが結構有効活用出来るんじゃないかなぁ・・・
てか欲しい!とっても欲しい!!!4個くらい欲しい!
 
 
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR