Tyan S5365

14号機として省電力版XEONであるSossamanを選択した際にSuperMicr X6DLPを選択したのですが、その際にもう一つの候補として考えていたTYAN S5365を今回は14号機②として1台組んでみました。

と言う事で、今回は省電力XEONマシンがコンセプトです。

TYAN S5365
S5365.jpg

これを組んでみようと思ったキッカケは5号機用に買った玄人志向 GF-QUAD-DISP/4DVI/LPがAthlonMPではWin7で動かなかったのですが、このグラボの出来というか素性がなかなか良かったので愛着の様なものがあり他に何か良い組み合わせで組んでみようと思ったのがキッカケです。

gf-quad-disp_4dvi_lp_s.jpg

IMG0000000.jpg

玄人志向 GF-QUAD-DISP/4DVI/LPの特徴は、PCIe x8、省電力、そこそこ使える性能、4画面・・・こうやってキーワードを並べてみますと、自然にTYAN S5365がベストマッチではないか?と思うようになったのです。と言いますかデュアルソケットが大前提の筆者だからこうなったのであって、必ずしも全てのケースにおいてベストマッチとは言えないと思います。

このグラボは拡張スロットがPCIe x8しかない様な激安サーバーや、ロープロファイルしか挿せない中古激安ブレードサーバなどに省電力でそこそこ何でも出来るグラフィック性能を追加出来るという優れものです。

とりあえず組み終わりWindows8.1 32Bit版が動作し、このブログも、この機体で書いています。

構成:
M/B:TYAN S5365
CPU:XEON LV 1.66GHz 2C/2T x2Socket
MEM:ECC Registerd DDR2-667 1GB x2
Slot#1:PCIe x8 玄人志向 GF-QUAD-DISP/4DVI/LP(GeForce GT730)
Slot#2:PCIe x8 Speed Dragon EU306C(USB3.0)
Slot#3:PCI 5V/32/33 -----
Slot#4:PCI 5V/32/33 ONKYO WAVIO (追加予定)
Slot#5:PCI-X 66 -----
Slot#6:PCI-X 66 Areca ARC-1120 RAID6 + Intel SSDx4

現在は適当な電源で試験運用していますが、追々ファンレス電源化などをして静音かつ、そこそこ高音質なPCに仕上げてゆこうと思います。

単純計算で最大負荷時の消費電力でも150W以下(おそらく100W程度)ではないかと思われます。後ほど計測してみます。

主要パーツの消費電力:(カタログスペック上の最大値)
CPU:12V 31W(15W) ×2個
GPU:12V 25.1W/3.3V 9.9W
MEM:6W ×2個(メモリ用VRMの一次側電圧未調査)
RAID:12V 0.72W/5V 5.5W/3.3V 4.75W
SSD:5V 0.2W ×4個
NorthBridge:10W(VRMの一次側電圧未調査)
SouthBridge:3.9W(VRMの一次側電圧未調査)
USB3.0 Chip:12V 0.75W/3.3V 0.3W
USB3.0 Device:5V 4.5W ×4個
USB2.0 Device:5V 2.5W ×4個
NIC:3.43W(VRMの一次側電圧未調査)
各電圧合計(W):12V 88.47W/5V 34.30W/3.3V 15.05W/電圧不明 29.33W
各電圧合計(A):12V 7.37A5V 6.86A3.3V 4.56A電圧不明 29.33W
総合計:167.15W

PicoPSU-160-XTは各電圧が最大8Aで合計162Wです。総電力が若干オーバーしていますが、これはUSB機器を全ポートに接続して、かつUSB機器が最大電力を消費した場合ですので、実際にはあり得ませんから問題ないのですが、VRMの一次側を未だ調べていないメモリ/ノース/サウス/NICが少し気になります。これらが全て5Vだったら大丈夫ですが12Vだったら最大負荷で少し不足(但しPeakが15Aなので瞬間的なものならOK)で、3.3Vだったらアウトです。まぁ、3.3Vって事は無いと思いますが・・・目視で一次側の電解コンデンサを見ましたら16V耐圧でしたのでメモリ/ノース/NICはたぶんVRM一次側が12Vだと思います・・・とすると最大負荷で1.8Aほどオーバーします・・・PicoPSU-160-XTは12Vを主電源のON/OFFに併せてMOSFETでON/OFFしてるだけ(DC-DCコンバートをしている訳ではない)ですので単純にMOSFETを似た特性で出力が10A以上の物に張り替えるだけでOKかもしれません。もしくはCPU用の4/8Pin-12Vだけ別途ON/OFF連動する経路を自作するか、或はCPUを15W品のULV版に交換すれば大丈夫です、というか今使ってるのはULV版じゃないか?と思うのですが見分け方が判りません。やはり後ほど負荷をかけて実測してみます。
スポンサーサイト

起動する様になりました

14号機(X6DLP)と特定の電源の組合せでは突入電流が原因で電源モジュール側の +3.3V 10A の保護回路が働き起動しなかったのですが、バイパスコンデンサを挿入しましたところ、あっけなく起動し正常動作する様になりました。


SANWA製DCL30DRというピークホールド付きクランプメータで計測しましたところ、当初掲載していた内容とは全く異なる測定結果が出ました。
但しバイパスコンデンサ挿入で起動する様になったのは事実です。
従いまして、今まで掲載しておりました測定結果を一旦削除しまして、取り直したデータをまとめている最中です。


挿入したバイパスコンデンサ。
PIC_01.jpg
PIC_02.jpg
基板は感光プリント基板のガラスコンポジット材ですが、銅箔の厚みが35μmですから高負荷時の3Aを常に流すには、もう少しパターンを太くしたいところでしたが、テスト用に限定すると割り切っています。このモジュールは、元々はFREEWAY FW-5VGF+/Ultra-1.00でファンレス電源を安定稼動させる為に製作したもという事情もありますが、14号機で常用する場合は後ほど両面基板で製作し直そうと思います。

コンデンサを挿入すると、逆に突入電流が増大しそうな気がするのですが、この組合せでは状況が改善したようです。

挿入したコンデンサは、
 +3.3V ニッケミPSC 6.3V 1500μF x3個 計4500μF
 +5V ニチコンLG 16V 820μF x4個 計3280μF
 +12V ニチコンLG 16V 820μF x2個 計1640μF
 +5Vsb ニチコンLG 16V 470μF x1個
 -12V ニチコンLG 16V 820μF x1個
です。

筆者は14号機(X6DLP)を2台持っているのですが、このバイパスコンデンサ挿入で冒頭で書きました様に1台は起動する様に成ったのですが、もう1台は相変わらず保護回路が働いて起動出来ませんでした。そこで、クランプメータ(サンプルレート50ms)で測定してみましたところ突入電流が2台で異なることが判りました。

ちなみに、当初から14号機(X6DLP)2台のどちらでも安定動作していたpicoPSU-160のマニュアルを熟読してみましたところ「Over load protection will be effected when either of the loads (+5V & +3.3V) exceeds > 150% Max Load.」と書いてありまして、その MAX Load が 8A ですので、突入電流12Aまでは最低でも見逃してくれる様です。

PCIスロットをPCI-Expressに変換するライザとブリッジ

ライザとブリッジ
DSC00768.jpg

DSC00774.jpg

このブログの読者の方なら判ると思いますが、写真上がブリッジ(玄人志向PCIEX1-PCI)で、写真下がライザ(SuperMicro CSE-RR1U-EL)です。

どちらも用途・役割・機能はPCIスロットをPCI-Expressスロットに変換する変換基板に過ぎませんが、仕組みが全く異なります(って知ってますよねたぶんw)。

知ってる方にも一応書きますと、ブリッジは、プロトコルブリッジ或いは PCI to PCI-Express ブリッジの方が正確かもしれません・・・(が、プロトコルブリッジと言うと一般的にはネットワークプロトコルの変換、PCI to PCI-Express ブリッジと言うと一般的にはブリッジチップICを指す事が多いと思います・・・)が、ブリッジチップを使ってPCIの物理層をPCI-Expressに変換する変換基板で・・・というか、この種の変換基板は、製品化された物自体が少なく、自作erでも存在自体をご存じない方も多いかもしれませんね。

対して、ライザと言うと、一般的にはPCIスロットの角度を変えたり位置を変えたりして、省スペース筐体に収まる様に配線の向きを変えるだけの物で、基板に乗っている電子部品もノイズ対策のコンデンサや抵抗、負荷応答性を高める為のバックアップコンデンサ程度で、ICなどの半導体部品は乗っていません。

今回記事にしたのは14号機のちょっと変わった作りゆえの、ちょっと異色のライザを改造しようっていう企画があるからです。

下の写真をクリックして拡大しますと、直感的に判るかもしれませんが、
DSC00565-K.jpg
14号機(X6DLP)の一番上のPCI-Xスロットは、そのままPCI-Xとして利用可能ですが、そのスロット脇にPCI-Express x4スロットのコネクタが異様な位置に設置してありまして、ここからPCI-Express x8の信号のみが規格外のピンアサインで出ています。

そして、今回記事にしたライザ基板(SuperMicro CSE-RR1U-EL)はこの信号線を規格通りのピンアサインに変換しつつ、信号以外のGNDや+12Vや+3.3VなどをPCI-Xスロット側から配線するという変換というか混合を行うライザ基板です。

ですが、このライザ、1Uブレードを前提としている為、マザーに対して平行にしかPCI-Expressカードを挿せませんし、垂直に挿せるライザが製造されていませんので通常のタワーケースで使う場合は自分で改造するしかありません。

そこまでする目的は唯一つ、S3 Chrome でMulticrome(SLIやCFXの様なマルチGPU技術)を実現する為です・・・がS3 Chrome 430GT が1枚しかない状態ではアレですから、なんとかして2枚目をGETしないとですね・・・

後ほど、改造の様子を画像付きで掲載します。

ファンレスPC電源@14号機 #3

前回の記事で起動に失敗した電源モジュール μ-PUNIT100(200W改:試作機) の製造元から、何やらまたしても試作品と思われる品が何故か2個到着しました。
筆者は、とりあえずPG信号を250msに変更した品を送ったとしか聞いておらず、2個がどんな仕様なのか全く判りませんwから、取り付ける前に少し調べてみます。
ていうか、何故2個?

2個届いた意味に付いて想像してみる・・・
① picoPSU-160 は辞めて2台ともμ-PUNIT100(改)にしましょうよ
② 1個はプレゼントです、別のPCでも使って下さい
③ 貴方は試験要員に抜擢されました。色んなPCで使ってログを送って下さい
④ 間違えて送っちゃいましたので1個は返送して下さい

まぁ、そんな事はおいといて、2個を見てみましょうw
DSC00693.jpg
DSC00694.jpg
DSC00695.jpg
前回の物と比べても、数箇所の違いが有ります。

まず、向かって右側はコイルが2階建てではないので試作品ではなく製品版の可能性もあります(シリアルNoらしきシールが張ってあります)
こちらを μ-PUNIT100試作2号機(略称:試2号)と呼ばせて頂きます。

そして、向かって左側は前回同様にコイルが2階建てになって基板裏の積層セラコンが前回の品より1個追加になっています。
こちらを μ-PUNIT100試作3号機(略称:試3号)と呼ばせて頂きます。

併せて、これ以降は前回の品を μ-PUNIT100試作1号機(略称:試1号)と呼ぶ事にします。でないと、どれがどれだか判らなくなってしまいますからw

他に違いとして、試1号では2階建てだったON/OFF制御しているMOSFETが仕様の異なる品に変更されていて試2号と試3号どちらも1個になっていますが、それぞれに異なるMOSFETが入っています。

他にも、試1号ではATX24pinの足に直接ハンダ付けされていた積層セラコン2個が両方とも無くなっていますし、抵抗値が異なる所があったりと、似ている様で修正点が複数あります。

ですが、一番の違いは、MOSFETが違う物に変更になっている事かもしれません。
試3号はハイサイドとローサードに異なるMOSFETが入っていますが、試1号や試2号はハイもローも同じ物です。

というか、電気的な仕様は安定してくれれば良いのですが、それより筆者としては、14号機ではメモリと物理的に干渉してしまうので
Molex 0469911024
molexATX24L.jpg
こんな感じのL字型に変更して欲しいんですけど。と提案しておきました。
ちなみに黒が好きなんじゃなく、リフロー対応品なので実装面側でもOKなんじゃ?と思った次第です。部品面にL字で付けば更にスリムに出来ると思うからです。picoPSUもですが、ぜんぶL字コネクタにしてくれると、ほぼどんなマザーでも取り付け出来そうですよね?
L字じゃないにしても、全部のコネクタが同じ向きは、辞めて欲しいです。せめて片側だけでも部品面側にしてくれないと、メモリとの物理干渉が痛いです。

そして恒例の、ATX電源チェッカーです。

試2号
DSC00698.jpg
あれェ・・・250msって言ってたのに320msですよ?数回計測し直しましたが320ms~330msで計器の測定誤差が最大10%ですから。でも今度は警告音も無く、全て正常値を示しています。コイツは当たりか?(当たりってなんだよw)

試3号
DSC00696.jpg
こちらは、伺っていた通り、たぶん250ms設定で、計器の測定誤差が最大10%ですから測定値が240msと言う事でしょう。
でも何故か全て正常値の筈なのに警告アラームが鳴っています。もしかしたら200ms台は鳴るのかもしれません。

昼食後に、時間を見付けてMOSFETのデータシートから、およその定格出力を推測してみます。


昼食後・・・
MOSFETのデータシートをGoogle先生と相談しながら拝見させて頂きました。

試2号
MOSFETはローハイ両側ともフェアチャイルドの6612Aで、定格8.4Aです。
ON/OFF制御がTOSHIBA TPC8027 定格18A≒220W

試3号
MOSFETは、少々凝った構成の様です。
LowSideがTOSHIBA TPC8A03-H 定格17A
HiSideがRenesasElectronicsAmerica K0366 定格11A
ON/OFF制御がALPHA&OMEGA AO4430 定格18A≒220W

どちらも、ON/OFF制御が18A品でオン抵抗が5mΩと非常に低く(オン抵抗が低いと言う事は発熱が少なく効率が高いと言う事になります)、220Wクラスに耐えられそうな物で、試2号は製品版と似た構成で12Vのみ強化されている試作機?で、試3号は全ての電圧で出力を強化し併せて定数変更などもしてあるアグレッシブな試作機ではないかと想像します。

筆者は正規品を未だ見た事が無いので想像でしかありませんがw

ちなみに picoPSU-160 はON/OFF制御がHPの説明によると20A品でオン抵抗4mΩのMOSFETの様です。後ほど実物から型番を調べてデータシートを参照してみます。

実装・・・
昨日同様に14号機に取り付けて電源を入れてみましたが、昨日同様に試2号・試3号ともに起動しませんでしたorz

AC-DCユニット
TDK-Lambda VS150E-12 は picoPSU-160 用に使っても良さそうなので、ATX電源としての筐体を自作するか、AC-DC部分だけ新技術つくばに売ってもらうか考え中です。
私の提案で新技術つくばの方でも蜂の巣状の穴が開いた物を設計中の様ですから、それが出来るまで待ってみようと思っていますが、自作する場合は、蜂の巣状の六角穴が開いたアルミパンチ板を買ってきてL字に加工して基板固定とスイッチとAC100Vの取り付け穴を作ってケースに固定すれば、基板下の風通しも良くなり、良いかなぁって考えてます。
ただ、自作すると材料費が割高なので、完成品?を購入するのと値段的には同じです。自分好みに作れるメリットと製品としての完成度を求めるかでも悩みます・・・が余分に1個くらいあっても良いとも思うので、結局は自作しちゃうかも?

試しにクランプメータ2個を使ってAC-DC部分のみ変換効率を測定してみました。
負荷はpicoPSU-160を挿した14号機です。
自作変換コネクタ
DSC00699.jpg
DSC00700.jpg
AC100Vの入力側が0.8A≒80Wの時に出力側は5.8A≒70Wでしたので変換効率87%程度です。
という事は・・・μ-PUNIT100のAC100V-ATX24pin変換効率が85~87%ですからμ-PUNIT100本体の変換効率はpicoPSU-160より高そうですね。後はμ-PUNIT100が正常動作さえしてくれると良いのですが・・・
追記:
AC-DCの変換効率はTDK-Lambda VS150E-12のカタログに記載されていました。筆者の計測値87%はカタログ値と同一でした。
自然対流での温度:
ファンレス電源という事で若干冷却が気に成り計測してみました。室温20℃で3時間通電状態(50~60%負荷)で黒い放熱板が約60℃(放射温度計で測定)に成りました。OpenCLで組んだバッチプログラムで長時間負荷をかける様な使い方をした時の発熱が心配なので負荷80%で後ほど測定してみようと思いますが軽く送風(12cmファン500rpm程度)した方が無難かもしれません。
リプルノイズ:
上記でカタログを見た時にリプルノイズも掲載されていました。カタログ記載値で0℃~70℃が150mVで、-10℃~0℃が180mVです。電解液を使った2次側コンデンサの温度特性は若干悪いので10℃以下でのリプルノイズ増大が気に成っていたのですが、大容量品(2700μFx2個)を使うことで緩和しているようです。
ATX12V規格ではリプルノイズの上限が120mVなのですが、TDK-Lambda VS150E-12のカタログに記載されている物はATX規格とはリプルノイズの計測方法が異なるらしく単純に数値で比較出来るものでは無いそうです。
後ほど測定するつもりでしたが、恐らく15℃あたりから温度低下と伴に徐々にリプルノイズが増大し-10℃で常温時の30%+増といった感じになると思われます。
少々のリプルノイズなら、ケーブル長とマザー側1次コンデンサによるLCフィルタが形成されるので問題無い(新技術つくばサポート談)そうですが、せっかく気を使って電源環境を整えようとしている訳ですから、マザー側のコンデンサに頼らない電源に成ると良いなと思っていますし、マザー側の1次が電解液タイプなら真冬の早朝に起動する時に不安定に成るかもしれません。(筆者は、そういう経験が有る為・・・)
それと、これと組み合わせた場合、picoPSU-160がコイル鳴きする事に気付きました。
別の電源と組み合わせた場合はコイル鳴きが無いので、TDK-Lambda VS150E-12 が少なからずpicoPSU-160のコイル鳴きに関係していそうです。

ファンレスPC電源@14号機 #2

前回の記事では取り付ける前の感想でしたが、今回は取り付けてみました。

まずは、前回と同じくpicoPSUから・・・
DSC00685.jpg
DSC00686.jpg
DSC00687.jpg
何事も無く、順調に取り付け出来まして、普通に起動し、簡単な負荷テスト(最も消費電力が多かったSuperPIを3個同時起動しながら3DMark06を実行)も問題なくクリアしました。
このブログもpicoPSUを搭載した14号機で書いています。

静かですw

暖房の音しか聞こえてきません。

picoPSU自体はCPUと同じファンで適度に風が当たっている状態です。

---

さて、今度は u-PUNIT100(200W改:試作機) です。
DSC00680.jpg
DSC00681.jpg
DSC00684.jpg
コネクタが実装面側に付いていると良かったのですが、メモリと物理的に干渉しそうです・・・
そこで、この様に固定してみました。
DSC00688.jpg
ATX電源規格に24Pinコネクタから先の物理的な形状に関する記載が無い(ケーブル長はどこかに書いてあるかも?)のだとは思いますが、マザーボードメーカーも、さすがにこの形状は想定外でしょうw

AC100V側のスイッチを入れますと、μ-PUNIT100(200W改:試作機)の赤いLEDが点滅を始めまして5Vsbが供給されマザー側のLEDも点灯しました。
PC側のスイッチを入れますと、一瞬だけファンが回転して、μ-PUNIT100(200W改:試作機)の赤いLEDの点滅速度が速くなりまして、PCは起動しませんorz

最小構成にしても起動しませんので、恐らく、マザー上の1次側電解コンデンサへの突入電流などで瞬間的にμ-PUNIT100(200W改:試作機)の過電流保護の値を超えたのではないかと推測してみます。

製造元に連絡してみて、可能ならば動くように修正して頂ければ・・・と期待してます。
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR