フクシマ

年頭にあたり、朝まで生テレビ「元旦激論!in『フクシマ』」を見ていて現地を見た経験をふまえ感じた事を書きます。

以前の記事にも書きましたが、昨年の震災で被害を受けた方々は、恵まれた人々です。

何が恵まれているか?

1:戦争に成っていない(世界には今も戦争している地域が多数)
2:治安が維持されている(世界には危険で容易には外出出来ない地域が多数)
3:食料が行届いている(世界には食料不足で餓死する人が多数)
4:衛生的な生活が出来る(世界には家が無く医療廃棄物の山で産まれ育つ人も)
5:自由な思想で発言出来る(世界には思想の自由が無い国が多数)
6:望めば無料で転居先が提供されている(世界には多くの難民が居る)

日本は貧しい国から食糧を買い取り、その国々を餓死者が出る程の食料不足にしている現実が有り、その買い取った食料の一部は被災地に無料で届けられています。

多少の不便が有っても、世界的に見れば日本人は被災者でさえピラミッドの頂点で裕福な生活をしています。

放射能が心配なら引っ越せば済む話で、引越し先が不安だからという理由で引っ越さない人々の心理的不安などは、世界の難民や貧民街で生活する人々の実態を知らないから言える贅沢な我侭にすぎません。

家族、親族、子供達を亡くした方も居るでしょうが、世界的に見れば、それは至極普通の事で、自分で自分の住む地域の過去を調べれば地震も津波も予防できた事です。

そろそろ気付きましょう。
 

筆者は、2度ホームレスを経験し、居候生活を日本で5度、海外で2度経験しています。
それを自慢する意図は有りませんが、振り返れば苦労も有りましたが楽しい日々も多くありました。
1度目のホームレス体験は、バブル崩壊で会社が倒産し借金だけが残った時。
2度目のホームレス体験は、酔っ払いの運転する車に追突され交通事故に遭い両足開放骨折で1年以上働けなくなり収入が途絶えた時です。

人間、本気に成れば金もコネも体力も無い状態から復活出来ます。もし仮に我が家が津波に流され土地が放射能に汚染されたり海に沈んだりした上に自分が肉体的に両足を失ったとしても、筆者なら子供を抱えて知らない土地で復活出来る自信が有ります。

日本人として、日本に生活している以上、法律で保障された制度が多数あります。
日本には職業選択の自由も有ります。

有り難い事です。

日本人でなければ受けられない保障が多々有ります。
日本に住んでいなければ受けられない保障も多々有ります。
日本人として日本に住んでいる事に感謝し、これからの自分に何が出来るかを考えるべきではないでしょうか?

被災者であっても、日本人であれば、その経験を生かして恵まれない国に生まれた人々を救済するくらいの発想が出来ても良いとさえ思います。

過去を引きづるのではなく、過去に感謝し、
今日を悲観するのではなく、今日を満喫し、
将来に絶望するのではなく、将来を開拓し、
今の自分の全てを無条件で受け入れる事で自信が生まれ、
そうする事で楽しい人生が送れると思います。
  
筆者は無宗教が故に自分で得た経験や知識を基に心の置き場を定めていますが、何らかの信仰心が有る人であれば、それに縋る事も大切な事かもしれません。
 
スポンサーサイト

災害関連の記事も書いてますが?

災害当日に都内に居た筆者は、幾度か関係する記事を書き、自宅を被災者に提供し、現地へも行ってきまして、そのレポも、このブログで書きましたが、

先程、自分のブログを見たら、こんなの出てましたけど・・・何故?

nazedesyo.jpg

一ヶ月以上更新が無いブログに表示されますって書いてますけど、左記の月別アーカイブを見ての通り、筆者は2日~3日に1回ペースで新しい記事を書いてますが? 何故でしょう? FC2のシステム障害ですかね?

どうせなら自分の記事のなかの災害関連をトップに持ってくる仕組みが有ると有り難いんですけど・・・

と言うより、支援活動を以前より積極的かつ継続して行っている団体を除き、企業の行う支援活動は少なからず自身の宣伝効果を狙っています。

もしそうでなければ、筆者が3月13日に書いた記事の様に、元々そういう活動を以前より積極的に継続して行っている団体に任せるべきです。


被災したのは、何も日本の東北地方だけではありません。世界各地に以前より被災者は大勢居ますし、ある種の人災として日本が食料を買い漁った結果として今現在も食料不足に陥っている国さえ有り、それに留まらず、世界各地では紛争に遭い孤児と成った子供達も大勢居ます。その結果、年間を通して、食料品店の陳列棚に商品が殆ど無い国や地域も有り、産まれてまもない乳幼児が衰弱死してゆく光景が日常茶飯事の地域さえ実存します。

けれども、東北地方の被災地には、現在では支援物資が余る程に詰まれ、既に食料品店の陳列棚も復活しています。

原子炉の問題は継続しておりますが・・・というより、実態としては、日本全国で5千件を超える家庭が被災者の受け入れを申し出ており、受け入れ可能な収容人数では1万人をとっくに超えていますが、当の被災者達は「地元から離れたくない」とか「隣近所の人達と別れて生活するのは嫌だ」などという、世界的に見れば超ワガママ三昧の文句ばかり言っていて、放射能汚染が進行する状況にあっても、なかなか地元から離れようとしないというのが現実で、5千件を超える被災者受け入れを申し出た家庭の僅か数%しか受け入れできておらず、残りの大多数の受け入れ申し出家庭は受け入れたくても被災者当人達が断固として地元に固執するが為に受け入れる事が出来ておりません。

これはメディアやネットの情報ではなく、筆者自身が自宅での被災者受け入れ申請をし、なおかつ、現地へ行って3百人以上の被災者と顔を突き合わせて面談した結果としての生の情報です。

そんな、わがまま放題の被災者に、筆者は憤りさえ感じております。


2度ホームレスを経験し、居候生活を日本で5度、海外で2度経験している筆者だからワガママと思うのかもしれませんが・・・人間、本気に成れば金もコネも無い状態から復活出来ます。もし仮に我が家が津波に流され土地が海に沈んでも、筆者なら知らない土地で復活出来る自信が有ります。

そして冒頭の「助けあいジャパン」の広告ですが、この広告を筆者に無断でトップページに掲載した団体は、こういった実態を知っていてやっているのか?お前達は現地へ行ったのか?お前達は養子を養った事が有るのか?お前達は自宅を被災者に提供しているのか?お前達は東北以外の被災者に何かしてきたのか?そう問いたいです。

被災地へ行って来ました。

週末、被災地へ行って来ました。

これは現地の写真ですが、台風や大雨や河川氾濫や津波の影響ではなく、純粋に地震の結果としてプレートを含め地盤全体が沈下した結果、今迄の陸地が海水面下となり、海岸線が後退して海に成ってしまった住宅街です。
DSC00838.jpg
つまり、写真に写っている水は雨水や河川の水ではなく海水で満たされており潮の香りが漂い、津波が引いていないとか水はけが悪いとかではなく、常態としてこの様に海水で満たされた地域が有り、ベネチアのゴンドラでも常設しない限りは日常生活に支障を来たす様な、日本の法律と文化では対応不可能な地域が出来てしまっています。
日本沈没という映画が有りましたが、それが現実と化したと言って過言では無いと思いました。

海岸線が後退した証拠として、ここは本来は比較的大きな船を着岸させる岸壁のはずですが、舫いを繋ぎ止める杭だけを残し、その内側も外側と同様に海水で満たされ、砂浜様の細かな砂利で埋め尽くされて小さな波が打ち寄せています
DSC00869.jpg


そして、こちらは津波に浚われた地域で、上の写真とは対照的に家は無くなっていますが土地は土地として現存しています。
DSC00873.jpg
この写真の右上に写っている高台にある2階建て鉄筋コンクリートの建物が倒壊しているのが判ると思います。

通行しているのは自衛隊や米軍の軍用車両しか無く、東京大空襲を受けて壊滅状態の帝都を見ている錯覚に襲われます。しかも田舎ですから避難所生活をおくっている方々は御年寄りが大多数を占め、実際に戦争を体験してきた年代の方々が多く居ます。そんな一番苦労を背負ってきた方々の余生がこんな形では忍びありません。筆者は、この前日に首都圏に居まして、原宿・渋谷などで若者達の着飾った衣装を見て来た翌日の撮影ですから、色々と考えさせられました。この現場と原宿・渋谷間の距離は車で1日走らずとも到着出来る程に近距離です。

この様に鉄骨ビルの3階の壁がぶち抜かれている事から、津波の高さと破壊力が容易に想像出来るかと思います。
DSC00881.jpg

そして、この様な風景が車で1日走っても続く広大な範囲に渡り続いています。

生き残った我々に何が出来るのか、真剣に考える時が来たのではないでしょうか?

黒電話ってスゲー

市販の電話機って、ACアダプタが付いていて待機電力も消費してます。
停電したら使えません。
(使えるのも有りますが、色々と条件が有ります)

けど・・・

昔ながらの黒電話。
あれって知ってる人は知ってるんですが、電源不要なんですよ~
(詳しくは画像をクリックして下さい)

黒電話


しかも停電しても電話局が生きていれば通話可能です。スゲー!!!
持ち運びには難アリですが、自宅に居る時は最も確実な通信手段かもしれません。

筆者の実家は未だに黒電話で(ケーブルが生きてさえいれば)被災にも強いんですが、総デジタルな我が家は残念ながらデジタル電話です。
屋根にソーラーパネルを設置する計画や、ガス発電の計画などもしていましたが、緊急に具体化してゆこうと思います。
 
可能なら黒電話も設置しちゃおうかとw

ブログの趣旨とは関係ないんですが、なんとなく、つらつらと書いてしまいました。

 

災害に対する援助に付いて

ゆうちょ銀行 災害義援金
http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/fukusi/kj_tk_fk_gienkin.html


日本赤十字
http://www.jrc.or.jp/


日本ユニセフ
http://www.unicef.or.jp/


NHK
http://www.nhk.or.jp/


赤い羽根共同募金
http://www.akaihane.or.jp/


Yahoo緊急災害募金
http://bokin.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html


国税局の対応
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/hojin/020225/01.htm


災害ボランティア
http://www.fdma.go.jp/html/volunteer/


WFP国連世界食料計画
http://www.wfp.or.jp/


WWFジャパン
http://www.wwf.or.jp/



筆者が、このブログに全く無関係な話題を書き込むのは恐らく初めての事だと思われます。


残酷な様ですが、自活した大人は、たとえ災害に遭遇したとしても、己の備えで対処して頂きたいと思います。
備え有れば憂い無し、備え無ければ自業自得と言わざるを得ません。まさに蟻とキリギリスの物語です。

しかしながら、未だ自活していない子供達に責は有りません。災害の為に将来の芽を今まさに摘まれようとしている子供達に向けて、己が子供と思い支援の手をさしのべて頂ければと思います。


筆者は幼少期より地震の多発する海と山に囲まれた地域で育ち、かつ実家が原発から十数キロという環境にありました関係で、地震・津波・原発事故などに対する意識は潜在意識にまで埋め込まれておりまして、非日常が日常である事を肌で体験してきました。

成人して、世界数十カ国を旅して回り、旅先で車やバイクに乗って行く宛ても無く無軌道に彷徨い、そこで現地の人々の生活を直に目の当たりにした時、最貧国の恵まれない子供達に比べたら自分の育った環境がどれ程恵まれた環境であったのかを幾度と無く肌で体感する事が出来ました。

そして子供が産まれた時、子供が回復の見込みが無い重度の障害を抱えて意識の無いままに延命措置を続けなければならない事態に遭遇した時、その回復の見込みが無い子に与えられている支援と同程度の支援を、五体満足に産まれたにも関わらず恵まれない環境にあるが為に将来の芽を摘まれてしまいそうな子供達に向ける事が出来るなら、その支援がどれだけ生きた支援になるだろうか・・・という考えが湧いてきました。

筆者が筆頭に成っている戸籍には養子の項目があり、今後もこの項目が増えてゆくかもしれません。
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR