秋葉原ラジオストアー

近日中に取材に行きます・・・
スポンサーサイト

販促品の凄さというか

XEONを予約購入した時にゾネでもらった販促品
DSC01985.jpg

一見すると何の変哲も無い安物ボールペンですが・・・

DSC01986.jpg
精密ドライバを内蔵していました(驚)

しかも、6角ソケット形式に成っていまして、裏返すとプラスマイナス両方使えます。
DSC01987.jpg

更に、ネジ収集用と思われるマグネット付で、この様にボールペン本体をも支える強力な磁力を持っています。
DSC01981.jpg

この時はXEONを4個買ったので4本有りますから、鞄の中や机の中などに入れていつでも手の届く所に置いてあります。

世界のラジオ会館 (秋葉原) にタイムマシンが衝突、一瞬でビルが倒壊 (か)

securedownload.jpg
この写真は、機関に送り込まれたエージェント(安全+第一と書かれたヘルメットを被り現場監督をよそおった工作員)の妨害(視線による威圧という卑劣な手段)により現場への立ち入りを阻止され、やむおえず超長距離望遠(携帯)デジカメにて極秘裏に撮影(2012年3月某日撮影)された現場証拠写真だ。向かって左側には見た事も無いゲームのPlayStation3への同時移植決定を告げる看板が、なぜかこんな場所にデカデカと掲げられている。

これは、決して4月1日のエイプリールフールを先取りした偽情報などではなく、秋葉原で実際に起きている現実の出来事だ。

それを裏付けるかの様に、冬の寒い時期にも関わらず、窓辺ななみちゃんは浴衣を着て登場(2012年3月某日撮影)
securedownlo2ad.jpg
この様にタイムマシンの影響で世界線が移動した結果、今の秋葉では、冬と夏の季節が逆転している。(タイムマシンに搭載された小型素粒子加速器により生成されたカーブラックホールの影響で周辺の気圧が高まり高気圧となった結果、一時的に夏日が訪れたとも)

そして驚いた事に世界線が移動した結果 SuperMicr●の板やXEONの調達(情報調達)などで筆者御用達の User's Side が、なぜか FreeT という今まで聞いた事の無いショップへと変貌していた。
securedow3nload.jpg
写真を見て頂ければ判ると思うが、だれ一人としてこの異常な現実に気付かないかのように平然と歩いている。
※筆者はこの写真撮影の最中に何者かの運転する妨害車両(ショップの商用車を偽装した車)に危うく轢かれそうになった事で、機関の手がここまで伸びている事を察知した。(写真は、うかつにも車道の真ん中に筆者が無造作に立って撮影したかの様に見えなくもないが、実際には厳重な注意のもとに車道脇の路側帯兼歩道から撮影した方が良かったと思う)

潜入調査の結果、店内は一見して User's side の品揃えと何ら変わらない様に偽装工作が施されていた。筆者は果敢にも偽装工作を暴こうと店内撮影を試みるも、エージェント(店員をよそおった工作員)の妨害(視線による威圧という卑劣な手段)により店内撮影に失敗、これ以上の潜入調査は筆者自身の生命に係わると判断しやむおえず断念した。唯一つ云える事は多数並べられていたSuperMicr●やTyanの箱が見当らない事で、それ以外は何ら変わりない。

僅か6時間という調査時間では余りに少な過ぎる為、今後も度々現地へ赴き様々な角度からの潜入調査を実施してゆこうと思う。

※注意:ここに掲載された内容は、虚偽・捏造・その他を含んでいる可能性があります。
(オチ無し)

今日の収穫:(店頭購入&通販、どれも数量10~20個で購入)以下、マジネタです。
DSC01594.jpg
今回の目玉は、村田製作所の小型DC-DCモジュール(12V -> 1.5~3.3V 12A)と、同じく村田製作所の積層セラミックコンデンサ47μF100μFです。
どちらも筆者の様な素人が探すのはとても困難な品でしたが、これらのパーツを使って Dual Socket7 のマザーで懸案となっている MMX Pentium 233MHz 搭載時に Vcore電源生成レギュレータが爆熱に成ってしまう問題の対策として、VRMを自作(と言ってもDC-DCモジュールを使った簡単な自作)する予定です。
MMX 233MHz は Vcoreが 2.8V 6.5A ですのでマザーに元々付いているシリーズレギュレータですと最悪100℃を超える爆熱になってしまいます。Dual socket ではこの熱源が2個って事になり更に厄介ですから、50%の出力(つまり6.5Aの倍の最大出力=12A)で余裕を持ったスイッチング方式に変えようという事です。
こちらは設計中の基板です。(筆者の環境では露光~エッジング工程での歩留まりが悪い為、予め複数製作します)
DCDCPCB.jpg


それとコレ↓は、DualCore ROC 搭載の最新Areca ARC-1882i 内部8ポート品を2個購入です。
DSC01585.jpg
キャッシュ容量が変更できる(但し2チップ構成)のARC-1882ix系にするか?で迷いましたが、グラボのエアフロー対策としてこちらを選択しました。(以前13号機等でARC-1680ix-12ではGPUファンの吸気を遮るデカさに困った為)

現在計画中(というか既にパーツの発注は完了していて入荷待ち)の17号機で利用する予定です。
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR