KB890830 は個人情報収集ツールだった。

今回は Windows7 の Windows Update (KB890830) に付いてです。
 ->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へどうぞ。

Windows7 のUpdateを実施する際に、確認が表示される事が稀にあります。

KB890830.jpg

その中身を真面目に読んでみましたら、

 お客様の情報を収集することにお客様が承諾されたものとします。

という何やら一方的な様相でスパイウエア導入告知を大量の文章の中にこっそり隠す様に記載しているのを見付けました。

これに同意しない筆者の場合は、当然ですが KB890830 のインストールはキャンセルです。
 
詳細情報の冒頭には、この KB890830 を導入しないと Blaster、Sasser、Mydoom など感染力が強く悪意のある特定のソフトに感染しているか検査しないらしいのですが、かと言って、ウイルス対策ソフトの代りになる訳ではなく、そもそも KB890830 ではウイルス対策ソフトの代用にならないので別途ウイルス対策ソフトを入れろと記載されています。
KB890830D.jpg

有体に言えば、ウイルスの恐怖心を煽って(でも実際にはウイルス全般に対処しない)骨髄反射的にインストールを強要しつつ、スパイ活動をこっそりさせろという事です。

どっちが悪意の持ち主なのか判りませんね、同じ穴の貉(むじな)とも・・・

ではなぜ明記してあるかと言えば裁判に成った時に、「お客様がスパイ行為に同意したのでスパイ活動しました」と言って責任追及を逃れる為に記載してあるのです。その点では合法的であり、しかしグレーゾーンですね。表で不安を煽り、裏でスパイ活動を容認させる。かの国の行動原理と一緒ですが・・・
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

Appleのプライバシー・ポリシーに対する称賛と疑問


アップル・コンピュータの個人情報に対する方針

マイクロソフトの個人情報に対する方針

米国には、個人の権利を守る為に国家が有るという考え方が根強く有ります。実際には資本家(国際的な資本家)の為に国家が有ると言える状態に成っていますが、キリスト教やユダヤ教の信者達は優秀な人に神が資本を与えるという考え方が埋め込まれている為、整合性が取れるようになっているのかもしれません。

日本では、国家の為に個人が有るという考え方が根強く残っていますが、戦後に米国から受けたプロパガンダの影響で周囲に迷惑を掛けない程度の個人主義が主に都市部で長期間流行していると思います。米国の様に個人の権利を最優先に考えるのとは異なり、周囲との協調を前提にした個人主義と言えるでしょう。

前置きが長くなりましたが、アップルコンピュータが個人情報を守る為に米政府(司法)からの情報開示要求を度々拒否している事が、最近のマイクロソフト(特にWindows10やHotmail(Outlook)/Skype/BingなどNSAへの協力を前提にした取組)とは対極に位置する方針の様に受取れたので、記事にしてみました。

日本企業でしたら、恐らく素直に開示する(つまりバックドアが仕込まれている)事になると思いますが、政府の要求を拒否してでも個人情報を守ろうとするアップルの姿勢には一定の評価があります。

情報を開示しない場合、その種の端末が犯罪の温床に成り得るという逆の視点(つまり司法側の視点)もあると思いますが、その更に逆の視点で見れば、情報を開示する手段(つまりバックドア)を仕込む事は、それ自体(バックドア)が犯罪の温床に成ると・・・堂々巡りに成ります。

日本の政府機関(司法・警察など)からの開示要求が有った場合、アップルコンピュータは実際にどんな対応をしているのか?興味が有りますね。

日本では、サーバ等を運営するインフラ事業者は事件捜査に際しての情報開示が義務付けられていると思いますが、個人所有端末のセキュリティを透過して事件捜査出来る様な特別な仕組み(つまりバックドア)を用意しているのか?日本仕様iPhoneには、そういったバックドアが予め仕込まれているのか?そもそもiPhoneの生産工場は中華(大陸、但し本社は台湾)で、アップルはマイクロソフトとの資本提携が過去にありました。Windowsにはバックドアが最初から開いていますし、簡単に個人情報を取り出せますが、MacやiPhone/iPadなどはどうなのか?興味を持ち始めました。Macユーザでもある筆者ですが、アップル製品方面には全く疎いので・・・
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR