FC2ブログ

コロナの推移 東京

こちらのグラフは、東洋経済オンラインから拝借した東京のグラフを筆者が加工したものです。
COVID19202007.png
             
グラフ上は陽性者数、下はタヒ者数を日付を合わせて配置しています。(タヒ者が何かはお察し下さい)

赤線は筆者が引いた平行線で、下側グラフの第2波を予想するために引いたものです。見ての通り、来週あたりから下側のグラフが増加し始めるのじゃないかと思いますが、注意点として第2波は第1波より大きく見えますが、第1波の終了した頃から検査体制が改善して検査数が最大9倍に増加している背景があり、第2波の陽性者数実態はグラフに反して現時点では第1波より少ないのは確かです。その為、視覚効果に反して第2波の下側グラフは第1波より小波になる可能性もありますが、GoToの事もあり第2波の終わりが全く見えないのが一番怖いところです、このまま秋になり冬になるとインフルのシーズンに突入しますので。。。
スポンサーサイト



Windows 10X という不要な強制

マイクロソフトが Windows 10X という不要な強制を加えてきた。

我々は Windows 7 という安定して高速な OS に十分満足していたし、なにより窓辺ななみちゃんは可愛かった。

にも拘らず、 Windows 10 という不安定でもっさりと遅く、仕事中に余計なゲームの宣伝や誰かの為に偏向されたプロパガンダニュースで知らず知らずのうちに思想誘導してくる、我々の集中していた思考をそれとなく邪魔して別の事に意識を向けさせようとしてくる。この OS という名のプロパガンダ装置に移行するのは本当に嫌だったけど、マイクロソフトは、それを強制した。

どうやって強制したかといえば、 Windows 7 に対するセキュリティ更新の終了という不親切な嫌がらせだ。これによって我々はなかば強制的に Windows 10 に移行させられた。嫌だったのに他に行き場が無い様に投網で囲われ強制的に連れて行かれた。投網から逃げる事が出来た一部の人々はMacに流れLinuxにも少し流れた。実際、大手IT企業でもMacの利用率が格段に伸びた企業は結構有る。誰でも知ってる様な大手企業の中を覗くとMac利用者が結構増えている。

逃られずに連れていかれた人々が行った先には山積みになった問題があり、それを苦労して何とか少しづつ片付けさせられた、にも関わらず、Windows 10X という別の問題を減り始めた山の上に一段高く積み上げてきた。強制的に。

マイクロソフト、もう辞めてくれよ。

でも、「もう辞めてくれよ強制するのは。」って言っても、たぶん、マスコミや広告代理店やインフルエンサーなどによる宣伝と、それに乗せられ踊らされた無自覚の人々によって拡散された同調圧力によって強制力を強化されて、じりじりと占領されてくるのだろう。

マスコミやインフルエンサーの様な訴求力によって拡散された同調圧力によって社会の意思がなんとなく形成され、本当は違っていたのに、いつのまにか多数決という建前で強制力は既成事実に達し、それが不実であっても正義になってしまう。

実際には民意誘導が上手な人に騙され操作されて形成された多数決と同調圧力。空気を読むって言うのは、空気を作った人に盲目的に従属せよって言ってる事と同じだって事に気付こうよ。と言っても、空気を読むのが正しいと思ってる日本人は多いので難しいだろうね。

もう本格的に Mac と Linux に移行するしかないと思えてきた。

時代を先取りするなら ARM だね。

ノートPCは ARM になった Mac を買うとして、自宅用には ARM でデュアルソケットの自作できないかなぁ、、、 もちろん OS は Linux で。
 
 
 

東京だけ異様に高い感染率

不可解な事は、大阪の方が東京よりPCR検査人数が多いという事です(数値は東洋経済オンラインから拝借しました、検査数は回数ではなく人数です)。東京と大阪は検査人数がほぼ同じで感染者数は東京の方が3倍多いです。人口比では1.5倍程度なので東京はやはり感染率が異様に高いです。大阪と神奈川は人口が同じくらいですから感染率に大きな差は無い様に思いますが検査人数では大阪が倍なので、都心に近い地域で東京に似た現象が起きているんじゃないですかね。人口密度では東京・大阪・神奈川の順です。

下表はPCR検査人数を母数とした場合の感染率です。
東京だけ異様に高い感染率

人口を母数としても下記の数値ですから、東京だけ突出して高い事が判ります。
 東京   333 PPM ( Person Per Million people : 100万人あたりの人数)
 石川   230 PPM
 富山   201 PPM
 大阪   189 PPM
 北海道. 159 PPM
 福井   157 PPM
 千葉   133 PPM
 京都   127 PPM

東京では、PCR検査を実施した人の約半数近くが感染者です。これはつまり医師が感染していると診断した患者本人と濃厚接触者のみを対象にPCR検査を実施している結果と思われ、検査したけど感染していなかった人は濃厚接触者として念のため検査を要請された人だけという構図が有るのではないでしょうか。

東京・首都圏の特徴として自粛要請前の超過密な通勤電車(満員電車)や通勤バス(満員バス)が主な感染経路となり首都圏一帯に感染爆発を招いたと思いますし、これがクラスターを追跡出来なくなる主要因じゃないかと思います。通勤電車の特徴は、毎日朝晩超高濃度の3蜜状態になる事と、そのメンバーが毎日朝晩入替る事、多種多様な経路で合流し、その合流パターンは毎回シャッフルされる事、手すりやつり革を交代交代で握りしめる事、などで高効率な感染拡大装置となっていたと思います。これはコロナに限った事ではなく飛沫や接触で感染するタイプのものは全て通勤電車で同様の結果を招くと思われ、毎年何らかの風邪やインフルその他の病気が感染拡大する主な経路になっていると思います。平時に首都圏の通勤電車でソーシャルディスタンスを確保できる可能性はゼロで、むしろ密着・密接・こすりつけ・なすりつけ、感染に最適かつ回避不能な状態と思いますので、自粛要請が解除されれば3蜜の回避は絶対不可能な状態になりますので無自覚保菌者から再度感染が拡大する事は回避不能じゃないでしょうか。下図は東京の電車路線図です(この路線図は首都圏ではなく”東京”かつ電車のみ、バスはもっと複雑です)が、これだけの路線が毎朝毎晩3密の満員状態になります。
Tokyo路線図

ソーシャルディスタンスが確保できる様に、電車の車両定員制限を必須にする様な対応をする事で日常における時差通勤とテレワークの急速な推進といった対策をしないと、二次三次爆発は避けられないんじゃないですかね。

とは言え、50歳以下であれば感染しても死に至る確率は交通事故で死ぬ確率より低い事が数字から判りますので他の風邪やインフル同様に症状が有る時は仕事や学校を病欠する対処で良いんじゃないかと思ったりもします、、、注意すべきは高齢者・基礎疾患持ちとの接触ですから、自粛要請や隔離といった対応は高齢者・基礎疾患持ちに限定し、その人達限定で所得補償をしてゆけば良いんじゃないかと。と言うか今の政府は現代版の姥捨て山を実現しようとしているんじゃないかと勘繰ってしまいますね。その場合は多くの政治家も対象になる訳ですが・・・

しかし大阪の方が東京よりPCR検査人数が多い理由はちょっと謎ですね。検査キットは政府が東京に集中させているハズなので、キャパ的に東京が最多になるはずなんですが、謎です。キャパは東京が最多だけど感染者数も多く感染者や濃厚接触者は複数回検査する必要が有り、患者数濃厚接触者数×検査回数がキャパを圧迫した結果として検査人数が大阪より少ないという事なら、検査キットの数が東京には数字的に見て4倍以上必要で、医療機関も4倍必要って事ですよね。もっと死亡率の高いウイルスが今後発生する可能性を考えると、首都圏の医療機関増大対策は必須じゃないでしょうか。

大阪では電車に乗ると乗客の皆さんがそこかしこで漫才を始めるので東京より飛沫が飛びまくりそうですし、橋本さんが医療機関の削減を断行していたにもかかわらずなので、更に謎ですね。

ところで、本題とは全く関係ないですが、Win10にしてからブログ編集中にキーボード入力のレスポンスが異様に悪くなる事が頻繁に起きる様になりました。LANケーブルを切断(活線挿抜)するとキーボードレスポンスが復活するのでテレメトリが主要因と思います。後程パケットモニタしてみようかと思っています。

コロナに付いて

筆者は今年2月某日の週末に体が非常にだるくなり、恐らく発熱もして3日間なにもしないで寝ていた事がありました。というより体調が悪過ぎて何も出来ませんでした。
但し、体温は測りませんでしたし、当時は未だPCR検査がどうとか緊急事態がどうとかの話にはなっていなくて、コンビニには普通にマスクが陳列されていた時期でしたので、周囲でもあまり危機感的なものは無い雰囲気で、いつもの風邪くらいの気構えでした。不安になったのは、むしろ体調が回復した後の事で、ネットのニュースを見てからです。

一番体調が悪かった時は、適当に寝てれば治るだろうと普通の風邪と同じに思って近所のドラックストアで購入した1本数千円程度の手頃で効きそうな雰囲気がある高麗人参ドリンクとかノンカフェインの栄養ドリンクなどを適当にカゴに入れて買って帰り、定められた量の倍くらいを大量の水と一緒に飲んで、ただただ3日間寝ていました。
ノンカフェインを選んだ理由は、量を多めに飲む際にはカフェインが危険だからで、量を多めに飲む理由は私が日本人離れした大柄の体格というのと、医薬品ではなくただの栄養ドリンクだからです。食事は3日間くらいは断食した方がむしろ健康に良いとさえ思いますし、胃腸が弱っている可能性なども考えて多めの水と栄養ドリンクが最善と思ったのです。水と言ってもスポーツドリンクとミネラルウォーターですね。

結果、月曜から普通に活動出来る程度には回復しましたが、緑や黄色の痰が2週間ほど続きましたし、喉から気管支にかけての今までに無い違和感を伴う痛みが一カ月以上続きましたので、さすがにコロナかなって思い時々ネットで調べて調べる程に不安が増強されましたね。

けど、病院へ行かなかった理由は、病院とは病気の人が集中的に集まる場所で、従って別の病気をもらって帰る可能性を懸念した事と、体温が平熱に戻っていたのでPCR検査はたぶん受けられないし私程度の症状では病院へ行ったところで有意な診断も対処も施される事は無いだろうと思ったからで、病院へは重症の人だけが行くべきで、私の様な殆ど一人暮らし同様の生活をしている人は自宅で引き籠っているのが一番良いと思った為です。実際、周囲への影響を考えて念のため病院と保健所に電話して聞いてもみましたが自宅療養してくださいというのが結論でした。

野生であれば免疫を獲得した者だけが生き残り淘汰されてゆく訳ですが、人類は自己免疫以外の人工的・組織的な対策をして対応してゆける点で、地上の勝者であり、医療関係者の方々には感謝しなければいけないと思っています。私は今回は医療関係者の世話には殆どかかっていませんが、高麗人参と栄養ドリンクは気休めと実際にも効果が有ったと思っています。

筆者の渡航歴は数十ヵ国ほどありまして、一般的な日本人より多くの免疫を持っている可能性が高いと思っています。北米に住んでいた事もありますが、かの地では握手っていう習慣があり、また、ハグっていう習慣もあります。親しい人が会う時には握手してハグしてと手と体をお互いに密着してこすりつけするのが日本人でいうところの会釈程度の感覚で普通に行われていますので、そりゃ感染爆発するわなと思います。インドや東南アジアではそういった習慣は無いですが衛生的にはどうかなって思いますね、特にトイレとかレストランとか。韓国は道ですれ違う時に特に男性同士は肩をぶつけてこすりつけて去っていく人が結構居ました、これってどういう習慣なのかは判りませんが、あれも接触がすごいですよね。それと旅行者向けじゃない韓国の地元の人向けの食堂とかに行くとキムチが普通に出てきますが、使いまわしで別の客が箸で触ったキムチが普通に出てきますし地元の人は違和感なく皆でつつき合ってキムチを食べますので、普段おもいっきり接触してると思います。ベトナムの南部に住んでいた事もありますが、かの地の人達は普段から布マスクを殆どの人がしています。理由はバイクにほぼ全員といってよいくらい乗っていて、排ガスなどが凄くてマスクなしには移動が辛いからの様です。でもバイクを降りるとマスクを外すので日本でのマスクの使い方とはちょっと違います。

日本の場合、郊外や田舎は車移動が多いと思いますが、都心は通勤電車が3密そのものですよね。埼京線や東武東上線や総武線などで30分以上も満員電車に乗って都内に通勤通学していた人は、毎日の朝と晩に別の人達と交代交代しながら3密を実践していた事になるんじゃないかと思います。けど満員電車を回避する様な時差通勤は、時差通勤という言葉を知ってはいても実践していた人は少数派でしたし、女性専用車でさえも3密と言える程に満員になってましたよね。時間帯によってはグリーン車さえもがそんな状態になりますから、根本的になにかしないと首都圏で3密を回避して経済活動を完全復活するのは困難でしょうね。

筆者は東京駅に行く事が多かったのですが、実体験として、マスクがコンビニから消えた日の出来事として中華系の数名の集団が大きな紙袋を持って東京駅周辺のコンビニでマスクを買い占めている光景を目にした事を挙げておきます。筆者は北京語や広東語などの方言の区別は明確には出来ませんが上海に住んでいた経験があります。上海語もまた訛りが他の地域と違うのですが、中華系の人だって事はハッキリ判りましたね。彼らの習慣としては家族や親族を大切にするけど、家族や親族の為なら他の人達がどうなっても知らないよっていう価値観を持っている人が非常に多いので、その価値観ではマスク買い占めは当然の行動になると思いました。自分用に5枚入りを1袋だけ購入した私は彼らと価値観が全く異なる訳です。

アベノマスクは、私の様に手元のマスクがもうなくなってしまった様な人達には一定の効果が有ると思いますし、早朝のドラッグストアに並んで感染するより良いと思います。私が子供の頃は、あんな形のマスクしか存在しませんでした。それに洗って繰り返し使えるので、見慣れた使い捨てマスクが入手できない人にとっての最後の救いになると思いますし、今の時期に買い占めて何十枚も使い捨てている人より、アベノマスクを洗って使う方が良心的だと思います。ですから、私も堂々と着用しちゃいます。学生の場合、それで登校したらイジメの対象になるケースが有るかもって少し心配しちゃいますが今は休校してる所が多いですからね。しかし使い捨てマスクを買い占めて使い捨てて毎日新品にしていかないとイジメられる様な職場や学校は行きたくないですね。

ところで、毎年のインフルエンザよりも数字的には新型コロナの方が被害者の桁が少ない様ですが、対照的に有名人がコロナでっていう話は多い気がします。毎年インフルエンザでこんなに多くの有名人が被害を被っているんですかね?報道の仕方にも偏りがあるんじゃないかって思います。

あと、10万円の件ですが、ちょっと少ないですよね?
世帯で30万円くらい必要になる人って、結構居るんじゃないかって思います。
1月の外出自粛につき都心の家賃が高い地域は1人あたり15万円くらいの給付が妥当だと私は思います。田舎で家賃が安い地域なら1人あたり12万円くらいでも良いとは思いますが、地方で車が無い人に外出自粛を要請すると買い物が困難になる可能性は有りそうです。国の借金っていう論に付いては筆者は逆でMMT理論の推進派ですが、生産無くして消費だけになるのはNGと思っていますから、その部分には注意すべきと思っていますし、筆者は今でも生産者ですし10万円が15万や30万になっても生産者を続けます。

いつも通り、まとまりなく、つらつら書いてしまいましたが、私自身、コロナかもしれない人の1人で、今でも多少なりとも不安が有ります。ですが、ちょっとした諦めというか開き直りにも似た覚悟みたいなのもあって、死んじゃっても仕方ないかなって思う様にもしています。そうしないと気分が晴れないし、前に進めないと思うからです。それに、たぶん、もし私がコロナだったとしても2月の時点で免疫を獲得したであろうと思います。仮にこれが生物兵器だったとするなら、次に来るのはアナフラキシーの様な反応を狙ったモノが撒かれるのだろうと思いますが、その時は、その時なんでしょうね。。。それで更に耐性が試され淘汰され、、、

それと、特に今の時期、病院や医療機関で働く人達には皆さん心から感謝して欲しいと思います。食料品の生産者・配送業・販売業の人達や、電気水道電話などのインフラに携わる人達に対しても感謝の気持ちを忘れないでほしいと願います。もし、病院が重病人に対して機能しなかったら、もし、食料品がコンビニやスーパーの棚からマスクの様に消えてしまったら、もし電気や水が止まってしまったら、皆さん今までの生活を続けて行けるでしょうか?これらを提供してくれる人達の多くは在宅勤務ではなく人と接する現場で働いています。

  

辞任はハニトラか?セクハラか?

政財界には変な事件が多いと感じるのです。

財界では例えば植×さんや中×さんの様な、嵌められでっちあげられ落とされた感の漂うやつです。

しかも今回は朝日ですから、

例えば、仕事の付き合いで女性が横につく飲み屋に行く事は男性なら多々有ると思いますが、そんな席で堅い話だけだと付き合いは無くなってしまいます。

主婦の井戸端会でワイドショー的噂話に華を咲かせている時に堅い真面目な話しだけの人は近所付き合いが出来ない事と同じで、飲み屋のキャバ嬢やママ相手にワイ談しない様では誰とも付き合い出来ません。

そんな席で、酒を飲んでほろ酔いになり、嬢の隣に座った新聞記者と真面目な話だけを年がら年中できるだろうか?しかも選択的に切り替えなければならない。それに記者と本人の会話だけを選択的に録音する様な超特殊な録音機が世の中に存在するだろうか?しかも朝日の捏造無しに。

朝日が過去に一度も捏造や偏向をした事が無い潔癖ならまだしも、捏造や偏向ばかりしている当事者が、自分の捏造や偏向を完全に棚に挙げて誰かを糾弾する資格が有るのだろうか?無いですよね普通に考えれば。

例えるなら狼少年が報道記者をしている様なもの。

朝日こそ報道機関を辞任すべき。

土地の価格がどうこう言う話なら森友より中国人が買い漁ってる土地の問題を連日報道し規制すべきですよ。
 
 
 
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて二十数台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です(以降、Bull/nano/Ryzenと数台仮組レベルで組んでいます)。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR