君の名は。

海外生活(と言っても毎月帰国していますが)も1年近くになる筆者ですが、先日、現地で知り合いになった人に誘われて『君の名は。』を現地映画館で観てきました。

日本語音声に現地語字幕でしたので普通に見る事が出来ました。

ヒットするだけあって見応えのある内容でしたが感想は割愛させて頂きます。



感想無しに何の記事か?と思われたかもしれませんが、私を映画に誘ってくれた人(20代女性)からの質問に考えさせられた事が有りましたので自作PC(本来のブログ)とは無縁ですが記事として残しておきます。

彼女は日本語を勉強中の新卒事務職で、私がレストランで日本語を話していたのを隣の席で聞いていて向こうから声を掛けられたのがきっかけで知り合いに成りました。つまりネイティブ日本語スピーカーである私と日本語で会話をして日本語に慣れたいという事です。

会話は、こんな感じでした。

彼女:「君の名はの『君』は、どういう時に使うのですか?」

私:「普通は友達かな?」

彼女:「では、私の友人(女性)にも『君』で良いですか?」

私:「う~む、女性どうしではボーイッシュな場合を除いて使わないかな・・・」

彼女:「では、どんな相手に使うのですか?」

私:「男性どうし、男女間、上司から部下、先輩から後輩、かなぁ・・・」
私:「部下や後輩が、上司や先輩に向かって『君』と呼んだら失礼に思う人も居るので気を付けてね」

彼女:「日本の国歌は『君が代は。』ですよね?」

私:「えっ!? そうなんだよね・・・」

ここで説明に困ってしまいました。

私の中学時代の社会科の教師から「君が代の『君』は天皇の事で、天皇を褒めてる軍国主義の歌だから歌うな」と度々重ねて教育された強烈な記憶以外に君が代の意味を学校で教わった記憶が私には無いのです。

ネットで調べたところ古今集七巻三四三番が元ネタらしいのですが、これの更に元ネタが有るらしく、誰かが後付けで天皇と言っているだけで、解釈次第で誰にでもなる歌、歌う人の気持ち次第で意味が変わる歌、大切な人に贈る歌だと思うのです。

では、君が代の「代」に付いてですが、これも天皇の治世に限定される意味ではなく、「親の代から」や「先祖代々」の様に一般家庭に付いても「代」という字は普通に使われている訳で、特別に天皇限定という訳ではないと思います。

そもそも、天皇は昔、わが君というより大君(おおきみ、大王)と呼ばれていたはずです。わが君とは、私(我)にとっての親しい人を指し、皇太后が「わが君」と言った場合には天皇の事を示すのかもしれませんが、一般市民が「わが君」と言った場合は妻や夫や娘や息子或いは親友などの事だと思うのです。上司や先輩を君とは呼ばない様に、天皇の事を一般市民が君と言うでしょうか?私なら大君と言うべきではないかとは思いますが、君ではちょっと違うと思うのです。つまり「大君が代」なら天皇の事を称える限定歌だと思うのですが「君が代」ですから、大切な人全てを包摂した一般名詞でしょう。

人間の寿命に付いて化学的理解が無かった古今集以前の時代に、産れたばかりの名も無い自分の子供にどうか末永く生きて子孫が代々繁栄して欲しいと願う切実な気持ちを歌にしたら、こういう歌になると思うのです。或いは子供が無くとも、親しい間柄にある人や、一人で山籠りしている人なら御釈迦様でも良いでしょう。

『君の名は』 と 『君が代は』

社会科教師の偏屈な押し付け教育を忘れて、『君の名は。』を観た時の気持ちと同じ気持ちで『君』という字を読んで『君が代』の歌詞を読むと、国歌として、これ程素晴らしい物は無いのでは?と思うのです。

というか、簡単に言えば日本の国歌は純粋無垢な心で見れば「子孫繁栄の歌」だと思うのです。それを後付けの勝手な解釈で否定して歌うなって教職員が教えるのはちょっとね・・・

大切な人に捧げる子孫繁栄の歌だよと学校で普通に教えて欲しいものです。


 
 
スポンサーサイト

稼ぐ人が借金を抱え破産する理由、節税や脱税をする理由

デュアルソケットの自作を今時しようなんて人は恐らく暇人かつ収入もそこそこ有る人だと思いますが、そんな人も過去に経験した事が有るだろう税金の不条理に付いて語ってみます。

お笑い芸人がネタにしているのを聞いた事が有る人も居ると思いますが、稼いだ人が何故か借金まみれに成り破産する事がよくあります。

その主な理由は、たぶん学校では本当の納税額を教えないからだと思いますし、納税額の計算式は頭の良い人が考えるので複雑怪奇で難攻不落、一般人には理解不能なブラックボックスだからなのだと思います。

例えば、1億円稼いだ人は次の年に7千万円くらいの税額を国から請求されますが、たぶん半分くらいだと思って勘違いしたまま5千万しか預金が無くて、仕方なく2千万を借金して税務署に支払い、その借金がいつのまにか膨らんで稼ぎが減った時に破産してしまうのだと思います。この税金の計算方法や対策は学校で教えてくれませんし、テストにも出ませんし、偏差値にも関与しません。その為、多くの人が勉強しないで全く知らないと思います。

だれも本当の事を教えてくれないので、7千万も支払わなければいけない理由が判りませんし、稼ぐのがバカバカしく思えてきたり、節税しようとした結果として脱税と言われてしまいます。

参考までに江戸時代の年貢を調べてみましたら、地域により産物に特色が有りそれぞれ異なる様ですが、江戸時代の年貢は概ね20%~30%の様で70%もの年貢を搾取したら一揆勃発です。

下図は概算で6千万超えていますが、稼いだ人の多くは概ね不動産や車を買ってしまうので、この図に不動産関連の税金や、自動車税などが積み重なって税額が合計で7千万くらいに膨れます。

1億稼いだ翌年の税額

下のグラフは、より一般的な100万~3千万稼いだ人が節税対策しなかった場合の概算税額のグラフです。
税額内訳

下の折れ線グラフは、100万~3千万稼いだ人が節税対策しなかった場合の概算合計税率のグラフです。ここで言う合計税率は、所得税、住民税、事業税、消費税、年金、健康保険の税率を合算した合計の税率です。底辺の貧困層は何故か重い税率(国保や年金の定額部分が重荷になる)が課税され、250~300万の収入が最も優遇されます。
税率

1千万で税率が突然跳ね上がるのは消費税が突如として加算されるからです。その為、呆れた事に900万円台の人の方が1千万稼いだ人よりも使える額(純利益)が多くなりますから、900万くらいの人が頑張って少し収入を増やし1千万を超すと翌年必ず大損します。
純利

これらのグラフを見ていると努力して稼ぐのがバカバカしくて嫌に成りますし、節税したくなる気持ちも判りますよね!?しかし、時間掛けて頭使ってちゃんと調べて節税しないと脱税として捕まってしまいますから、節税するのはとても面倒ですし、そこそこ頭の良い人じゃないと正しい節税は無理です。

税金対策に成るから!と言われて青色申告会へ参加すると、嫌がらせか?と思うくらい長時間、平日の昼間に拘束され、単調で退屈で何故?という質問が許されない解説を聞かされ、かつ、節税方法は全く教えてくれません。申告用紙が翌年から青色になり青色申告会に出頭した際の日当が僅かに出るだけです。
 
そこで、一定以上の資産家になると、専門家を雇って節税したり、タックスヘブンへ逃げる事に成ります。

・・・
結果として、庶民が頑張って稼ぐと「庶民が頑張った罰」という罰金(重い税率)が翌年強制執行されて借金を抱え破産に追い込まれ、逆に、一定以上の資産家は優遇される節税対策を行い資産を増やす構図が出来上がっていると思いますが、この事を学校では一切教えてくれません。これが、稼ぐ人が借金を抱え破産する理由で、節税や脱税(そもそも節税と脱税は同じ事ですが、節税か脱税かの判定は、最終的に裁判で決まります。この際に、優秀な弁護士を雇う事が出来ると合法的な節税、雇う事が出来ないと違法な脱税)をする理由です。
 
 
 

ネットで出来る事と簡単な仕組み

 ネット上のアルバイト( 例えば、こういったもの )の仕組みを知ったのは10年と少し前の事で、当時は現役のシステムエンジニア兼プロジェクトマネージャをしていました。

 筆者はアルバイトそのものには興味が無く、その仕組みをどうやって構築しているか技術的な側面にのみ興味がありました。つまり筆者は常に作る側の視点で物を考えています。

 当時の筆者は大規模Webサイトの構築を主な仕事にしておりましたので、その為の技術(並列処理や負荷分散、トラフィック軽減、万単位の同時アクセステスト、常時稼働-無停止など)に興味が有り、物を売る側の技術であるマーケティングには全く興味が無く、例えばアフィリエイトなどは胡散臭くて近寄りたくない存在とうい位置付けで・・・

 当時流行していたSEO(検索エンジン最適化)に付いても技術的には簡単過ぎて、どうしてそんな物が注目されるの?と不思議でしたし、GoogleアドワーズYahooオーバーチュア で広告を出すとSEO対策にもなると言われても、全く興味が持てませんでしたし、ポータルサイトを立ち上げバナー広告を張ったり、ブログを書いてアフィリエイトすると儲かると言われても、いやいや、そんな小銭稼ぐために苦労してサイト立ち上げたりブログ書く様な奴の気持ちが判らないから・・・と言っていました。

 実際、このブログもアフィリエイトはしてきませんでしたが、FC2が勝手に広告を張り付けるので筆者に収入は無くともFC2の管理会社には広告収入が有り、そのおかげでブログを無料で公開させて頂いている事に成るかと思いますので、まわりまわって利益を享受している事には成るのでしょう。

 無料サイトなんて概ねそんなものです。

 無料で入会できるサイト、無料で活用できるサイト、そういった物は、広告を張り付けたり、個人情報を収集して他社に販売するなどの手段で広告収入を得ていますので、原理的にはテレビのコマーシャルと一緒です。例えばGoogle検索もそうで、あまり知られていませんが検索結果として表示される順序はGoogleに金を払うと変更出来ますし、逆に上位に表示したくない敵対勢力などを表示させない様にする事も出来ます。その金額は入札制を採用しており、特に化粧品関連のキーワードは取り合いになり常に高額になっており、それがGoogleの広告収入となっています。それこそ上場出来る程の収入源です。

 筆者も、当時から技術者ではなく、マーケティングを行う側として考えていたら、今頃はネットでそこそこの収入を得ていたかもしれませんが、実際には筆者のネットからの収入は殆ど無く、たまにYahooオークションで不要に成った物を売った時の落札価格が唯一のネットからの収入源と言えます。しかし、商売するなら「仕入値」で買って「売値」で売らなければ利益が出ないのが当然ですが、筆者のやっているYahooオークションは「売値」で買った物を「中古価格」で売っているのですから、商売とは言えませんし、収入を得ていると言える様なものでもありませんね。この流れではシステム利用料を徴収しているYahooのみが唯一利益を得ていると言えると思います。

 そういえば初期のYahooオークションは無料で利用出来ましたが、ある時突然有料になり、ちょっとした社会問題?に成っていた記憶がありますね。ちょうど1号機から2号機に組み替えた頃の話で、1号機と2号機は両方ともYahooオークションで売りましたが、1号機は手数料無料、2号機は手数料をとられた様な記憶があります。購入は秋葉原のT-Zoneあたりで新品購入したと思いますので当時から全く進歩無しです。

 その当時のYahooオークションは、テレホーダイ時間に突入してから夜の0時あたりまでアクセスが集中して極端にレスポンスが悪くなったり、アクセスが多過ぎて入札を受け付けなくなったりと、色々不便な時代でしたが、今ではそういった事も殆ど無くなりましたね。

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR