FC2ブログ

RAMDisk と Optane

RAMDisk と Optane を 22号機 で比較してみました。

CDM190830.jpg

RAMDiskが、ちょっと予想より低い値で、所々Optaneに負けてますね。RAMDiskには色々な種類があるのですが今回は ASUS ROG RAMDisk を使いました。というか、NUMAに対応しているRAMDiskじゃないと本領発揮できないのかも?

NUMA に対応している (と言っても自前で Node Interleaving を使って RAID 的な動きをする訳ではなく、配置する Node を1つ指定する事が出来る) SoftPerfect RAM Disk で計測してみました。右が Node を跨いで計測した場合、左が同じ Nodeで計測した場合です。明らかな差が出ていますが項目によっては差が無いのは何故か?って事の方に興味深々

CDM190831.jpg
スポンサーサイト



わかりやすい USB

USBを使わない方向の筆者ではありますが、、、自分向けに USB のまとめです。。。

Thunderbolt3 は USB4 として USB に統合されました(PDF)ので本記事の記載も含め USB 4 はThunderbolt3 と概ね同じです。今後開発される CPU には PCIe と伴に USB 4 として統合され内蔵されてゆきます。歴史的には SCSI → IEEE1394(FireWire) → Thunderbolt を経て高速外部I/Oが USB に概ね(BadUSBの様な危険性を含め)統合されました。Alternate Mode を使えば NIC(Ethernet) も統合できそうですが、ややこしくなりますし危険なのでNICはNICのままにして頂いた方が助かりますし PS/2(Mouse/KBの2段)コネクタも復活願いたいですね。

帯域早見表
 物理規格  論理規格   実効帯域   PCIe
 Gen 2   Gen 3   Gen 4 
 USB1.0   USB 1.0   0.2MB/s 
 1.5MB/s 
 x1
 0.5GB/s 
 x1
 1.0GB/s 
 x1
 2.0GB/s 
 USB 1.1   1.5MB/s 
 USB 2.0   USB 2.0   60MB/s 
 USB 3.0   USB 3.0   0.5GB/s 
 USB 3.1 Gen 1 
 USB 3.2 Gen 1x1 
 USB 3.1 Gen 2   USB 3.1   1.2GB/s   x4
 2.0GB/s 
 x2
 2.0GB/s 
 USB 3.2 Gen 2x1 
 USB 3.2 Gen 1x2   USB 3.2   1.0GB/s 
 USB 3.2 Gen 2x2   2.4GB/s   x8
 4.0GB/s 
 x4
 4.0GB/s 
 x2
 4.0GB/s 
 USB 4
 (Thunderbolt 3) 
 USB 4   4.8GB/s   x16
 8.0GB/s 
 x8
 8.0GB/s 
 x4
 8.0GB/s 

ケーブル&コネクタ早見表(スマホ等モバイル機器は Mini A や Micro A も有るが割愛)
 物理規格   ケーブル&コネクタ形状  給電能力 
 USB 1.0   Type A + Type B   謎 
 USB 1.1   5V ±0.25V / 0.5A 2.5W
 5V ±0.25V / 1.5A 7.5W (USB BC1.2) 
 USB 2.0   Type A + Type B 
 Type A + Mini B 
 Type A + Micro B 
 Type A + Type C 
 Type C + Type B 
 Type C + Mini B 
 Type C + Micro B 
 USB 3.0   Type A-SS + Type B-SS 
 Type A-SS + Micro B-SS 
 Type A-SS + Type C 
 Type C + Type B-SS 
 Type C + Micro B-SS 
 5V ±0.25V / 0.9A 4.5W
 5V ±0.25V / 1.5A 7.5W (USB BC1.2) 
 USB 3.1   Type A-SS + Type B-SS 
 Type A-SS + Type C 
 Type C + Type B-SS 
 Type C 両サイド   5V ±0.25V / 3A 15W
 20V / 5A 100W (USB PD1.1-3.0) 
 USB 3.2
 USB 4 
 Type C 両サイド 二重線
 (Thunderbolt 3 パッシブ) 
Thunderbolt 3 アクティブケーブルが USB4 に統合されるか?に付いてはUSBの下位互換が失われる為、不明です。

速度毎の名称
 名称   規格   実効帯域   想定される用途 
 Low Speed   USB 1.0   0.2MB/s   キーボード/マウス
 ゲームコントローラ 
 Full Speed   USB 1.0   1.5MB/s   ラインプリンタ/モデム
 フロッピー 
 High Speed   USB 2.0   60MB/s   USBメモリ/外付けHDD 
 イメージプリンタ/スキャナ 
 FAX/カメラ/USBモニタ 
 Super Speed   USB 3.0   500MB/s   外付けSSD
 HDカメラ/ディスプレイ 
 Super Speed+   USB 3.1
 USB 3.2
 USB 4 
 1.2GB/s
 2.4GB/s
 4.8GB/s 
 外付けNVMe
 4Kカメラ/ディスプレイ 

コントローラ
 コントローラ   規格 
 UHCI (Intel製 or VIA製)   USB 1.x 
 OHCI (Intel / VIA 以外)   USB 1.x 
 EHCI   USB 2.0 
 xHCI   USB 3.x 

ASRock EPC621D6I

EPC621D6I.jpg

さらっとマニュアル読んでみましたがCPUの最大電力に付いて記載が見当たらず、どこまで乗せられるのか不明です。W-3175X なども乗るんですかね?

裏面に M.2 を2本装備したタイプ(メモリは4ch)と、裏面にメモリスロットを2本装備したタイプ(表面と併せて6chフルスペックだが代償として M.2 が無い仕様)があります。

U.2(信号的には PCIe x4)も有るので工夫次第で色々な構成で組む事が出来そうで、殆どの用途で充分な性能と機能を満たせそうな気がしますね。。。

VROC Key

VROC Key を御存知でしょうか?

VROC は Virtual RAID on CPU の略で、NVMe で CPU に直結した複数の SSD を束ねて RAID にする仕組みです。 VROC Key は、この仕組みを有効化する為のプロテクトドングルです。

このドングルを入手しようと思い 22号機 のマザーボード ( Asus WS C621E SAGE ) 購入店に10日前から問い合わせていましたが、返事が無いので自分で探して買う事にしました。

ASCII の記事によると VROC Key 自体は 1,200 円 という事に成っていますので手軽に買えると思っていましたが、日本では納税しない Amazon.jp によると末端価格 2万円↑に高騰?しており、7万円とかそういった価格になっています。転売屋の仕業ですかね? Lenobo とか HP あたりのメーカーオプションだと 3 ~ 4 万円くらいです。移転価格問題解消して欲しいですよね。価格.COMでは比較ページが無いです。どこぞに VROC の比較ページないですかね?とは言え筆者は既に購入済みで追加購入予定は無いですが・・・海外だと $100- 前後からの様です。国内で納税してないAmazonは当日配達くらいしかメリットが無いので個人輸入するか国内代理店で購入して経済を回しましょう。

VROC には3種類有り、
1)スタンダード: RAID 0/1/10
2)プレミアム : RAID 0/1/5/10
3)Intel SSD専用: RAID 0/1/5/10

筆者は Optane SSD かつ RAID5 しか想定していないので上記の3番目のタイプを購入しました。週末までには RAID5 での様子を記事にしてみます ( RAID 0 の記事は多数見掛けるので割愛 )

今迄 Areca 常習者だった筆者が、なぜドングルの様な商売に手を出したかと言えば、Areca が NVMe に未対応だからですね。え?うーむ、逆の言い方をすれば、NVMe 接続の Optane SSD をまともに受け止められそうな RAID が VROC しか見当たらなかっただけです。 カタログスペック的には HigiPoint のカードが良さそうな物に見えますが、 HigiPoint には期待を裏切られ続けた経験しか無いので全く購入する気に成れません。 MegaRAID 9460-16i は x8 なのがもったいないですね。

AMD も VROC と同じ仕組みをドングル不要で提供してますね。21号機が完成する頃までに Areca が NVMe 対応品を作ってくれないなら21号機もCPU直結のソフトRAIDになるかもしれません・・・

多コア時代の今では、以前の様に CPU パワーを温存する為にハードウエア RAID を利用する意義は薄れつつありますが、とは言えCPUでRAID5/6のパリティ演算をさせるとメモリ帯域を圧迫しそうなので、やはり Areca が作ってくれるのを待ちたいです・・・



グラボが壊れる・・・

最近、グラボが立て続けに壊れました。
GTX 285 / GTX 580 / GTX 780ti です、全部 nVidia ですね。グラボ破壊ドライバなのか???

OverClockはしていませんが、なんでしょうね・・・久し振りに起動した機体でSLI組んだ状態でイキナリ高負荷を掛けたからでしょうか・・・
※例外的に GTX580 はマザーの関係でSLI出来ないです。

どれも症状が同じで、動作はしているものの画面が崩れます。ソニータイマー的なものがWin7機で発動してWin10に買い換えろ工作の被害に遭ったのでしょうかね?

筆者はどの機体も基本はグラボ2枚挿しでSLI(もしくはCFX)していますが、それをDisableにして片側だけが壊れているというか画面が崩れる事を確認しています。3個とも症状がそっくりって、、、どういう事!?

同じ事を 9800GTX+ (GTS250) でもやりましたが、こいつだけは元気で綺麗な画面を映し続けてくれています。Radeonは全部元気です。どの機体も片側のGPUは正常なので、とりあえず使う事は出来ますが、これ、なんでしょね・・・

過去に似た状態で壊れたグラボと言えば Quadro 4000 が有ります。同じ様に15号機でSLI組んで使っていた所、同様の現象になり、しばらくして画面が写らなくなりましたがGPGPUとしては使えたので、、、なんでしょね?

ソニータイマー同様のNVIDIAタイマーなのか!?

22号機用には RTX2080ti を2枚買って NVLinkブリッジも買ってきましたが、これも早晩こうなるんでしょうか・・・そこそこ高価ですよこれ。VRM焼損問題はOverClockしてる人だけの問題でデフォ以下で使う筆者にはVRM焼損問題来ないですよね!?

 
 
 
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて二十数台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です(以降、Bull/nano/Ryzenと数台仮組レベルで組んでいます)。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR