自分で作りました・・・

先週末、知り合いの会社経由でフレキシブル基板の製作依頼を出したのですが、3社ほどあたって、1社は何も情報を送らない時点から辞退されてしまい理由は忙しくて手が回らない・・・と言う事でした。

他の2社は概算見積もりが出てきましたが、両社とも14~15万程度の見積もりになり、内容的に予算オーバーです。

他にフレキシブルでは有りませんが1~2mm程度の極薄基板が製作出来る会社もありまして、これが一番安価に出来そうで、初期費用5万円、それ以降は1枚あたり数百円程度で何枚でも作ってくれそうです。
勘違いしていました。極薄基板が製作出来るという事で0.5mm以下の基板厚で見積もり依頼を出したのですが、返ってきた見積書に基板厚が1.6mmと書いてあったので流れ的に勘違いしてしまったのですが1.6mmの基板なんて普通の厚さですから、今回のネタには適用出来ませんね。

ですが、それ以外に手は無いかと模索しておりましたところ、サンハヤトがフレキシブル感光基板なるものを受注生産している事が判り・・・たぶん千石電商なら在庫があるだろうと思って昨日の昼間ちょっと抜け出して行ってみましたら案の定ちゃっかり在庫してまして、他にも必要な物を何点か購入してきました。

1:フレキシブル感光基板 NZ-M3K
2:インクジェットフィルム PF-3R-A4
3:ピーケークランプ PKC-200
4:感光基板用現像剤 DP-10
5:エッチング液 H-200A
(なんだかサンハヤトの宣伝活動してるような気もしますが、こういった製品はサンハヤトくらいしか見当たらないんで仕方ないですね。ニッチ市場を独占してます)

合計でも1万円以下ですみました・・・ただし、この後の苦労が・・・

そして昨夜製作したのが、コレです。
DSC00267.jpg
パターンは以前と違います。
理由は穴を48個x4スロットの約200ヶ所も正確な位置に開けるのは無理だと思ったからで、可能な限り配線を簡略化しつつ、パターンの無い部分をカッターで切り取ってしまおうと言う事にしました。

同じパターンがたくさん有るのは歩留りの関係です。つまり失敗した時の予備ですが、この時点では11個のうち1個だけしか問題が見付かってませんので余裕です。問題の1個は現像ミスでパターンが断裂しています。

そして穴あけとカットですが・・・あまりに細かい作業なので手作業で量産して売る事は無理ですね。

とりあえず、結果は完成まで今しばらくお待ち下さい・・・
スポンサーサイト
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR