AMD/ATI Eyefinityで3画面以上を表示する

Eyefinity の機能を使って1枚のグラボでDisplayPortに非対応な3枚のディスプレイに表示する場合、通りの方法が有る様です。

1:アクティブ変換アダプタ経由でDVI/HDMI変換やD-SUB変換
  このサイト↓でActiveと書いてあるドングルが正式対応品です。
  逆に Passive と書いてある物やグラボ付属品では基本2画面までです。
  AMD Eyefinity Validated Dongles
  デュアルリンクDVI対応品は1万円以上の品ばかりですが、
  シングルリンクDVI対応品であれば3千円代からありました。

2:アクティブ変換チップを搭載したグラボを購入
  Sapphire製のRadeonHD5xxx以上の製品で、製品名にFLEXの文字が
  入っている製品には、アクティブ変換チップがグラボ基板上に予め搭載
  されている為、グラボ単体で3画面のDVI/HDMI出力が出来る様です。

3:アクティブ変換アダプタ(米国ではDongle/ドングルと言う)付属のグラボを購入
  読者の方に指摘頂いたのですが、そもそもHD7970にはアクティブ変換
  アダプタ1個が標準付属
している可能性が高そうです。
  手法としては上記の1:と同じですが、付属品を購入という点で別枠にしました。
  筆者が購入しましたSAPPHIRE製HD7970の平行輸入品を確認しました所、
  確かに1個付属していました。形状から恐らくシングルリンクDVI品です。

  SAPPHIREの日本語ホームページを確認しましたところ下記の記述がありました。
   HD7970 付属品 SL-DVI アクティブアダプタ
   HD7950 付属品 SL-DVI パッシブアダプタ
  つまり、1ランクの差で付属品も異なる様です。


筆者の今の環境は 24-Inch 1920x1200 のディスプレイ4台で、3台を横並びにして1台を縦にしています。
この解像度の関係でシングルリンクDVIやHDMIでOKな為、付属品のドングルが非常に助かりましたが、より高解像度のデュアルリンクDVIな人にとってはDVI-I端子が1個しかないHD7970は辛い仕様かもしれませんね。

クリックで拡大
DDSC01528.jpg


付属品のアクティブアダプタは、恐らく MA-AP01-ND1K 同等品だと思われ、3千円代で購入出来ます。



Radeon HD7970 シングルカードで SL DVI-D 4画面表示を試す。

テストケース1:
  グラボ側   ケーブル    モニタ側
  DVI-I → DVI-Dケーブル → DVI-Dモニタ
  HDMI → HDMI to DVI-D → DVI-Dモニタ
  miniDP→ PassiveDongle → DVI-Dモニタ
  miniDP→ PassiveDongle → DVI-Dモニタ
  2画面のみ表示でした。自由に任意の2画面を選択してどれでも表示出来ますが、
  3画面目を表示できません。表示中の2画面のうち片側のどちらか1画面を非表示
  にすると別の画面を表示出来る様に成ります。

テストケース2:
  グラボ側   ケーブル    モニタ側
  DVI-I → DVI-Dケーブル → DVI-Dモニタ
  HDMI → HDMI to DVI-D → DVI-Dモニタ
  miniDP→ ActiveDongle → DVI-Dモニタ
  miniDP→ ActiveDongle → DVI-Dモニタ
  4画面を全てディスプレイの最大解像度(1920x1200)で表示出来ました。

 ActiveDongleはHD7970に付属してきた物を使いました。筆者はHD7970を複数所有していますので2個準備出来ましたが、HD7970を1台のみ購入の場合は3画面までで、4画面表示には別途アクティブドングル(アクティブアダプタ)が必要に成ると思います。



Eyefinityが登場して数年経ちますので、今更感の情報ですが、筆者的に(主にHD7970対応として)書き留めました。

筆者は概ねどのPCでも2枚のGPUを挿している為、元々Eyefinity無しでも4画面使っていた訳ですが、HD7970 CFX では 2nd GPU が無負荷状態でファン停止する為、その機能を生かすには?と考えた場合には2GPUであっても片側から4画面出力の方が良いのでは?と思って調べてみました。
スポンサーサイト
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR