CPUが倍精度1TFLOPSを超えるのはいつか?

まず、AVX-512がXEON-PhiではなくXEONやAMD-Zenに導入されるタイミングで恐らく倍精度1TFLOPS超えを同時に実現してくると思うのです。恐らく今年の年末から来年までの間に達成されるのではないでしょうか?

Broadwell-EPか、Skylake-EPか、いづれにしろ2015年内も有り得るほどの近々の話題ではないかと思われます。もう既にES品は出回っているのかもしれません。

AVX-512は恐らく64Bitの倍精度積和算限定であれば8個同時×2積和算演算機=16同時演算@1クロックになると思うのです。

すると、
 1コア辺り3GHzとすると48GFLOPSですから、1TFLOPSを超えるには21コア
 1コア辺り2.8GHzとすると44GFLOPSですから、1TFLOPSを超えるには23コア
 1コア辺り2.6GHzとすると41.6GFLOPSですから、1TFLOPSを超えるには24コア
になるかと思います。

現状のHaswell-EPが最大18コアでAVX-TurboBoostが最大3.3GHzですから、上記のスペックは充分有り得る話だと思うのです。ちなみに倍精度演算のピーク性能は恐らくこの世代でもHyperThreadを無効にしないと出せないと思うので物理コア数がカギとなるでしょう。

数年前から、XEONと同じソケットで動作するXEON-Phiが登場すると言われているのは、この1TFLOPSを超える予定のCPUの事を言ってるのではないかと思うのです。

最近、Intelが新しいシリコンインターポーザやHBM用らしきソリューションを比較的安価に展開し始めたのは、AVX-512をCPUに搭載した場合のピーク性能を引き出すためのメモリ帯域を持ったDRAMモジュールをサードパーティーが量産出来る様に準備しているのではないか?という気がしてなりません。

インテルは、過去に、メモリ帯域を拡大しようとして、RAMBUSで失敗(AMDはDDRを選択しIntelも後追いで追従)し、FB-DIMMで失敗(AMDはNUMAを選択しIntelも後追いで追従)し、と2度ほど大きな失敗をして2度ともAMDの手法をそっくり真似る事を繰り返していますので、今回は慎重かつスピーディーにHMB搭載DIMMモジュールの様な物を量産出来る体制へ向けての足場固めから少しづつやっているのかもしれません。その場合、もしかしたらAMDが追従できないような政治的な仕掛け(独自特許で独占する様な仕掛け)も周到に準備しているのではないかという気がするのです。

対するAMDですが、来年(2016年)は Zen というコードネームの新しいアーキテクチャでx86-64を投入するらしいので、既にα版くらいのES品がTyanあたりの一部の技術者には渡されているかもしれません。もう演算機を2コアで共有する構造はしないと言っていますし、これもAVX-512を導入するなら1TFLOPSを超える可能性が有りますね。もしくはGCNを統合してFUSION構想を完成させた形のベクトル演算命令がx86-64の拡張命令として採用されるのかもしれず、これならいきなり倍精度2TFLOPSを超えてくるかもしれませんね。来年登場のZenは32C/64TらしいのでAVX-512で積和算同時なら2GHzで1TFLOPSに到達します。そしてAMDは、どうやってメモリ帯域問題を解決してゆくのか・・・

色々と楽しみですね。
 
 
スポンサーサイト
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR