稼ぐ人が借金を抱え破産する理由、節税や脱税をする理由

デュアルソケットの自作を今時しようなんて人は恐らく暇人かつ収入もそこそこ有る人だと思いますが、そんな人も過去に経験した事が有るだろう税金の不条理に付いて語ってみます。

お笑い芸人がネタにしているのを聞いた事が有る人も居ると思いますが、稼いだ人が何故か借金まみれに成り破産する事がよくあります。

その主な理由は、たぶん学校では本当の納税額を教えないからだと思いますし、納税額の計算式は頭の良い人が考えるので複雑怪奇で難攻不落、一般人には理解不能なブラックボックスだからなのだと思います。

例えば、1億円稼いだ人は次の年に7千万円くらいの税額を国から請求されますが、たぶん半分くらいだと思って勘違いしたまま5千万しか預金が無くて、仕方なく2千万を借金して税務署に支払い、その借金がいつのまにか膨らんで稼ぎが減った時に破産してしまうのだと思います。この税金の計算方法や対策は学校で教えてくれませんし、テストにも出ませんし、偏差値にも関与しません。その為、多くの人が勉強しないで全く知らないと思います。

だれも本当の事を教えてくれないので、7千万も支払わなければいけない理由が判りませんし、稼ぐのがバカバカしく思えてきたり、節税しようとした結果として脱税と言われてしまいます。

参考までに江戸時代の年貢を調べてみましたら、地域により産物に特色が有りそれぞれ異なる様ですが、江戸時代の年貢は概ね20%~30%の様で70%もの年貢を搾取したら一揆勃発です。

下図は概算で6千万超えていますが、稼いだ人の多くは概ね不動産や車を買ってしまうので、この図に不動産関連の税金や、自動車税などが積み重なって税額が合計で7千万くらいに膨れます。

1億稼いだ翌年の税額

下のグラフは、より一般的な100万~3千万稼いだ人が節税対策しなかった場合の概算税額のグラフです。
税額内訳

下の折れ線グラフは、100万~3千万稼いだ人が節税対策しなかった場合の概算合計税率のグラフです。ここで言う合計税率は、所得税、住民税、事業税、消費税、年金、健康保険の税率を合算した合計の税率です。底辺の貧困層は何故か重い税率(国保や年金の定額部分が重荷になる)が課税され、250~300万の収入が最も優遇されます。
税率

1千万で税率が突然跳ね上がるのは消費税が突如として加算されるからです。その為、呆れた事に900万円台の人の方が1千万稼いだ人よりも使える額(純利益)が多くなりますから、900万くらいの人が頑張って少し収入を増やし1千万を超すと翌年必ず大損します。
純利

これらのグラフを見ていると努力して稼ぐのがバカバカしくて嫌に成りますし、節税したくなる気持ちも判りますよね!?しかし、時間掛けて頭使ってちゃんと調べて節税しないと脱税として捕まってしまいますから、節税するのはとても面倒ですし、そこそこ頭の良い人じゃないと正しい節税は無理です。

税金対策に成るから!と言われて青色申告会へ参加すると、嫌がらせか?と思うくらい長時間、平日の昼間に拘束され、単調で退屈で何故?という質問が許されない解説を聞かされ、かつ、節税方法は全く教えてくれません。申告用紙が翌年から青色になり青色申告会に出頭した際の日当が僅かに出るだけです。
 
そこで、一定以上の資産家になると、専門家を雇って節税したり、タックスヘブンへ逃げる事に成ります。

・・・
結果として、庶民が頑張って稼ぐと「庶民が頑張った罰」という罰金(重い税率)が翌年強制執行されて借金を抱え破産に追い込まれ、逆に、一定以上の資産家は優遇される節税対策を行い資産を増やす構図が出来上がっていると思いますが、この事を学校では一切教えてくれません。これが、稼ぐ人が借金を抱え破産する理由で、節税や脱税(そもそも節税と脱税は同じ事ですが、節税か脱税かの判定は、最終的に裁判で決まります。この際に、優秀な弁護士を雇う事が出来ると合法的な節税、雇う事が出来ないと違法な脱税)をする理由です。
 
 
 
スポンサーサイト
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR