SuperMicro X11DPI / X11DRi Skylake-EP マザー

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------

22号機は下の写真のモデル ( 恐らく SuperMicr X11DRI ) を予定しています(未発売ですから入手出来るか不明ですが)。

私が入手した情報によりますと、SuperMicroでは既に少なくとも下記の6種の基本モデルのラインナップが量産体制にある様です。

X11DPI / X11DPL / X11DPT /X11DPU
X11DRI / X11DRU

型番末尾がUのX11DPUとX11DRUは専用ラックマウントケースとライザカードの組み合わせで2UブレードサーバにGPGPUを2枚~4枚接続するタイプ、X11DPLはPCIe x8スロットを多数装備したモデル、X11DPIは下の写真からPCIeスロットを省いた1Uブレード向けの廉価版、写真の現物はシルク印刷の通り X11DRi であると思われます。

x11dpi_mf_PR.jpg

こちらの画像は今年(2017)2月の記事で既にご紹介しましたドイツ語のサイト様から拝借したものをPhotoshopで遠近補正など行った物ですが、あれから三ヶ月経過して未だ正式発表が有りません。

説明書きには X11DPI (-T) (-N) で記載されていますが、スロット#4 と #5 の間にシルク印刷で X11DRi-T Rev 1.01 と刻印されていますので、NIC違いなどの数パターンの品が既に量産品の品質まで到達していて在庫もある程度有り、コア数や性能でガチバトルに成りそうなAMD EPYC(Naples/Zen) に被せるように発売時期を見計らっているのではないでしょうか?もしくは3D-Xpoint絡みでNVDIMM対応にマーケティング的な横槍が入り右往左往している最中かもしれません。

この世代のデュアルソケットは、CPUそのものが既に XEON Phi 並みの多コア品でありながら、それを2個搭載する前提のマザーボードですから、GPGPU不要論さえ出てきそうな演算性能に成っているはずで、それに合わせて帯域拡充の為に両社ともインターコネクトを刷新しています。

AMD EPYC (Naples/Zen) では、インターコネクトであるインフィニティファブリックとPCI-Expressの物理層を共有化し論理層で更に高速なI/Fに仕上げていますのでEPYCとVegaは物理層がPCI-Expressの接続であっても実際にはインフィニティファブリックで接続されるNUMA構成になると思われます。

対するIntelは少なくともコンシューマ向けにはAMDのGPUをCPUに内蔵するらしいので内部的にインフィニティファブリックで接続する可能性もあり、その上で更にIBMの様にnVLinkをも取り込むのか?この板の様にx16スロットを多数搭載して何を接続する前提なのか興味津々ですね。もしくは、伝統に習いとりあえず E-ATX / SSI-EEB で設計してみました的なマザーボードかもしれませんが、筆者にとっては有難いレイアウトの設計です(普段通りに組める為)。
スポンサーサイト
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR