FC2ブログ

CascadeLakeSP のTBクロック比較

中古で8コア/16スレッドのSandyBridgeハイエンドが1万円台で買える今、何の為に新世代で自作するのか???と言う気もしますが、そこは人それぞれですよね!?経済を回す為とか、技術発展の為とか、Wintelに貢ぐ為、或いは新しい物が欲しい、などなど

CascadeLakeSP.png

FP64 @ TB-ALL
 896 GFLOPS XEON GOLD 6244
1,305 GFLOPS XEON GOLD 6246
1,670 GFLOPS XEON GOLD 6254
2,150 GFLOPS XEON Platinum 8280

2テラ超えましたね。

Platinum 8268 / 8270 もグラフに掲載しようと思いましたが微妙な感じだったので消しました。
両者はTB-ALL時の演算性能が等価です。
1,997 GFLOPS XEON Platinum 8268
1,997 GFLOPS XEON Platinum 8270

CascadeLakeSP は 14nm です、チック出来なかったので世代的には SkylakeSP と同一ですがクロックが微増して命令セットも微増しています(命令セットの微増はマイクロコードを少し変えただけじゃないか?と言う気がしてなりませんが=Skylakeにも同じ命令セットを乗せられるのではと勘繰ってしまいます)。SkylakeSP は ステッピング H0 ですが、ステッピング H1 を CascadeLakeSP に名称変更しただけのリネーム品では?とも。。。

プロセス微細化により(とは言えBroadwell-EPから変化無しですが)、

良い面:
  コア数増(もしくは機能強化)
  消費電力減(もしくは高クロック化)

悪い面:
  絶縁破壊(TDDB)による寿命短縮
  エレクトロマイグレーションによる寿命短縮
  ※両者とも微細化と高クロック化(電圧盛り)で加速する(高温でも加速)

売る側が悪い面をアピールする事は有り得ませんので殆どの人が悪い面に付いては知らないと思いますが、、、

最近の XEON が Core i シリーズに比べてクロック低め設定になっているのは、上記の悪い面を緩和する為ではないかと言う気がしてなりません。

物理的な寿命は 32nm のSandyBridge の方が 14nm の Skylake/CascadeLake より長いのかもしれません(発売日起算ではなく、今を起点にしても)。

性能と耐久性が程良くバランスするポイントは、どの辺りなんでしょうね?同様の事はCPUのみではなくGPU/メモリ/チップセット/NICなど多くの半導体(特に微細化され、かつ高発熱の物)でしょうね・・・
あまり寿命が長いと売る側は困るので、そこそこ短命にしておかないとなんでしょうけど、、、 14nm の技術で 32nm の製造をすれば、より長寿にはなりそうな気はします。

メモリスロットに挿すタイプの 3D-Xpoint は、一般向けには CascadeLakeSP/AP からですが、例えば SAP HANA が既に対応済みになっているのは SAP の開発者向けには SkylakeSP に 3D-XPoint 対応したマイクロコードを配布してあった為と思われ(そうでなければ開発出来ない)、つまり SkylakeSP の市販品は機能制限版であり CascadeLakeSP がフルスペック版というnVidiaと同じ様な売り方をしているのではないかと思うのです。。。
スポンサーサイト
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて二十数台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です(以降、Bull/nano/Ryzenと数台仮組レベルで組んでいます)。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR