LOST PLANET 2 Benchmark が D3DCompiler_42.dll ・・・

ロスプラ2のPC版ベンチマークを試してみました。

LOST PLANET 2 Benchmark
http://www.nvidia.co.jp/object/games-lostplanet2-jp.html
LP2.jpg


後ほど他のPCでも試してみますが、とりあえず始めは私のPCの中では一番適していると思われる13号機で試してみました。

と、そこで、いきなり2点ほどバグを発見w
対策も判りましたし、まぁV1.000ですから仕方ないですねw

1:本体バグ
  6コアXEON 56xx系でHTをOnにしますと24コアになりますが、
  この状態でベンチを実行しますと12コアが負荷100%の状態で暴走しますw
  対策は、HTをOffにして12コアに減らして再起動しますと正常動作可能です。
  CAPCONの機軸を成すフレームワークが12コア以上のCPUに未対応かと・・・
  6コアXEONでゲームをするユーザは少数派だとは思いますが、コアな
  ユーザーでもあると思いますので、対策を期待します。

2:インストーラバグ
  DirectXの必要なランタイムをインストーラがインストールしない為、素の状態
  のOSにベンチをインストールして実行しますと D3DCompiler_42.dll が無い
  という趣旨のエラーで実行出来ません。(DX9の場合は D3Dx9_42.dll )
  対策は、MicrosoftからDirectXのエンドユーザランタイムをダウンロード
  して実行→インストール後にベンチを起動しますと、問題なく動きます。
  注意して欲しいのは、不用意にMicrosoft以外のサイトからDLLのみを
  持って来てしまうと内部不整合が起きたり、マルウエア系に感染するかも
  しれませんので、可能な限り上記リンクなどでMSDNから入手して下さい。
  これは、一般に問題化すると思いますので、たぶん早々に対策されるとは
  思いますが・・・

追記:
問題3:インストール直後の状態と初期設定値が異なる。
  インストールして何も設定を変えていない状態と、PC SETTING画面で初期設定を
  クリックした時の設定が異なります。
  詳しくは忘れてしまったのですが・・・DX11の設定が初期状態だと無しかLOW
  だった(変更した記憶が有るので)はずなのですが、初期設定クリックでHIGHに
  なります。
  他の項目も何箇所かHIGH以外の項目が有った筈ですが全てHIGHになってしまい
  ます。

隠し機能?:
  NOW LOADING中にESCキーを押下すると、有る者が登場するかも?


さて、実行結果ですが、
CPU:XEON X5670 x2 @2.93GHz
MEM:24GB(DDR3-1333 4G ECC Reg x 6)
GPU:GeForce GTX460 1G @定格
PPU:GeForce GTX460 1G @定格(PPU専用設定)
OS:Windows 7 64Bit
DirectX:11
解像度:1920x1200
画面モード:フルスクリーン
ディスプレイ周波数:59.95Hz
垂直同期:off
アンチエイリアス:CSAA32X
モーションブラー:on
影品質:HIGH
テクスチャ品質:HIGH
演出レベル:HIGH
DirectX11 Feature HIGH

テストタイプAの結果
 RANK-C 24.7fps
 シーン1 27.1
 シーン2 20.7
 シーン3 27.1

テストタイプBの結果
 RANK-C 20.5fps

追記:
 上記のアンチエイリアスをOFF(デフォルト)にするとRANK-Bになりました


 RANK-Aにする為には、下記の設定変更が必要でした。
 (もう少しベターな設定が有るかも?)
 影品質:MIDDLE
 テクスチャ品質:MIDDLE
 演出レベル:LOW
 DirectX11 Feature:NONE

 テストタイプAの結果
  RANK-A:75.8fps
  シーン1 78.4
  シーン2 76.5
  シーン3 76.1

 テストタイプBの結果
  RANK-A 75.2fps

テストBはゴジラやモスラやガメラ系の映画を見ているような気分になりますね。
但し、設定を下げるとゲームの雰囲気になってきます。
逆に言うとDX11は映画クオリティをゲームで実現出来ると言えそうです。

fpsのデフォルトが30を基準にしているのも映画の雰囲気を演出する目的なのかなぁ?
(平均スコアによって基準値が変わる?)
製作者に聞いてみたいw

全てを高設定にして快適にプレイするにはGTX480あたりのSLIが必須かも?
逆にエフェクト系を低い設定にすればミドルクラスのグラボで十分対応出来そうです。




 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR