PentiumIIIでCUDA/OpenCL

迷いました・・・

P3DREは、Vista以降のOSがチップセットに中途半端な対応してるので困ったことになってます。
DSC00430.jpg

現在の構成
 M/B:SuperMicro P3DRE
 C/S:i840/82801AA(ICH)/82806AA(P64H)/LPC47B27
 CPU:PentiumIII-S 1.4/MS-6905 Master改+370-GU x2
 MEM:PC-800-45 ECC RIMM 512MB x4 2GB
 AGP 4x:無し(*1)
 PCI-1:CMI8738デジタル音源ボード
 PCI-2:USB2.0(NEC)/IEEE1394(Ti)
 PCI-3:ARC-1120
 PCI-4:GeForce 8600 GT 256MB
 PCI64/66-1:無し(*1)
 PCI64/66-2:無し(*1)
 *1:WinVista/Win7 でチップセットドライバがリソース競合を起す為

P3DRE-SystemBlock.jpg

Windows7エクスペリエンスインデックス
E-IDX.jpg

エクスペリエンスインデックスは10年前のPCにしては、上出来だと思います。

GPU-Z/CPU-Z
GPU-CPU.jpg

GPU-Zでは、OpenCLとPhysXにチェックマークが付いてませんが基礎技術のCUDAにはチェックが付いてますね・・・
しかしOpenCLはちゃんと動きました。

OpenCL帯域(Windows7)
ホスト→デバイス:95~105MB/s
デバイス→ホスト:100~115MB/s

OpenCL帯域(WindowsXP)
ホスト→デバイス:55~65MB/s
デバイス→ホスト:100~115MB/s
※なぜかXPだとホスト→デバイスが半分程度に落ちるorz

冒頭でも書きましたが、とても迷いました・・・

WindowsXPであればAGP 4xと64Bit-PCI/66MHzが正常動作するので、グラボやRAIDカードがそれなりに性能発揮してくれるのですが、Vista/7ではリソース競合で正常に動作してくれませんorz

それにOpenCLを動かしたいという事に成るとまた違った問題が有ります。

AGP版のHD4670やHD4650がXPでは問題無く使えるのでATI-StreamSDKを使ったOpenCLが動きそうなもんですが、ATI-StreamはSSE2に対応したCPUを積んだPCでないと動作しない為、PentiumIIIでは動作しないようです(詳しく調べれば回避策が有るかもしれませんが・・・)

そこで、AGPと64Bit-PCIをきっぱりあきらめて、冒頭の構成になりました・・・って、これじゃあP3DREの良い所がまるで発揮出来ないじゃぁありませんか・・・

そこで、グラボを改造してみることにしました(爆)
DSC00431.jpg
DSC31.jpg
この切り欠きは、本来は3.3V信号を示すものですが、66MHz以上で動作するスロットは3.3V信号が必須だと規格書に謳われている為、これが無いと66MHz以上で動作するスロットに刺さらないのです。

改造に取り掛かった理由は、ブリッジちっぷが66MHz対応だったので、もしや?と思ったのがきっかけです。
BC.jpg

結局、改造すれば66MHzでも動作する事が確認出来ました・・・
OpenCL帯域(WindowsXP)
ホスト→デバイス:55~65MB/s → 135~145MB/s
デバイス→ホスト:100~115MB/s → 195~200MB/s
帯域も順当に、そしてデバイス→ホスト間では理論値に近い値が出ています。
5号機(Tyan TigerMPX)の66MHzスロットに刺したGeForce9500ですと150MB/sしか出ませんので、こちらの方が約25%ほど効率が良さそうです。

ですが、やはり64Bit/66MHzスロットはVista/7では競合で動きませんorz

まだ悩んでしまいますね・・・

Vista/7で競合問題に対応したドライバが出てれば良いのですが、探しても出てきませんorz
Intel 82801AA
Intel 82806AA
この二つ又はどちらか片方のドライバの問題と思うんですが・・・

追記(謎)・・・
AGPスロットにGeForce6200A、PCI-64/66スロットにGeForce8600GTを挿してWin7を入れドライバをあてると、GeForce8600側のみが動作します。但しOS側にはGeForce6200Aとして認識されていますw
これって、どういう事なんでしょうね???
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR