フルハイビジョン動画再生試験@13号機

今日から数日間、筆者所有の自作PCでフルハイビジョン動画を再生して負荷状況を見てみることにしました。

とりあえず、手始めは13号機です。

再生中の動画は著作物の為掲載できず、しかたなく別ディスプレイで全画面再生し、計測関係のスクショのみとしました。
13G.jpg
※CPU-Zは2重起動で挙動不審になり表示も一部歯抜け状態になりました。

さすがに13号機にとっては余裕の様です。
サムネイル表示をしてもCPU負荷は1~3%程度で、サムネイル表示をしないと0%まで落ちますw
但し、件のハルヒ動画はGPU動画支援の負荷が99%に達する事もあり、サムネイル表示をするとフレームスキップが発生しました。
複数動画の平行再生なんかを1GPUにさせるとコマオチ多数でそうですね。
追記:
サムネイル表示のフレームスキップは、異なるGPU間で再生とサムネイルを別々に表示した場合にのみ発生していました。
つまり、GPU-AとGPU-Bが有ったとして、GPU-A側で再生支援が効いている時にGPU-B側に接続したディスプレイでサムネイルを表示した時にのみフレームスキップが発生していましたが、一つのGPUで両方表示している場合は問題ありませんでした。13号機はSLIが組めないので判りませんがSLIを組んだ場合は違った結果になるかもしれません。
試しにDxRec2というFPSが計測出来るソフトで測定してみましたら59~60FPSの間を行ったり来たりで、コマ落ちといっても秒間60のうち1つ落ちている時と落ちてない時があるというレベルでした。再生している動画は60FPSの動画です。フイルム映画やDVDなどは30FPS程度ですから、その倍の速度で4倍以上の粒度の映像を再生している訳ですから、通常の視聴には問題ありませんね。しかし、このソフト突然500FPSになったり100FPS前後を推移したりと表示が信用出来るか?若干不安ではありますが・・・
しかし、以前はもっとギクシャクしたような印象もあったので、もしかしたら別の要素かもしれません。

追記2:
もう少し負荷を上げようと思い、下記①~④を全て同時にしながらハルヒ動画も同時に再生してみました。
①ウイルスのフルチェック
②エンコード2本
③YouTubeのハイビジョン動画2本同時再生(720p設定で)
 http://www.youtube.com/watch?v=FoA9M8Wobfg
④上記③のサムネイル表示
結果、CPU負荷が30%程度まで上がりましたが、ハルヒ動画は今まで通りに再生されました。


グラボ2枚にそれぞれ別のディスプレイをつなぎ、そのディスプレイ間を再生しながら移動すると動画再生支援の負荷がGPU間で移動するのがハッキリ判ります。
GPU間をマウスでドラッグして移動中にも再生が継続されてるところは凄かったですが、お見せ出来ないのが残念です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR