続、キワモノ、つまり人柱er製造機

※ここに書いてある様な状況は初期のロットだけで、現在流通している物は執筆当時よりも良好な状態という情報が有ります。

こちらで類似品との比較なども行っています。

以下は、発売当時の初期ロット品で筆者が体験し感じた事を、そのまま掲載しています。




昨日の記事の続編です。

昨日Amazonさんに交換依頼を出しましたところ、今朝、返品物を取りに来て、昼過ぎには新品が到着しました。
Amazonさんの迅速な対応には敬服致します。m(_ _)m

まず、結論から先に書きますが、本日初期不良交換して返ってきた新品2個のうち、1個は動作しました。
(もう1個も後ほど気付いた箇所を補修をして動作する様になりました)
しかも440BXマザーのKP6-BSでUSB3.0カードを認識しました。

USB3.jpg
※このCrystalDiskMarkの結果は、USB3.0経由でつないだX25-M(使い込んでかつトリムしてない状態)のベンチマークです。

また、改造してGTX460で試す予定ですw

そして残念ながら、もう1個は動作しませんでしたので再度返品交換しようと思います。後ほど自分で補修しました。

以下、本日の詳細です・・・・

交換対応で新しく届いた品を開封してみますと・・・
DSC00510.jpg

こんな感じで、片方は至る所で見た目では完全にハンダがブリッジしちゃってます。
DSC00502.jpg
(ですが、実は動作したのがこちらの方ですw)

もう1個の方は、薬品か何かで処理したような感じでチップの印刷が消えていましたが、ブリッジしてるのは目視では一箇所だけでした?

DSC00503.jpg
更に、薬品で処理した後に布で拭いたらしく、繊維がいたる所に付着していて、チップの足が一本断線しているのが電子部品用の拡大鏡で確認出来ました

とは言え、他の部分は昨日の物よりブリッジが少なく、比較的綺麗にハンダ付けされている部分もあります。

DSC00505.jpg
って・・・あれ?
筆者は、比較的綺麗な部分やブリッジしてない部分が有ったので安心して嬉しくなってしまいましたが・・・

いかんいかん、そうじゃないですよね?

本来、ハンダブリッジは一箇所たりとも有ってはイケナイ訳ですよ。
そんなのが有ったら、ショートしちゃうわけですから。


普通は、この写真(写真はセンチュリーのUSB2.0カード)の様に
DSC00516.jpg
たとえ鉛フリー半田であったとしても、綺麗にハンダ付けされているのが当然な訳です。

そして、通常のPCパーツは、この写真(写真はHIS RadeonHD4350 PCIの基板裏側)の様に
DSC00511.jpg
動作確認をした証として、クオリティチェックを誰がいつやったか判るようにシールを貼ったりする訳ですよ。
その結果、新品であってもPCIスロットに挿した痕跡が端子に残っている訳ですが、今回購入しました玄人志向PCIEX1-PCIにはそういったものが一切有りませんから、最初からノーチェックで適当に作ったか、或いはStarTech品の選別漏れしたものを横流ししているとしか思えません。

関西弁風に書きますと、「言うたらあれやね、数年前の食品偽装問題みたいなもんや」って何故関西弁か不明ですがw

さて、Amazonさんに迅速かつ丁寧に交換してもらった訳ですが、この新しく届いた物体を筆者はどうしたらよいでしょうか・・・

①捨てる
②捨てる
③捨てる


気分的には、①~③のどれかを選択したいのですが、もう一度だけAmazonさんに交換依頼を出してみようと思います。なんか、はたからみたら、ただのクレーマーに見えちゃいそうで嫌な感じでもあるんですが・・・もう一回だけトライです。
追記:
動作しなかった1枚も自分で補修して動作する様になりました。


しかし、これじゃぁ、目が悪い人や、あまり詳しくない人にとっては「やっぱりキワモノは相性がキツイなぁ」とか「キワモノなんだから動かなくても仕方ないよ」とか「相性か初期不良か判断できないよなぁ」といって済まされてしまいそうですよね。

でも、これは明らかに初めから動作しない不良品をつかまされた訳ですよ。

ていうか、不良品を多数含んでいるからキワモノなんですか?玄人さん?

DSC00512.jpg
えぇ、そうですとも、私がその人柱の一人ですよorz
なかば自虐的になっております・・・

自虐的に成ったついでに、昨日の失敗や、目視でハンダブリッジしているように見えているにも関わらず、再度動作検証してしまいました。

もう人柱に成る為に産まれてきたようなもんですねorz

ですが、昨日と違って、今日のはOSが起動してブリッジチップを認識しました!

ま・じ・で?

こんなのが動いちゃっていいですかね・・・

本来はグラボ用に買った訳ですが、PCIe x1専用設計になっていますので、グラボを挿すには改造が必要です。
ですが、動作検証が終わる前に改造するのはリスクが高いので、まずはUSB3.0で試しました。

すると、USB3.0は認識しません・・・

あれ?やっぱりだめかなぁ?と思いつつ、もう一枚で試したところUSB3.0を認識しました
これで一枚はまたしても初期不良確定ですね・・・

動作したほうは、その後、順調にドライバのインストールが出来まして、USB3.0経由でX25-Mを接続してみました。
下のスクリーンショットはCrystalDiskMark3.0gでUSB3.0経由で接続したX25-M(使い込んでかつトリムしてない状態)のベンチマーク結果です。
USB3.jpg
ブリッジを経由しているにしては、なかなかの速度ではないかと思います。

ちなみに同じマザーボードにEVGA GeForce8400GS PCI版を挿してCUDAでのデータ転送帯域を調べますとCPU→GPU間が55MB/s、GPU→CPU間が75MB/sでしたので、このCUDAのメモリ間転送より玄人志向PCIEX1-PCI経由のUSB3.0の方が若干早い結果です。(もちろんEVGA GeForce8400GS PCI版もブリッジ経由ですからメモリ間転送とは言えボトルネックはブリッジですから似たような条件です)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんか

いろいろと素晴らしいです(^^;

いい意味でも悪い意味でも・・・

Re: なんか

久しぶりに、自作してる感を体験しましたw

あぁ、なんかやっぱキワモノ好きかもw
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR