HD5870 Eyefinity6 で ATI-StreamSDK2.2 を使って OpenCL 1.1

最近、少しOpenCLから遠ざかっていましたが、手持ちの自作PCを全てOpenCL対応にする事を目標に奮闘してます。

今回のターゲットはサーバーを引退した12号機です。

12号機は、元々QuadroNVSだったのでOpenCL用に使えそうなグラボとしてHD5870に変更しました。筆者の現在の自作PCの構成をみますと、AMD/ATI系GPUの割合があまりに少ないのとHD4xxx世代は既に7号機で使っていますしHD6xxx世代は未だリネーム品しか販売されていませんのでHD5870 Eyefinity6を選択しました。Eyefinity6にした理由はメモリを2GB搭載している事と排気ダクトが広く冷却効率が良さそうだからです。2GPUのHD5970と迷いましたが、HD5970は以前購入した時に発熱が凄かった記憶があるので今回はやめておきました。

現在の構成
 M/B:SuperMicro X7DCA-L
 C/S:Intel 5100/ICH9R
 CPU:XEON E5450 x2
 MEM:PC2-5300 ECC Reg 4GB x4 16GB
 PCIe x16:Radeon HD5870 Eyefinity6 Edition
 PCIe x4:無し(ヒートシンク)
 PCIe x8:Areca ARC-1680ix-12 4GB-Cache
 PCI:IEEE1394(TI)
12G-EI.jpg


帯域は11号機と同程度で、

 ホスト⇒デバイス間 1.3GB/s
 デバイス⇒ホスト間 0.8GB/s
 ※PCIe Gen1世代のチップセットです。

12号機は帯域を絞った低発熱チップセットですので仕方有りませんね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とりあえず

HD 6000系を単なるリネーム品だと思っているのは大間違いですよ、とだけ申し上げておきます。
#ちょっと調べれば判ることなのになあ…

Re: とりあえず

> HD 6000系を単なるリネーム品だと思っているのは大間違いですよ、とだけ申し上げておきます。
> #ちょっと調べれば判ることなのになあ…

コメント、有難うございます。

動画支援系がUVD2.2→UVD3に成った事と、消費電力が削減された事は存じておりますが、OpenCLに関係しているコアな部分のアーキテクチャに変更が無い為、私にとってはリネーム品な位置づけです。ていうか、感覚的にはHD5860とかHD5845みたいなネーミングの方が、しっくりします。

このブログでは動画系のネタをかなり掲載してはいますが、それはデュアルソケットワールド的な視点では寄り道的な事で、実際、私の生活の中でのハイビジョンはAQUOSと専用プレーヤーで視聴していますので、PCを使ったハイビジョンの視聴やぶっこ抜きとかPT2とか・・・そういった事はしないので、あまり積極的には取り組んでいません。確かに440BXでフルハイビジョンが再生出来た時には感動しましたが・・・

と言う事で、UVD3に成った事は、私にとっては何のメリットも無く、従ってリネーム扱いです。

私がHD6xxx系で買おうと思っているのは、HD69xx系のコア・アーキティクチャに大きな変更がある方です。
HD69xx系は、13号機でCFXか、もしくはG34の2ソケットマザーで新規に組もうかと思っています。

No title

UVDだけの問題じゃなくて、一応SPの構成そのものにも手が入ってるんですが。<68xx
ま、素人故この辺がOpenCLに影響をどう及ぼすかまでは知りませんが、誤解を生むような表現は避けていただきたいというのが本音ですね。
NVのリネーム商法とは在り方が違いますんで。

Re: No title

何度も丁寧なコメントありがとう御座います。

SP構成の変更といっても、基本アーキに変更が無いのでCPUで言えばステッピングが変更になってSSEのバージョンが1コ上がった程度の差でしかありません。

> NVのリネーム商法とは在り方が違いますんで。

代表的な例として、Radeon HD6390 は HD5550 の完全リネームというnVと全く同じ商法が採用されているのも事実です。

nVで言えば、G8x系とG9x系コアはほぼ同一アーキですが、次のGT2xxで大きな刷新があり、次いでGF1xxでまたアーキが大きく刷新された訳です。

今回のHD58xx系とHD68xx系の関係は、ちょうどnVのG8xとG9xの関係に似ているような感じです。といってもプロセスシュリンクは無く、変わりにブラッシュアップが有った訳ですが。

それに対してHD68xxとHD69xxの差は、nVで言えばG9xからGT2xxに変わったくらいのアーキ上の大きな違いが有る訳です。

以前のATIであれば、まず初めに今回ので言えばHD69xxを出して、それの劣化版やブラッシュアップ版やシュリンク版をミドル~ローに持ってきていた訳ですが、今回の出し方は、本来HD5860とかHD5780とかの名前で出されるような製品を、いきなりHD68xxに持って来たがために、消費電力を除いた性能では前世代(と言うかアーキ上は同一世代)より劣る結果になっています。

これをリネームと言わずして、なんと表現しましょう?

No title

これは失礼いたしました。
HD 6390については完全に情報不足でした。

ですが、ブラッシュアップそのものは成されているのですし、NVでもG8xからG9xへの世代交代をリネームと評した話はトンと聞きませぬ。
元々58xxとほぼ同程度の性能(少なくともベンチを見る限りでは「明らかに劣った」コアではありません。テストによって結果にばらつきがありますから)を、レンジとして本来あるべき価格帯に下ろす為の改良であることはAMDの明言するところですので、やはりリネームと呼ぶのはどうかと思いますが。
#まあ、これ以上お話しても平行線になりそうなのでこの辺にしておきます。

Re: No title

> NVでもG8xからG9xへの世代交代をリネームと評した話はトンと聞きませぬ。

そこですね・・・
そこが一番のリネーム騒動の発端ですよ。
プロセスシュリンクだけで、中身は一緒とか言われてGeForce9600(G92)はGeForce8800(G92とG80混在)のリネームだとか、G86なのにGeForce9400とか、逆もしかりでG98なのにGeForce8400だとか、G8xからG9xが最もリネームで騒がれた世代です。
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR