LuxMark と言う OpenCL ベンチマーク

こちらの記事にOpenCL系ベンチをまとめていますので参考にして下さい。

OpenCLを使ってレイトレーシングのレンダリングを行うベンチマークソフトのLuxMarkを試してみました。(現在リンク切れ? -> リンク回復した様ですDNSの問題の様ですからアクセス出来ない人は 69.163.243.222 www.luxrender.net を hostsファイル(%SystemRoot%\system32\drivers\etc\hosts)に追加すると見れると思います < みさき氏に感謝)
LuxMark.jpg
※やはりハリボテ3Dと違ってレイトレーシングは実写の様なCGに成りますね。

結果---
 13号機のCPUスコアが結構凄いですw
 筆者所有限定で浮動小数点の並列演算性能を順番に並べると
 RadeonHD6970 > RadeonHD5870 > XEON-X5670 > GTX285 > XEON-E5450 > GTX460 > Opteron290 > XEON MP 3.0GHz
 の様にCPUとGPUがなかなか良い勝負をしている事に成りますね。

 以下、結果詳細を各機ごとに書いています。

14号機:XEON LV 2.0GHz(Sossaman) x2 + S3 Chrome 5400E x1
 動作せず・・・OpenCL.dll がグラボドライバに入ってないorz

13号機(旧):XEON X5670 x2 + GeForce GTX460 x2
 6440 Native CPU(Westmere 24-HT-Core 2.93GHz)
 3520 OpenCL GPU(GTX460 x2)
 ※ CUDA ラッパーの nVidiaドライバ付属 OpenCL は CPU に非対応です。

13号機がメインとしてはショボ過ぎたので少しだけPowerUPしてみました。

13号機(新):XEON X5670 x2 + Radeon HD6970 x1
 6378 Native CPU(Westmere 24-HT-Core 2.93GHz)
 6169 OpenCL GPU(HD6970 x1)
 7237 OpenCL CPU(Westmere 24-HT-Core 2.93GHz)
13297 OpenCL GPU+CPU(HD6970 x1 + Westmere 24-HT-Core 2.93GHz)
 ※ Radeon は FUSION が有るので OpenCL で CPU と GPU の両対応です。
   しかも Native CPU より OpenCL CPU スコアが高いという・・・

12号機:XEON E5450 x2 + Radeon HD5870 Eyefinity6 x1
 3391 Native CPU(CoreMA 8-Core 3.0GHz)
 4110 OpenCL GPU(HD5870 2GB x1)
 2958 OpenCL CPU(CoreMA 8-Core 3.0GHz)
 5001 OpenCL GPU+CPU(HD5870 x1 + CoreMA 8-Core 3.0GHz)

11号機:Opteron290 x2 + GeForce GTX285 x2
  954 Native CPU(AMD K8 4-Core 2.8GHz)
 4101 OpenCL GPU(GTX285 x2)

7号機:XEON MP 3.0GHz 4M-L3 x2 + Radeon HD4670 AGP
  408 Native CPU(NetBurst 4-HT-Core 3.0GHz)
    0 OpenCL GPU(HD4670 AGP)
  397 OpenCL CPU(NetBurst 4-HT-Core 3.0GHz)
  397 OpenCL GPU+CPU(HD4670 AGP + NetBurst 4-HT-Core 3.0GHz)
 ※AGP版 HD4670 は OpenCL のメモリ転送容量が Aperture Size で制限されるので
  その関係で結果がゼロに成ってしまうのかも?

6号機:PentiumIII-S 1.4GHz x2 + GeForce 8600 x1
 LuxMarkが異常終了しましたorz
 Exception Information
 Code: 0xc000001d Flags: 0x00000000
 ※このExceptionCodeは CPU が対応していない命令を実行しようとした場合に発生しますので、LuxMarkがPentiumIIIに非対応なのだと思われます。LuxMarkの元になったLuxRenderではSSE2を利用している様ですので恐らくLuxMarkもSSE2を利用していて、それが原因だと思われます。実はLuxMarkのソースも入手済みなのでPentiumIII対応改造も出来る可能性があります・・・と言いますか、LuxRenderの方はSSE1対応版も有りますので、結構簡単に構築出来るかもしれません。

5号機:AthlonMP 2800+ x2 + GeForce 9500 x1
 5号機自体が起動してくれませんorz
 一昨日使いましたが、その時は問題無かったのに・・・
 しかも予備機も起動しないんですよ。何故でしょう???
 3枚目の保守予備マザーで試してみるかも? 
 ちなみに5号機が起動しても6号機と同じ理由でLuxMarkが異常終了すると思われます。
 追記:
 復活し起動しましたが、やはり6号機と同じ理由で異常終了しましたorz
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR