究極?自作PC オンボードUSBの実装とコンデンサ交換

この究極?自作PCシリーズは、今から約13年前の私が自作PCに憧れてはいたものの当時は貧乏で手にする事の出来なかったDUAL Socket7 マザーのATX586を、ある事が切っ掛けで約13年を経た今になって偶然手にした事からスタートしました。

今回は、オンボードUSBの実装とコンデンサ交換です。

オンボードUSBの実装と言いましても、回路自体はUSB1.1相当(発売当時はUSB1.1の規格策定中だった)と思われる回路が元々完成しており、最後のピンヘッダ実装のみ省略されていたのを実装しただけの簡単な修正です。

BEFORE
ATX586_USB_BEFORE.jpg

           

AFTER
ATX586_USB_AFTER.jpg

それと、ついでにUSB脇の電解コンを固体電解に交換しておきました。

USBのすぐ脇にある元が大きめの電解コン2個は、USB電源(Vcc 5V)の出力平滑で、パラでセラコンが入っています。
その更に右側にある元が小さめの電解コン4個は、ATX電源の入力平滑で、そのままPCIスロットやISAスロットの電源ピンに接続されて、そこから更に伸びて最後にファン電源に配線されています。

これ以外にも、ついでにPCIやISAスロットやサウス周辺の他の電源平滑/電源ノイズ対策の電解コンを全て固体電解に交換してしまいました。

この状態で再度まな板上でPCを組み直しましてUSBを配線してみましたところ、WindowsXPで問題無く動作し、USBメモリの読み書き切断がスムーズに出来ましたのでUSBに付いては満足です。

それに今まで時々あったOSフリーズですが、修正後はOSフリーズが今の所まだ発生していませんので、もしかしたら電解コンの交換が効いたのかも?しれません。操作も若干軽くなった様な気がしますし、何より実際にDPCLatencyの値が少し下がりましたから効果が有ったのだと思われます。

ところで、このATX586には幾つかロット違い/リビジョン違いが有るようで、少なくとも3種類を確認しました。

マニュアルには、BIOS-ROMチップは2Mと書いてあるのですが、手元の物は1Mでしたので何かを削った安価バージョンと言う可能性もあります。

下の画像は、私の所有するATX586(入手した時のオリジナル、但し撮影直前にBIOS-ROMをバックアップして差し替えてあります)
ATX586_ORG.jpg

下の画像は、Webで見つけた、他の方が所有すると思われるATX586(こちらもオリジナルと思われる)です。
ATX586_ORG2.jpg
ざっと見ただけで私のATX586との違いは、
1:PCI/ISAスロット周辺やサウス周辺の電解コンが全てタンタルコン。
2:VRMのコイル巻き数が異なる(色も異なる)
3:VRMのスイッチFETに冷却用と思われるネジが付いている
4:L2キャッシュのチップが異なる。
5:USBピンヘッダが元々実装済み

下の画像はTAKEN(今は無きマザーボードメーカ、ATX586の産みの親)のHPに掲載されていたと思われる画像、サンプル又は何処かのOEMかもしれない。
atx586.jpg
これはもう回路パターンが随所で異なりますので、量産前の試作品の可能性もあります。
VRMが全く異なり、私の物にはSC1150と言うPentiumPROを想定して設計されたドライバを使った降圧DC-DCコンが実装されており、これが3.3V⇒2.8Vを生成していますが、この写真のマザーには実装されていませんので、恐らく3.3Vにしか対応しておらずMMX-Pentium登場前の設計ではないかと思われます。
また、ボタン電池周辺の回路パターンも大幅に修正されている様ですし、L2-SRAMの上に何らかのICが見受けられます。他にVRMとノースの間にあるSIMM関係らしきICが見当たりません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR