ATX586でのPCIグラフィックカードの認識問題 #2

何故今?と思うかもしれませんが・・・

初期のPCI、つまりAT時代の本当に初期のPCI搭載マザーに適したグラボを発見したからです。

本当はBIOSを修正して対応するつもりですが、CUDA/OpenCLがP6必須だったのでBIOS修正は優先順位が下がりまして、とりあえず、しばらくは・・・ということで・・・

ZT-62APH2N-HSL
DSC00922.jpg

他にもIODATAのGA-6200A/PCIなんてのもあり、搭載メモリやメモリバンド幅はこちらの方が低いのですがトータルパフォーマンスはZOTACの製品より高いという逆転現象が起きます。但しIODATAの製品は搭載メモリ容量が若干少ない為に動作しないアプリや極端にパフォーマンスが落ちる事もある為、筆者はあえてトータルバランスの若干悪いZOTACの製品を薦めます。
※ていうか、宣伝してるみたいですが、アフィリとか一切してません。念の為・・・

もう、お気付きの方も居ると思いますが、GeForce6200A搭載のPCIグラボです。
6200AはAGPにネイティブ対応したチップですので本来はAGP専用ですが、AGPとPCIはプロトコルが共通で電圧とクロックが異なる(他にメモリアクセス関連の拡張が有りますが割愛)だけの為、PCIブリッジを経由せずとも電圧変換を咬ますだけで動作するという抜け道的な実装手法が有り、それを採用した製品です。
DSC00923.jpg
この赤丸で囲ったチップが信号電圧変換の様です倍率変換かも?
型番を見ると PI5C 16211AE と書いてありまして、24-BIT BUS SWITCH というチップで、DigiKeyで単価183円(関税込み)で入手可能な比較的安価なチップの様です。製造元はPCIブリッジも製作しているPericomで、これが2個乗っていますから合計48Bitのスイッチで、パターンが基盤面上にありますので容易に追えそうです。面倒なのでしませんがw

その為、旧いマザーに適している(と思われる)事を書きますと、

1:PCIブリッジ非搭載でシングルファンクション
 このおかげで、ドライバインストール不良が発生し難い、というか今売ってるグラボがほぼ全滅なATX586やP65UP5でも問題なく動きました
 この記事で以前書きましたが、PCIが登場したての頃は未だPCIブリッジの仕様が曖昧で、Rev2.1以前のマザーではブリッジ搭載製品が正常に動作しない事が多くPCIブリッジ非搭載のシングルファンクションは非常に有り難い存在です。

2:Win95~Win7までのドライバが全て揃っていて、今でもDL可能
 もちろんLinuxのドライバもあります。その為、グラボの為にOSの制限を受ける事がありませんので古いPCのパワーアップに最適です。

3:DirectX 9.0cにネイティブ対応
 古いPCにはDirectX9.0c対応くらいまでがバランスが良いと思います。
 実はATX586でGeForce8400GSを動かしてCUDA/OpenCLをという小さな野望も有ったのですが、CUDA/OpenCLのドライバがP6以降必須だった為に、あっさり諦めたという事情もあります。

4:ファンレス低消費電力
 電力食いなグラボはAT世代マザーには色々な理由から適しません。

5:PureVideoを搭載、DVD程度なら再生支援が効くかも?
 さすがにハイビジョン動画には基本的には対応してませんが、DVD程度なら再生出来る様に成るかもしれません。

これで3.3V不要だったら最強なんですが、その点は未だ調べていません。
筆者は漏れなく3.3V対応改造をしてしまうので・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR