SYSmark の開発元 BAPCo からの AMD/nVidia/VIA 3社脱退の意味

そもそも、SYSmarkのみならず他のベンチマークでも何らかの資本注入や支援金等の名目で金の流れがあり、公平であるはずのベンチマーク中に特定企業のロゴマークが登場したり、その金の出所に有利なベンチマーク結果が導き出される様にバイアスが掛かっている事が一般的で、その事に気付いていない、或いは気付いていても何故か普及したベンチマークを信じてしまうのが大多数の一般的な消費者であり、特に日本人は周囲と異なる事を避けて通る人々が多い為、他の諸外国とは異なるマーケティング戦略が採られている事も事実で、ある意味では洗脳し易く、逆の意味で洗脳し辛い要素を併せ持っていると思います。

いきなり迷走している様な文章から記事がスタートしましたが、SYSmarkからの3社脱退から、大きな変革と対立構造の分岐点に差し掛かっている事がヒシヒシと伝わってきます。

恐らく、

x86拡張 vs ヘテロジニアスメニィコア

の対立が鮮明になりつつあり、Intelの圧力でSYSmarkがAVX寄りに傾いたのだと思われます。

これにより、保守的な人々はIntel一択の考え方をより強化するかもしれませんし、合理的に考える人はAMDやnVidiaに傾く割合が多いのではないかと思います。特に大学の研究室などではAMDやnVidiaの採用率が今以上に伸びるかもしれません。

但しVIAの立ち位置は微妙で、VIAはGPGPUに積極的でない(もしくは技術力不足でGPGPUが実現出来ていない)のが現状で、AVX互換命令を実装する方向なのか、Chromeを強化してOpenCLやC++AMPに対応してゆく方向なのかが、筆者には未だ見えていません。

もちろんAMDはAVXを互換性維持目的で次期アーキテクチャで導入予定ですからAVXはIntelでしか動かないという訳ではないのですが、AMDがSIMDの主軸に据えているのはFUSIONであり、nVidiaもご存知の通りCUDAで、JITやランタイムを交えたヘテロジニアスメニィコアを推進させようという勢力と、Intelの牙城であるx86のみを今後も推し進めるIntelとの対立という図式になりそうです。

過去にAMDは MMX-SSE vs 3DNow! で敗北していますが、何も実績が無く登場した3DNow!とは異なり、今回のFUSIONには過去にRadeonHDやFireProやFireStreamで養われて来たGPGPU(と言っても日本市場は特異点ですが)の実績があり、海外では高い評価を維持しています(日本でもゲームに限ってはRadeonHDの勢いは好調ですが)。

FUSIONが発表されてから筆者が長らく待ち望んでいるのはCPUソケットに刺さるGPGPUですが、その登場も近いかもしれません。

x86拡張 vs ヘテロジニアスメニィコア の対決に今後も注目して行きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR