そろそろラックマウントにしたい

ディスプレイを4枚構成にして8台のPCで共有する為、切り替え機がこんな感じに成っています。
DSC01745.jpg

4台のディスプレイを個々に切り替え出来る様にしたのと、コンソールはPS/2タイプとUSBタイプの2系統にした為、キーボードとマウスも2系統あり、どれが故障しても使い続けられる様に成っています。

ネットも固定回線が2系統ありますが、今は1系統のみ配線してあり、利用している系が故障断線した時は手動でルータ<->スイッチ間の差し替えが原則になっています。PC側はLANポートが2個あるものばかりなので、スイッチをもう1台追加してケーブルを10本買ってくれば2系統に成りますので、いづれやってしまいそうです。

表はそれなりにゴチャゴチャしてますが、裏は更にゴチャゴチャと結構な密林です、カオスとも?
DSC01750.jpg

ケーブルは各PC1台毎に軽くタイラップで纏めています。つまり纏めはするけど強固に固定はしていません。
タイラップをキツク締めたりチューブタイプの纏め材で纏めると、纏めた全ケーブルの重量が、どれか一本のケーブルに集中的にかかってしまい接触不良の原因に成ります。

掲題にあります通り、ラックマウントを…というか一度中途半端にラックマウントだった名残がありますが、本格的にやりたくなってしまいました。

理由は主に、

1:ケーブルが後方排気を遮断している為、エアフロー的に良くない
  これはラックマウントにして支柱にケーブルを束ねれば解決します

2:積み重ねたPCのうち最上段の2台はハード構成の変更が容易ですが…
  ラックマウントにして中段や下段にあるPCを引き出してメンテ出来ると便利

3:キャスター付にして移動も出来たら…
 
 
問題は、ラックマウントケースに総入れ替えすると、重量、値段、ともに半端ないですから躊躇している訳です。

軽量アルミかつ剛性が高いラックで、ミドルタワーのPCケースを横置きスタイルで容易にラックマウント風に出来る方法が無いかと模索中です。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

密度

やっぱりこうなってきますよね・・・
ウチはコンソールのないマシンが多いので、切り替え機は2台用を2段重ね(配線的に)にしている程度で助かってますが・・・
ラックはやっぱり重量とか密度が高くなるので空調の問題とかが・・・ もちろん値段もですが(^^;

我が家ではメタルラック的なものに並べて配線は出来る限り支柱に括って、一台ずつメンテできるようにはしています。

Re: 密度

> メタルラック

現実解は、コレって事になりますよね・・・
アルミならなぁ~
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR