国民機98

筆者自身お世話に成った事のある国民機98ですが、執筆時点(2012年5月時点)でその血統が生存確認出来ました。

既に国民機としてではなく、工場で利用されるFactoryAutomation用な訳ですが、この分野自体は国民機全盛時代からFA-9801としてスタートしており、曰く「FA9801とN88BASICは、NECが存続する限り作り続ける」と言われる程に・・・

あれ?FA-9801シリーズとは別系統なのかなぁ・・・

現場の職人さんにとって大切な事の一つが技術を磨き伝承してゆく事な訳ですが、その磨きをかける前に進化が二歩三歩進んでしまうのがコンピュータ業界、この爆発的な進化に日本的な職人文化が上手く融合出来なかったのか、それとも、そこから何か産まれたのか?

思えば2000年前後のCanopusのグラボは、まさに日本的なグラボで、筆者も数枚購入しました。
リファレンスと全く異なる独自のハード&ドライバ設計でハード面ではアナログ的な部分に磨きをかけ、ソフト面ではドライバに高速チューニングを施し・・・しかしリファレンスデザインのまま安価で先行販売される中国製に市場を持っていかれるという点でビジネスモデルとして不利があり、丁寧なサポートも逆に経費増大と開発時間減を招いたのではないかと思うと有り難かった反面、消滅してしまった事がとても残念です。

PC-98の筐体製作をしていた星野金属も、自作ケースでスタートした頃はPC-98の筐体同様に完成度が高く日本的な良さが有りました。筆者も20台くらい持っていますが、その後、安くてアルミかつ似た様なデザインの中国製(但しバリで手を切りやすい)やiMacに端を発すると思われる光物に市場を奪われ、自作市場の縮小との相乗効果で残念な方向に向かってしまったのではないかと思います。
PCケースは電子部品からは一定の距離が有るパーツですから、消費電力増大に伴う冷却性能向上という点にフォーカスしつつ、それ以外では妥協の無い磨きを掛けてくれていたらと思うと残念でなりません。

最近ではONKYOのWAVIOシリーズ音源ボードがまさに日本的な磨きの掛かった職人が作ったPCパーツと言えるのではないでしょうか?と書きながら欲しくなってきましたw
最新モデルはCreativeのX-Fiチップを採用しつつもアナログ部分はオペアンプではなく完全独自にディスクリートパーツのみで作り上げるという気合の入った製品です。Canopusのグラボに似た存在ですが、音源ボードという進化のペースが比較的遅い完成された分野だからこそ出来た事かもしれません。
今後も是非、磨き込まれた製品を作り続けて欲しいと思います。

こういった事が出来る日本の職人さんは中国や台湾に流れ、中国や台湾で次世代の職人育成をしている様で、残念に思うのは筆者だけではないと思います。空洞化してゆく日本、バブルの中国、次に控えるインド・・・、筆者はソフト開発で共同作業した経験のあるインドに滞在していた経験が有りますがそれはまたの機会に・・・

話がそれましたが、FA-9801がオリジナルを踏襲したまま工場で稼動し続ける様な文化とビジネスモデルが形成されていれば、日本的な磨きの掛かった技術でN88BASICを使う職人が・・・と云う事もありそうですが、そういった何か?が有ると嬉しいですよね?

技術に磨きを掛ける事と、進化と変化を追いかけ追い越す事、どちらか一方だけを追求しては、その先に衰退が待っている様な気がしますが、両者の融合を果たすビジネスモデルが確立出来れば、技術大国日本の復活もあるのではないかと?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

PCは3年単位の消耗品になりましたから、パーツの品質に
徹底的にこだわるのはコストが高くなりすぎるということなんでしょう。

自作歴15年になりますが、最後に残るのはケースだと思っています。
空冷面に難があるとか、スイッチが壊れやすいとか、電源のねじ位置が
逆だろ(設計ミス?)とか、いろいろありますがソンチアのTQ-1300という
ケースを未だに使っています。

で「職人」と言われる方が本当に育成できるのかといえば、「見えないこと
にもこだわる」事と「見た目重視」の齟齬とか、生涯職人であることより、
「社長さん」になりたがる儒教的な文化観からどう脱却できるか、どうかだと
思っています。

Re: No title

> PCは3年単位の消耗品になりましたから、パーツの品質に
> 徹底的にこだわるのはコストが高くなりすぎるということなんでしょう。

減価償却ですね。
PCが3年、サーバ・ワークステーションが4年でしたね。

> 自作歴15年になりますが、最後に残るのはケースだと思っています。

私より先輩ですね。
確かにケースは最後まで残りそうです。
これもBTXへの移行が進まずATXが勝利したお陰かも?

> 空冷面に難があるとか、スイッチが壊れやすいとか、電源のねじ位置が
> 逆だろ(設計ミス?)とか、いろいろありますがソンチアのTQ-1300という
> ケースを未だに使っています。

TQ-1300と言うと、ソンチアーでは唯一の国産品ですね。
PFUメカテック(現:PFUテクノワイズ)製の質実剛健モデル。
今でも富士通向けに筐体製造している、本物メーカーですね。

私もMT-PRO 1100で同様の?電源が逆にしか付かない罠やエアフローで苦労しました。
今でも使っていますが、発熱が多い機種では5インチベイを開放してエアフローを確保しています。
メインスイッチが壊れた個体もあり、作り変えたりしてます。
E-ATXサイズのマザーが入らず、改造したのも数台ありますね。

> で「職人」と言われる方が本当に育成できるのかといえば、「見えないこと
> にもこだわる」事と「見た目重視」の齟齬とか、生涯職人であることより、
> 「社長さん」になりたがる儒教的な文化観からどう脱却できるか、どうかだと
> 思っています。

台湾には日本人の生き残り(の子孫)が少数ながら居るみたいですから、根付くかもしれないという気がします。

私はインド人や韓国人、中国人の人達と協同のプロジェクトを運営した経験が有るのですが、その時の経験則として中国人は極少数の飛び抜けた才能を示す人と、多数の利己主義的で生産性の低い人々が居るという印象でした。
使い方次第で生産性は上げられるのですが、気質として職人が育ち難いというのは同意です。
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR