プリンタが壊れた訳ですが

筆者宅には例に漏れず、プリンタの同一機種が2台づつ2機種の計4台有ります。
(2台づつ買う理由は壊れた時の為の予備です)

ひとつは比較的新しいレーザープリンタなのですが、こいつは4色トナー形式で、各色独立しているとは言え、トナーが結構高額(予備で4色揃えると二桁)かつ入手性が若干悪いので、必要な時(高速に大量印刷する時)にしか使っていませんでした。
LBP9100C
K0000022730.jpg

もうひとつは、コンビニでも安価にインクが買えるくらい普及しているCanonのインクジェットです。
まぁコンビニには置いてないかもしれませんが、文房具屋、写真屋、電器屋、大型スーパーなどで買い物ついでに手軽に安価でインクを入手可能な事から普段使いしています(いました)
PIXUS MP790
pixusmp790.jpg
こいつが最近、立て続けに2台とも壊れまして、しかも数年前に修理対象から外されている為、メーカーに頼んでも修理不可です。ていうか、1台はカバーを開けた時にエラーが表示されて以降はエラー表示のまま動作しなくなり、もう1台はモノクロ印刷しか出来なくなり、ヘッド&インク交換しているうちにエラーで動作しなくなりました。ていうかヘッド代に1個7千円x2払ったのでインクその他色々考えると新品買った方が安いですが・・・

こいつはプリンタ以外にもファックスやスキャナの機能もある複合機な訳ですが、不親切な事にプリンタ機能部分でエラーが起きると全ての機能を利用停止してしまう為、関係の無いスキャナ機能も道連れに2台とも動作不能に成っています。

まぁ、長年使っているので壊れたのはそれで仕方の無い事なんですが、修理期間を過ぎた今、問題は、これの代わりに何を買うかって事で、今までと同じ事が、同じ操作で出来る機種って無いですよね?

筆者や特に家族にとって新機能とか便利機能とかの話は鬱陶しいだけで、今までと同じ事が同じ操作で出来る機種を用意して欲しい訳です

普通の道具だと考えれば、包丁の使い方が変われば板前さんは困る訳です。

車の運転方法が変れば、交通事故が増え、携帯電話の機種が変ると爺さん婆さんは電話出来なくて困るんです。


同じように、プリンタの使い方が変れば、筆者のみならず我が家の家族全員が慌てて印刷がしばらく出来なくなります。

この事は既に冒頭のレーザープリンタで体験済みでして、あの鬱陶しい体験を二度としたくない訳ですが、そんな事はお構い無しにプリンターのデザインを毎回全ての機種で変えてくれる訳ですよ、メーカーのデザイナーさんは・・・

つまり、壊れたプリンタの代わりを購入するという事はマニュアル読んだり、ドライバ入れたり、色々と新しく覚える必要が有るだけじゃなく、家族に使い方を教えなければいけませんし、紙切れやインク切れの都度しばらくは筆者が呼び出されて紙やインクを交換してあげないといけない事になり、その作業にかかる莫大な時間の事を考えると鬱に成りそうです。

筆者にとって、新しい機種を買う事は「面倒で厄介で非生産的で無駄な作業を強要される災害(人災)」に相当しますが、今までと同じ機種を買う事は「とても楽で有り難い事」です

機能的に一番近いCanon製インクジェット複合機が、なんと、タイミング合わせたかの様に今月発売ですw
PIXUS MX893
bothsides-photo.jpg
けど、インクは違うし、使い方も違うし、ドライバも違うし、この新しい機種はドス黒い疫病神にしか見えません・・・

そこで、メーカーさんに御願いです。
全く同じボタン配置、全く同じ使い方の製品を継続して出し続けて下さい。
必ず需要が有るハズです。


新製品に何かアピールが必要な場合、以下の様な多くの改良を盛り込む事を歓迎します。
1:今までより起動が高速(但しボタンの位置と使い方は全く同じ)
2:今までより壊れ難い(但しボタンの位置と使い方は全く同じ)
3:今までより印刷が高速(但しボタンの位置と使い方は全く同じ)
4:今までより省電力(但しボタンの位置と使い方は全く同じ)
5:今までより小型軽量(但しボタンの位置と使い方は全く同じ)
6:今までより静音(但しボタンの位置と使い方は全く同じ)
・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR