果てし無く、どうでもよい事なんですが

迷いました。

img777v4.png

作成手順は、
1:櫻ジェネレータで叩き台を作成
2:ペイントを使い筆者の知性と感性でバランス調整

です。

語呂合わせも重要ですが、手順2を怠るとアンバランスな感じになってしまいますので注意が必要です。

櫻ジェネの結果
img888_o.png

筆者の知性と感性による修正版
img888v5.png

 
こちらは、コラボ的な妄想で作ってみました。
img111.png
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

むかしパッシブプレート上にCPUボードを
乗っけるというしろものがあって、複数台のCPUが
使えたものがあったようにきがします。

そのかわりおねだんは高級乗用車が1台買える値段だったような・・・

Re: No title

> むかしパッシブプレート上にCPUボードを

この記事の中段辺りに書いてあるフルサイズCPUカードと似たような物でしょうか?
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-197.html

昔は秋葉原でも展示しているショップがいくつか有ったのですが、今では秋葉のショップで見掛ける事はもうないかもしれません。こういったフルサイズCPUカードは一般人が触れる機会はまず無いと思いますが、産業PC業界のイベント展示場などでは今でも生存確認できるのではないかと思います。

No title

デュアルソケットという観点からは外れますがなんでこんな話になるのかというと、
”Xeon Phi”というシロモノが最近の記事にでています。
基本的にはGPUと同様のようですが、20年か前にあったCバスや
ATバスに突っ込むCPUボードのようなものをメーカー自ら作ってしまうとは・・・・

i486の頃のマルチプロセッサマシンが、SMPなのかASMPなのか
忘れましたが、後者だとしたら20年前と変わらない気がします。

Re: No title

これですね。
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-273.html

ついに製品化されましたか。

XEONと同じCPUソケットに挿すかPCIe接続かで迷った様ですが、無難にPCIeで様子見するのでしょうね。

前世代の Knights Ferry (ES品) から外見も同じです。

IntelがOpenCLランタイムを出しているので、恐らくこいつで対応するのではないかと思います。

そうすると、RadeonやGeForceやTeslaと同様にGPGPU的な使い方が出来るので、OpenCLで組まれた既存プログラムが動作する様に成ると思います。

ES品でも良いので欲しいですw
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR