Intel と AMD に今直ぐやって欲しい事

ズバリ・・・

シングルコア・シングルスレッドかつ定格5GHz以上が出せるDP-XEON
シングルモジュール(モジュール内シングルコア)で定格7GHz以上のOpteron4xxx

デュアルコア・HT-OFFでTB5GHz以上のDP-XEON
2モジュール(モジュール内シングルコア)でTB7GHz以上のOpteron4xxx

もちろん、デュアルソケット前提ですから合計コア数は倍です。
筆者的にはデュアルコアの高耐性版が欲しいと思います。

TDPは150W枠内であれば問題無いのでは?もちろん低いに越した事はありませんが・・・

AMDコアは内部構造がモジュール単位で分割されていますので、耐性の高いモジュールと耐性の低いモジュールで倍率を変えて調停る様な工夫が有っても良いのでは?と思います(既にそうなっているのかもしれませんが)

価格設定は2個セットでCore i7/AMD-FXのハイエンドと同価格か若干高いくらいの設定で売れるんじゃないでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同意

でも市場は、APUとかGPU付I5といったあたりでも、自宅で
ビデオ編集するには十分な代物になったので、ますます
ハイエンド自作は割高になるのだろうなと感じています。


3Dレンダリングをぐりぐりする人もそんなにいないでしょうし。

ところで
わたし新macproのGPUとCPUはどういう風につながっているのか
興味があるんですわ。
通常のPIC-Eじゃyなさそうだし、特殊なバス形状なんでしょうかね。
こうなるとGPUメーカーとしては割高なので、よりハイエンドなものしか
ださないんでしょうね。

20年前のSUNやSGIを見ている気がします。

Re: No title

返事遅くなりました・・・

> ところで
> わたし新macproのGPUとCPUはどういう風につながっているのか
> 興味があるんですわ。
> 通常のPIC-Eじゃyなさそうだし、特殊なバス形状なんでしょうかね。

CPUからの外向きI/OバスがPCI-EとQPIしかありませんが、QPIはクローズドなI/Fですから、
他社製プロセッサが利用する事は出来ません。
従って必然的に論理層はPCI-Eしか選択の余地が無いのですが、物理層(つまりスロット形状など)
は独自の形状にする事が可能ですし、少なくともATX系のブラケット構造が有りませんから、物理形状は独自でしょうね。但しスロット形状や電気的な仕様は同一かもしれません。

> 20年前のSUNやSGIを見ている気がします。

そうですね、よりSGI的と言えるかもしれませんね。

No title

QuadroSLI

もう要らないんでしょうかねん?

supermicroもgeforceしか対応しないようですし
自作XEON or Opteronも終焉でしょうか。

No title

過去の自作された品の数々、楽しく拝見させていただきました。ありがとうございました。

そういえば5000系の頃にはX5698なんてものがありましたが、E5になってからは、同様のコンセプトのものはでておりませんね。

Re: No title

返事、遅れてしまいスミマセン。

to ねこあたまさん

AppleがAMDのGPUを選択した事が大きいかもしれませんね。
HD動画の編集やエンコードで劇的な効果が有れば良いのですが・・・

to worisyさん

> そういえば5000系の頃にはX5698なんてものがありましたが、

そうですね。要はそういう事なんです。
けど、アレは一般には流通しませんでした。

結局、今のソフトって、せいぜい使っても4コアなんで、同時に大量エンコードでもしないかぎり多コアが有効活用できませんから、効率は若干無視してでも高クロックで安定するデュアルコアが欲しいなと。

ワークステーション的な使い方だとしても、8コア4GHzよりも2コア5GHzの方が使い易いと思うんですよね・・・とか書きながら2690v2辺りが欲しいとも思ってしまうんですが

Re: No title

worisyさん、返事遅くなりすみません。

> そういえば5000系の頃にはX5698なんてものがありましたが

そうそう、それです!
特定の顧客向けカスタム品だと伺った気がしますが、そういうコンセプトの物も登場して欲しいですよね!
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR