嬉しいコメント頂きました。

最近、殆ど、いや全く更新していないブログですが、それでも毎日100~200人の方が来てくれてます。
恥を垂れ流しているとも言えますが・・・電源関係とソケ7関係や玄人志向パーツ関係ネタへのアクセスが比較的多い様ですが日によってまちまちでもあります。

さて、以前、はまっていて今でも気に成っているソケ7でフルHD再生ですが、嬉しいコメントを頂きました。
どうやらSSEの無いPentium2でのフルHD再生に成功した様なのです。

今となってはスマホでハイビジョンが見れる時代に突入する訳ですが、そんな時代にソケ7・・・というかソケ7の後に生まれた世代がネットで活躍しているとか、もうアレですね。全く意味不明な趣味ですよ。

けど、趣味って概ねそんなもんですよね?

そこに実用性とか求めてはいけません。

例えばゴルフが趣味な人、現実社会で実用的な何かが有りますか?と問われても、恐らく接待に実用的とか、その他は後付でこじ付けのゴルフに興味の無い人にとっては理解不能な理由でしょう。ゴルフをする行為自体にはゴルフである必要性・必然性を感じるほどの理由は皆無です。スポーツで体を動かしたいだけならジョギングとかラジオ体操なら無料で出来ますし、戦略とか戦術とかの話は幻想に過ぎません。他にもっと安上がりで、かつ組織的な戦略や戦術が重要なスポーツが沢山ありますからね。

車が趣味な人、そりゃ移動に車は便利ですが、移動が目的ならタクシーに乗れば良いのです。より快適なものが欲しければハイヤーに乗れば良いのです。その方が維持費不要で総合的に見て安価ですし、移動先での駐車場確保の心配も不要、事故に逢っても責任を問われる事が無く保険加入も不要で自身が加害者に成るリスクが皆無です。

同じようにソケ7でフルHDが再生出来ても全く無意味です。それが趣味ってもんでしょう。けど、あのソケットにロマンとか哀愁とか感じませんか?電圧掛けると一定クロックで周辺パーツと連携しながらプログラムを実行してゆくメカニズムとか、スマホじゃそんな実感沸いて来ません。って、私、スマホ持ってませんけどw

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Socket7での再生ができました が…

Socket7でのハイデフ再生に成功いたしました。
消されていなければYoutubeで見られると思います。

ですがその後CyrixMⅡにCMOV命令があるという噂を得、WindowsでのDXVAのチェックを行おうとしたときにPCI延長ケーブル経由で本体が損傷してしまいました。

今度は空中配線ではなくしっかりとはんだ付けしてトライしてみようと思います。

更新再開を心待ちにしております。

No title

面白い奴見つかっちまった。

\(^_^)/

Dual PentiumII あるいは Dual Socket 7利用して Full HDの 再生を可能だと思います。先週引っ越したところで、何をどこに閉まった分からない為、物は揃ってから試してみます。その後、又は連絡を致します。

Re: No title

nqk18469さん、こんにちは。

ブログお休み中でコメント気付きませんでしたすみません。

> Dual PentiumII あるいは Dual Socket 7利用して Full HDの 再生を可能だと思います。

その様ですね。
Windowsはサポート終了で使えなくなってしまいますが、Linuxでなら生き残れそうですね。

Re: Socket7での再生ができました が…

リウさん、こんにちは。

ブログお休みしてて返事できませんですみませんでした。

> Socket7でのハイデフ再生に成功いたしました。

おめでとうございます!

Linuxですね。
Youtube動画、まだ見れました!

> 更新再開を心待ちにしております。

有難う御座います。
完全復活じゃないですが、時々更新しています!
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR