Windows10 Pro に対する評価まとめ


 Windows 10 Pro を筆者が体験してみた経験を元にしたマトメです、宣伝しなければいけないプロのライターとは異なり普段利用する立場での率直な体験談を書いていますので、盲信的に新機能の良さをアピールする広告記事とは異なりますし、クチコミマーケティングの様に売る側の意見だけを拡散するものでもありません。

1:なぜ Windows 10 Pro を試したのか?
 筆者は Windows 7 に満足しています。では何故 Windows 10 を試したのか?と言えば、Windows 7 が 2020年までしか寿命が無いからで、他に理由は有りません。しかしWindows10も2020年で主なサポートは終了し2025年で完全に終了する事が正式に発表されましたので大同小異です。マイクロソフトは Windows 7 を2020年以降は延命措置をせずに放置させる事に決めましたが、Windows10も同様に2020年には引退させ2025年で延命措置を終了する決定を下したのです。筆者が Windows XP から Windows 7 へ移行した理由も寿命でしたし、 Windows 2000 から Windows XP へ移行した理由も同じでした。他に理由が必要でしょうか?しかし、ネットに接続しなければ問題無く使い続けられますのでネットから隔離する手が残されています。
 もちろん、アプリを製造する立場であれば対応しないと売れないからという理由で以前は職務上は真っ先に使っていましたが、利用者側の立場としては、使い方が変わってしまい不便な新しいOSを使う理由なんて全く無いのです。
 試してみた結果、筆者はWindows10を使わない事に決めました、その理由は下記を読んで頂ければご理解頂けると思います。

2:なぜアップグレードが無料なのか?
 今までマイクロソフトは販売数の大半を占める旧製品から新製品へのアップグレード版を有料販売していましたが、それが無料化しています。それは何故か?を考えてみます
 昔からタダより高い物は無いと言われる様に、理由が無ければ無料化は成立しません。マイクロソフトは慈善事業を行う福祉団体ではないのです。こういった思考ができなくなって タダ=欲しい としか考える事が出来なくなってしまうと操り易いロボット的な一般大衆が完成します。気を付けて下さい。
 下線がある所をクリックするかタッチするかタップするか・・・言い方が増えて面倒ですが、とにかくこちらで理由を考えてみました

3:Windows10へ移行すると何が変わるか?
 筆者は Windows 7 に満足していますので、新しい何か?は欲しくありません。その為か Windows 10 の悪い面ばかり書いてしまいましたがご容赦ください。
Windows10では・・・
・デフォルトではネット経由で個人情報が公開されます。(回避出来ません)
・多くのソフトと機器が使えなくなります
・Windows Update に対する拒否権がありません。(更新を遅らせる方法)
・ドライバが突然強制的に更新されBSODする事があります。(回避方法)
・操作方法が変わるので慣れるまで使い辛く無駄に時間を浪費します。
・新しいOSなので未だ不安定です、時々フリーズやBSODが発生します。
・デフォルトブラウザは強制的にEdgeに変更されます。
・GeForce200系以前のグラボはSLI設定出来ません(回避方法)
・Radeon HD4xxx以前のグラボはCCCが使えません(回避方法)
・起動とシャットダウンが遅くなります(回避方法)
・BIOS/UEFI設定を変えるとBSODします(回避方法)
・機器構成を変えるとBSODします(回避方法)
・Administratorでログインすると行動を制限され普通に使う事は出来ません。
・多くのソフトは管理者権限で起動しないと正常動作しません。
・多くのソフトはWindowsXP/7互換モードで起動しないと正常動作しません。
・削除確認が無くなり、代わりにアプリ起動確認が増えました。
・総評としてプライバシーが無く、かつ現時点ではWin9x並みの安定感です。

ここまで多くのマイナスな事ばかり書いてしまいましたので、筆者にとってプラスな事も書いておきます。
・Windows7よりも5年先まで使えます。

4: Windows 7 に戻すには?
 完全ではありませんが、Windows10への移行後一ヶ月以内であれば数分で戻せます。その際に使えなくなるソフトがいくつかありますが、恐らく再インストールすれば大丈夫です。けれども一ヶ月以上経過すると戻せませんからご注意下さい

5: Windows 10 はいつまで使えるか?
 正式発表前に言われていたデバイスの寿命まで使えるという情報は、結局どうなったのか?と言えば嘘でした。注目を集める為の演出だったのかもしれません。その証拠に当時はメディアがこぞって話題にしたと思いますが、恐らく今はメディアがそこに触れる事は無いと思います。結局は今までと同じで発売から10年間だけでした。つまり、Windows 10 も 10年後の 2025年10月14日 で使えなくなります。

6:なぜWindows10を使わないと決めたのか?
 筆者には20台ほどの自作PCがあり Windows 7 を利用しています。このままWindows10を入れないでいると2020年にはネットに接続して使う事が出来なくなってしまいますから大変な事ですし、今なら無料で移行できますが、それにも増してWindows10は怖過ぎるOSだから使いたくないのです。
 上で書きましたとおりWindows10を入れると個人情報は筒抜けに成ります。設定である程度は回避できますが全てを防ぐ事は出来ませんし、ライセンス条項にも明記されている為、Windows10を使うと個人情報を提供する契約書に同意した事になりますから悪魔と契約する様なものです。
 貴方の名前(HotmailやOutlookやSkypeなどの登録情報)、別名・ペンネーム・偽名等(同左)、生年月日と偽の生年月日(同左)、年齢(同左)、住所(同左)、性別(同左)、現在位置(IPアドレス)、巡回しているWebページ(Edgeのログ)、過去にネットで購入した物(Edgeのログや決済クレジットとの連携)、今後の予定(カレンダー機能)、交友関係(SkypeやHotmailやOutlookなどのアドレス帳など)、インストールしているアプリ、デバイス、お金の流れと使い方、よく使う言葉(IMEの変換履歴)、ネット決済した際のカード番号と暗証番号(キーボード入力履歴)、よく見る画像(アルバムなど)、連絡先・・・、これらは全て収集され、広告宣伝やプロパガンダに使われます。MSはそれ専門の会社を最近買収した事でも明らかです。
 スタートメニューやデフォルトブラウザのEdgeを開いた瞬間に、政治的なプロパガンダ系のニュースと企業広告ばかりを受信する結果になり嫌な気分になりました。このプロパガンダを強制受信するのを回避するのは難しい操作が必要な様です。デフォルトブラウザの変更方法も複雑怪奇でどうしてもEdgeを使えと強制されているに等しいです。
 Windows10ではWindowsUpdateが強制ですから、どんなアプリを強制インストールされるか判りませんし、それらの強制インストールされたアプリが個人情報を参照する事にもライセンス条項への同意により契約上同意しなければWindows10を使えないのですから、怖くて使えません。
 今回もまた独禁法対策を無視してEdgeを強制的にデフォルトブラウザにしてきました。しかもデフォルトブラウザを変更する手順が非常に判り辛く改悪されている為、普通の人にはEdgeを使い続けるしかない様な状態になっています。
 デバイスドライバの更新も強制されます。今までは正常に動いているものをあえて更新する必要はありませんでしたが、Windows10では動作不良や破壊されるデバイスドライバであっても強制的にインストールされますから怖くて使えません。デバイスドライバの強制更新を回避する方法はありますが、裏技的な隠し設定なので一般の人には難しいですし、そんな裏技がいつまでも通用するとは思えないのです。WHQL付きのグラボ破壊ドライバファン停止 196.75電圧強制上昇 320.18 など )の様な物が近い将来に登場して全世界でデバイスが強制破壊される時が来るのではないかと恐怖感が否めませんし、中国中東を狙い撃ちでデバイス破壊ドライバを強制導入した実績が現アメリカ政権にはありますので、TPP関連で米国製ITデバイスの輸出拡大目的で日本を対象にデバイスを破壊して販売促進をする時が来るかもしれませんし、既に劣化促進の為の電圧上昇設定やファン回転数変更などが始まっているのかもしれません。陰謀論や都市伝説ではなく、過去に何度か実際に行われている事です。

7:他のOSを使えば良いのでは?
 もちろんLinuxBSDも使ってますし、MacOSも使っています。スマホはあまり使いませんがAndroidですし、最近はタブレットを主にネットでは使っていますがAndroid(Linux)です。
 このブログは自作PCネタ限定ブログなのでMacの事は普段書きませんが、筆者はFinalCutProを使っています。
 Windows7も使っているのであって、Windows7しか使っていない訳ではないのです。じゃあなんでWindowsを使い続けるのかと言えば『Windowsでしか動かないソフトが有るから』の一言に尽きます。
 例えばMS-Wordで書かれたドキュメントを受け取り編集して返信する場合、互換性が有ると謳われているソフト(例えば OpenOffice の様な SUN StarOffice の派生品)で編集して返信すると概ねドキュメントが壊れます。個人でフリーソフトや互換ソフトを使う事や、お互い全員で同じソフトを使うなら良いのですが、相手がMS-Wordなら、こちらもMS-Wordを使わないと致命的な損失を被ります。これは一例であってMS-Wordに限った事ではありません。メディア業界ではMacが浸透していますから、相手がメディア業界であれば必然的にMacを使います。入稿はIllustrator指定が多いです。
 こういった状況はWindows7が終了する2020年でもあまり変わっていないかもしれませんが、3年後に発表されるであろう新しいWindowsが改善してくれたら移行するかもしれませんので、それは3年後にまた検討します。Windows8の時も移行せずに見送りましたので2度目ですね。以前に遡るとVistaは使いました、当時は仕事上の必要性からVistaを使いWin9xに匹敵(或いはそれ以上の)多大なストレスを受けました・・・結局、筆者にとってのWindowsは、 Windows 2000 か XP が有ればOKだと今でも思います。マルチコア対応とセキュリティアップデートが有れば、今でも全機 Windows 2000 / XP で構わないと思うくらいです。いやむしろ Windows 10 の様な恐ろしいOSよりも Windows 2000 / XP の方が安心できます。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR