こ、これは!?


 ロシア語なのでよくわかりませんが、ATXフォームファクタに、ロシア製のSPARC系CPUを4個搭載、4コア/16スレッド、25,000MIPS、PCIスロットは66MHz、PCIeはGen1 x1 (もしくはGen2 x1) の様です。
 実物はCPUにヒートシンクが貼り付けてありますがファンレス稼動かもしれません。寒冷地仕様の為か電解コンデンサが無くタンタルとセキセラの様ですし一見して大容量のVRMが見当たらないのですが、よく見ると青いコイルのモジュールらしき物が右上に1個、PCIeスロット上に2個、PCIスロット下に1個、合計4個ほど筆者が以前、改造に使った立体構造のVRMに良く似たものが取り付けてある様に見えます。

МВС4-РС
mbc4-pc_.jpg

 電源コネクタは右下に黒い24ピンがありますが、4Pin/8PinのCPU用12Vが無い事から、たぶん300W以下で稼動可能だと思います。

 こういった独自のガラパゴス的な仕様であれば ME-HECISMM/SMI の様な、ほとんど回避不能なバックドアからも逃れる事が出来ると思うので、ロシアゆえに、そういった事情もあって国産したのかもしれませんね?

 和製スパコンにもSPARC採用率が高いですし、ガラパゴスという意味ではガラケーの存在もそれなりに重要だと思うのです(筆者は未だにガラケーがメイン)。筆者が始めて携帯電話を持ったときはアナログ電波の国産品でしたが、いつのまにか穴だらけの外国製汎用OSを搭載したスマホが市場を埋め尽くしてしまいましたね。

VRMらしきもの、合計6個
mbc4-pc-VRM.jpg
VRM(稼動電力用の電圧制御)作成技術が無い為か、それとも独自製作する必要性が無い為か、とにかくVRMは全て外国産らしきモジュール品を搭載している様です。

謎の部品
mbc4-pc-Q2.jpg
ファンコネクタが見当たらないので、この3つの謎部品はファンコネクタかもしれません。
CPUとメモリを覆う形で12~14cmくらいの大型のファンを搭載し固定できる強度を備えたファンコネクタと考えれば納得できそう。

NEC製USB2.0コントローラらしきもの
mbc4-pc-USB.jpg

信号バッファ(信号増幅器)らしきもの
mbc4-pc-BUFFER.jpg

謎のIC
mbc4-pc-Q1.jpg
サウンドチップ、シリアルパラレルコントローラ、SATA-IDE変換、かもしれません、というか場所的にそれしか想像つきません
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうそう、私が見たいのはこういう「なんだこれは」という代物です。

USBやPCI-eといった汎用インターフェイスは共通でも、異なるアーキテクチャのCPUが広がらなかったのは痛く残念です。Intelや互換CPUばっかり広がってはっきりつまらんです。

今は亡きT-zoneでDECのアルファでWindowsアプリが動いているのを見た時は感動したものです。

残念ながらCPUもOSも独占禁止法に触れない程度に行ったのを見るにつけ、なんとも言えん気分です。

Re: No title

> USBやPCI-eといった汎用インターフェイスは共通でも、異なるアーキテクチャのCPUが広がらなかった

そういう意味ではARMが相当品でしょうかね?
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-324.html
今調べれば、もう少し増えてるかも?
K12が当初はZenとソケット共有だったのも期待できるかも!?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> IntelのStrongARM時代にはこんなのも
> http://www.simtec.co.uk/products/EB110ATX/

いいですね~欲しいw

> 今ならGIGAのMP30-AR0あたりかな?

こっちも!

Re: No title

> 日本の技術に対し注目し監視しているとも思えるほどの情報を握っていたり。

そうですね、Intelは本当に重要な技術を特許申請しないらしいです

Intelが新製品の技術をIDFで発表する直前に、その技術を特許申請するのですが、その中には本物っぽい偽情報があり、本当に重要な技術は秘匿したままにしておくらしいです。

こういう話を聞くとVT信管を思い出します。ほんとにそういう事をしますからね。

> マスコミは、ガラパゴス=悪というイメージを植え付けているようにも思えます

スマホを売りたい企業がスポンサーになって相乗効果なんでしょうね
販売側もスマホを無料で提供したり・・・

> Windows10では完全に穴だらけになったと感じます。

ですね~
ザルですw

> そして、米国政府とその裏にある組織の関係性。

たぶんFRBオーナーだと思うのです
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-316.html
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR