Windowsのシステム要件とマイクロコード

Windowsのシステム要件に付きましては、以前こちらで調べてまとめたものがありますが、これを見ていて気付いた事があります。

64Bit版のWindows8.1/Windows2012R2以降のシステム要件の決め手になる CMPXCHG16bPrefetchWLAHF/SAHF の命令セットがありますが、これって、よく考えてみると、どれもそんなに重要な命令ではなく、かつ、少なくともIntelのCPUで実装されていなかった PrefetchW、LAHF/SAHF は マイクロコードの修正だけで対応できる命令だと思うのです。実際、例えばシステム要件に適合するCPUでもPrefetchW を NOPに置き換えているだけな事が判っていますし、LAHF/SAHFはフラグレジスタをアキュムレータにコピーするだけの命令ですので、そんな物はシステム要件に指定するまでもなく、技術的にはWindowsUpdateの仕組みの中でマイクロコードのアップデートを配布するだけで対応可能な筈です。

具体的には、Nocona / Irwindale / Paxville が該当します。ソケットで言えば mPGA604 の FSB-800MHz版 ですからチップセットは E7525 / E7520 / E7320 / 82875(i875P) のどれかに限定されます。もっとも Nocona に関してはNXビットも未対応でしたので、NXビットまでがマイクロコードで対応出来るか判りませんが80386時代から類似のプロテクトはセグメント単位で掛けられたような記憶があるので、マイクロコードで対応出来るのではないかという気がしますし、少なくとも Irwindale と Paxville はマイクロコードで対応出来るハズです。

これらのCPUとチップセットは、機能不足で捨てられたというよりも意図して使えなくしたと考えられると思うのです。そして捨てられたチップセットは ME-HECI を搭載していない最後のチップセット達で、Windows8.1/2012R2以降に生き残るのは ME-HECI を搭載したシステムだけになります・・・

そういえば、MacがIntelのCPUへ移行したのもCoreMAが最初なので、全ての Intel Mac にも ME-HECI が搭載されている事になりますね。Power Mac 向けの OS X 10.5 最終アップデートが 2011年ですから、Macも生き残っている物は全て ME-HECI を搭載しているのか!?



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ME-HECI に対応していないでWin10が使えるマザーって
あるんでしょうか?

Re: No title

> ME-HECI に対応していないでWin10が使えるマザーって
> あるんでしょうか?

AMD / VIA / ARM ですかね。

これらのシステムにME-HECIに類似した仕組みがあるか?まだ調べてません。

AMDはGLOBALFOUNDRIESがアラブ資本、VIAは台湾企業、ARMはイギリスですがライセンスだけなので、どこ製かにもよりそうですね。

Re: Re: No title

あとまぁ、32Bit版でよろしければYonahやPen4最後のSocket604@800MHzの後期モデルがME-HECI無しで32Bit版のWin10が使えると思います。

No title

こんにちは

>実際、例えばシステム要件に適合するCPUでもPrefetchW を NOPに置き換えているだけな事が判っていますし

なるほど、知りませんでした。
うちのメインがデュアルCPUで Irwindaleなので、かなり驚きました。
自分としては見捨てないでほしかったですね


Re: No title

チキさん、はじめまして

> うちのメインがデュアルCPUで Irwindaleなので、かなり驚きました。
> 自分としては見捨てないでほしかったですね

ですよねぇ~
うちも1~9号機まで全滅で、11号機も64Bit版は動きません。

とは言えWindows7は、あと5年くらい使えます。

それと、Irwindaleは32Bit版ならWin8.1/Win10も動作するはずです。

しかし筆者はWin10を使わない事に決めました。
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-462.html
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR