Core i9 の予感

 コンシューマ市場に物理10コアを超えるCPUが出るのか疑問ではありますが、故にもし登場するならウルトラハイエンドのCore i9ブランドが登場するのではないか?という気がしてきました。

 筆者はシングルソケットの知識が皆無なのですが、先ほど調べましたところ・・・

 Pentium 2C/2T
 Core i3 2C/4T
 Core i5 4C/4T
 Core i7 4C/8T ~ 6C/12T
 Core i7 Extreme 8C/16T

 概ね、この様なブランディングで、数年前に6C/12T~8C/16TがCore i9ブランドで登場する可能性が語られていた時期が有った様ですが Extreme を設置した事で i9 計画は一旦消滅していると思います。

 しかし2016以降に登場予定のSkylake-EPは、最大24~32物理コア程度になる物です(現時点では28コアとしてアナウンスされている)。

 過去の経緯から、Skylake-EPは恐らく3種類のダイが設計され、最小規模(リングバスが環状線内回り外回りだけ)のダイでさえも12~16コア(恐らく7コアx2列=14コア)で中規模コアが18~24コア(恐らく7コアx3列=21コア)と思われます。

 これを元にECCなどの機能をDisableしたモデルであるSkylake-Eが恐らく出荷されるのではないかと思うのですが、そうすると劣化品でも10C/20T~12C/24Tくらいの製品になってしまい、かつ、メモリが6ch-DDR4です。逆に言えば、これだけのコア数が無ければ6chは無駄になります。
 この規模は過去のコンシューマブランドとは一線を画す物ですから、XEONではないブランドで出荷するのであれば、i7 Extreme では少々違和感がある気がするので Core i9 ブランド計画が復活して更に上位の i9 Extreme が12C/24T~16C/32Tになるのではないか?と思うのです。

 加えて、初期のSkylakeではデコーダやパイプラインを増量強化したまま性能を据え置きにしているのですが、これは歩留まり対策と見られていながら、実はSkylake-EPで機能させる前段階の実験投入ではないか?、かつ、スレッドを3倍~4倍に増やし、つまり16C/48Tや16C/64T等、最大で28C/112Tや30C/120T規模のダイに成るのではないか?という気がするのです。根拠と言える程では無いですが、既にWindows7 Proの最大論理プロセッサ数は256ですし、Windows8 Proの最大論理プロセッサ数は640に拡張されていますので、MS側の予測として2020年頃までには200論理コアくらいに到達する可能性が予測されていた事になり、つまり、そういった種類のアルファテストやベータテスト版のES品がIntelからMSに提供されていた可能性などが推測されるからです。もちろん、これはXEON Phiである可能性も高いのですが、もしくはAMD Zenの登場をひかえて温存している部分もあるかもしれません。

 と言う事で、来年以降に登場する物理10コア/論理20コアを超える製品が、市場にどの様に流れ、活用されてゆくのか注目してゆきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> そろそろ何処かで限界にぶつかり新しい方向に進んでいくのか。
> それとも全く違う世界となるのか。
> それは、お楽しみということかも知れませんね。

そうですね~
最近のスマホを見てると3Dゲームの表現力が結構凄いのでPCに逆輸入的な事が起きるのではないかという気がしています。
そろそろ爆熱ヘアドライヤータイプのGPUは消えてゆくのではないか?と

多コア化やパイプライン増量しつつ&低クロック化で消費電力を下げつつ総合演算力を高めてゆく方向ではないか?とも思います、、、楽しみですね

No title

あたりましたねえ。ホントに出るとは・・・

Re: No title

> あたりましたねえ。ホントに出るとは・・・

出た事は当たりましたが、細かい部分では外ればかりでした(笑

根本的な理由としてSkylake-SPのダイサイズが大き過ぎるからというよりも Ryzen Threadripper の対抗馬として i9 ブランドを作ったのが大きな理由と思われますから、Threadripper が無ければ i9 も無かったかもしれません。

歴史的には i9 のハイエンドによって、コンシューマ機が実用的にもSandy-EP x2ソケットに並び、用途次第では追い越されました。2012年の登場から5年目の事ですが、次の5年後はどうなるでしょうね?
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR