今日は太陽の活動が活発なのか?それとも原発トラブル?

 なぜか?今日は2台のPCが昼頃に立て続けにダウンしました。

 1台目は15号機で、CPU上のキャッシュにECCでは回復できない致命的なエラーが起きました。恐らくWHEA経由でイベントが発生しOSがBSODしたのだと思います。再起動後にOS側のログでエラー原因がキャッシュにある事が確認が出来ました。詳細を見るとL2に起きたのかもしれません。今は問題なく動いています。
WHEA_CPULLC.jpg

 2台目は18号機で、メインメモリにECCでは回復できないエラーが起き、OSがフリーズしました。直後の再起動ではマザーボードがDIMMを認識できず(LONG-BEEPの繰り返し)起動に失敗しましたが、電源OFFで数分放置後に普通に再起動出来ました。

 今まで、シングルビットのECCエラーを検出して回復したログがBIOSに残っている事は多々有りましたが、ECCでは回復出来ない規模のマルチビットエラーが2台で立て続けに起きる様な事は経験が無く、今日の昼頃に大規模な太陽フレアなどが発生したのではないか?などと想像しています。

 過去には7年くらい前に常時稼動状態の11号機でマルチビットエラーが起きて30分くらい回復不能になった事がありましたが、それ以来の出来事です。

 今回の2台はXEON機とOpteron機で、両方ともECCを有効にしていますので、シングルビットエラーには対応出来ます(そのまま何事も無く使い続けられる)が、回復不能な規模でメモリエラーが起きる事は非常に稀で、しかも2台続けて起きたのは初めてだったので、記事にしてみました。
 
 今日は何が有ったのでしょうね?
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 怪しいものをぶちこまれたとか・・・

もしそうだと仮定すると、水平方向の放射線か粒子線だと思います、あとは何でしょう?
一応、気休めですが宇宙線を想定して鉛で遮蔽しているのですが、上からの遮蔽しかしていなかったのです。

下記の様に、縦6台、横2台のラックに設置してあり×の位置に設置してあった2台でメモリエラーが発生しています。
もし狙っているなら、かなり指向性の高いX線レーザーの様なものを水平に照射したのだと思います、それか原発や大学の研究室などで事故が起きたか?近くに工業系の大学があるので・・・

鉛板 鉛板 鉛板
 ○ | ○
---+---
 ○ | ○
---+---
 ○ | ○
---+---
 ○ | ○
---+---
 × | ×
---+---
 ○ | ○

あとは、少し離れた所にある変電所と高圧電線が昨日の強風で何か起きたのか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> そうすると吸気と排気の問題も出るためなかなか難しいでしょう。

そうなんです!

で、静音化も兼ねて、自動車のマフラーの様な構造の吸排気管を設置すれば遮蔽と風通しと静音化を両立できるのでは?なんて想像を数年前からしていますが実現には至っていません。

> 自宅丸ごととなるとこういう感じにしないと行けないでしょう。
> http://news.mynavi.jp/news/2011/10/11/053/

良いですねこれ、壁と天井に鉛板を設置すれば完璧!
こんな家に住みたいです!

> 宇宙天気予報
さっそくチェック・・・
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR