謹賀新年

謹賀新年

あけまして、おめでとうございます。

今年も、宜しくお願い致します。

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今ちょっと鱈鯖でGTX690をうごかそうと頑張っていますが、難しいですねー。ブルスクで止ってしまいます。それから、RadeonはR7以降の時点でSSE2が必須となったようです。(厳密にはドライバのバージョンが関わっていると思います。)

Re: No title

> 今ちょっと鱈鯖でGTX690をうごかそうと頑張っていますが、難しいですねー。

Win8がSSE2必須に成った事から、ドライバもSSE2を使う様になったのではないか?と思います。
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-406.html

というか、XP対応ドライバが有れば、XPなら動作すると思います。もしくはLinuxか。

> それから、RadeonはR7以降の時点でSSE2が必須となったようです。

RadeonはHD4xxx世代以降でSSE2使ってます。
SSE2対応してないと動画系のアクセラレータやOpenCLなどの付加機能が動作しません。
ドライバ本体はとりあえず動いてもSSE2が無いと時々BSODしますね。

No title

>ドライバもSSE2を使う様になったのではないか?
正常に動作するとされる301.42はGTX690をサポートしています。また、このドライバを使用してPCI版GT610もVista上で正常動作しています。このことから、GTX690(コアの世代に違いがある場合はその一部)はSSE2を持たない環境でも動作するのではないかと考えました。コア/対応ドライバの違いやPCIの帯域等の問題さえなければ動作するのではないかと考えています。ちなみにOSはWindowsVistaか出来れば7を考えております。

>RadeonはHD4xxx世代以降でSSE2使ってます。
>SSE2対応してないと動画系のアクセラレータやOpenCLなどの付加機能が動作しません。

これは知りませんでした。以降、ということはHD4xxxまでは問題ないと言うことでしょうか?当方では鱈鯖とRadeonHD4650を使用してフルハイビジョン動画の再生に成功しているので必須というわけではなさそうです。2chの情報によればHD6xxxは動作した物の支援がきかない等という話は聞きますね。当方ではデジナビのPCI版HD5450は動作しませんでした。(起動時にBSOD、ただしマザー等故障の可能性も。)ちなみに、R9 280Xは付属CD内ドライバのインストール自体に失敗しました。

Re: No title

> 正常に動作するとされる301.42はGTX690をサポートしています。

ふーむ・・・
当方のGTS250で正常動作した301.42は、SSE2無しで動作する最終版でしたが、それはGTS250(Tesla世代)で動いたという話であって、Keplerでは事情が異なるかもしれません。

> また、このドライバを使用してPCI版GT610もVista上で正常動作しています。

GT610のチップはGF119つまりFermi世代なのでGTX690(GK104)のKepler世代とは基本的なアーキテクチャが異なるので、実際に適用されるドライバのバイナリは別物だと思われます。多くの部分で共通性が有ると言うに過ぎません。

あと、GTX690はGK104チップを2個搭載しているので、PCIとの間に2重或いは3重にブリッジを咬ませる事に成り通常より厳しいと思います。帯域というより2個以上経由するブリッジの全てがマルチファンクション対応していなければ動作しませんし、BIOS側も2重以上にブリッジを超えた先にGPUが有る事を正確に認識出来ないと駄目です。

> >RadeonはHD4xxx世代以降でSSE2使ってます。
> >SSE2対応してないと動画系のアクセラレータやOpenCLなどの付加機能が動作しません。
>
> 以降、ということはHD4xxxまでは問題ないと言うことでしょうか?

HD4xxxも含まれます。
詳細は忘れてしまいましたが、GPGPU的な部分はSSE2必須のはずです。
つまりAMD APPの様なGPGPUを利用するドライバがSSE2必須です。

その為、私は4号機~6号機ではRadeonをあきらめました。

> 当方では鱈鯖とRadeonHD4650を使用してフルハイビジョン動画の再生に成功している

この組み合わせはLinuxでは成功したのを知っていますが、Windowsでは知りませんね

HD4xxxにはUVD2の物とUVD2.2の物があり、その差が関係している可能性もあります

> 2chの情報によればHD6xxxは動作した物の支援がきかない等という話は聞きますね。

HD6xxxにはUVD2.2の物とUVD3.0の物がありますね

商品名よりも、GPUチップの世代や仕様に注目した方が、より明確になると思います。

No title

何度もありがとうございます。
AMDやnVidiaには動作要件としてSSE2が必要であるかどうかを明記してほしいところですね。

Re: No title

> AMDやnVidiaには動作要件としてSSE2が必要であるかどうかを明記してほしいところですね。

気持ちとしては、そうですね。
リリースノートに記載されているかもしれませんが、リリースノートに誤記誤植があるかもしれませんし・・・

しかし、今でもPen3を使っているというのは一般的には想定外でしょうね。
そろそろ買い換えましょうというショップ側の常套句を引き出すには格好の餌食というもの

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

UVDとPCIバス

もうWindowsを使うことが少なくなったのですが過去の実験記録が出てきたので報告まで

Pentium3でもPCIバスでUVDを使う場合はレジストリで明示的に
DisablePCIEx1LaneUVD 0
を追加すれば大丈夫なはずです
OpenCLはドライバの改造しか手はなさそうですね

Re: No title

> 明けましておめでとうございます。

おめでとうございます。

> 今までにないようなニュースも飛び出して来るでしょう。

楽しみですね~

Re: UVDとPCIバス

> Pentium3でもPCIバスでUVDを使う場合はレジストリで明示的に
> DisablePCIEx1LaneUVD 0
> を追加すれば大丈夫なはずです

貴重な情報ありがとう御座います!

> OpenCLはドライバの改造しか手はなさそうですね

ですねぇ
SSE2を使うバイナリを自動でSSEに変更してくれる様なツールが欲しいですね
というか、SSE2だけでなく、他の拡張命令も含め実行マシンのCPUに合わせて実行時に最適化してくれる仕組みがあればよいなと思うのです

No title

何度も失礼します。
 その後、実験を繰返したところGTX690は玄人志向のPCIEX1-PCIを経由した時点で正常に動作しなくなる可能性が高いと云うことが分りました。
 また、ForceWare301.42はGTX690をサポートしており、正常に使用できることもギガバイトGA-M51GM-S2Gによって実証されました。
 ここで正常に動作することが分ったので、次はGA-M51GM-S2GにPCIEX1-PCIを装着し、その上にGTX690を搭載するという実験をしてみたところ、GA-6VTXDやTDVIAの時と同じようにブルースクリーンになりました。ここから、はじめのことがいえると考えます。
 ただし、当方大容量の電源を所持しておらず、8ピン+6ピンで代用しているため、PCIからの電力供給が不足したと云うことも考えられます。
 今後は
・電源の交換
・GA-M51GM-S2Gのx1スロットにGTX690を搭載しての実験
に注力する構えです。
 また、近いうちにRadeon HD 7990の実験も行おうと考えております。こちらはやるだけ無駄でしょうか?
 また、UVDはAGPでしか使用したことがありませんでしたが、PCIでも使用できると云うことで期待が持てそうですね。ちなみにGeForceであればPCIでも標準で再生支援が有効になりました。

Re: No title

> また、近いうちにRadeon HD 7990の実験も行おうと考えております。こちらはやるだけ無駄でしょうか?

私なら、とりあえず試してみると思います。
動かなくても何か判るかも?

> ちなみにGeForceであればPCIでも標準で再生支援が有効になりました。

ですね
再生支援のみでなくGPGPUも使えるので旧いPCにはGeForceというのが私の中でのデフォルトです。

HD6450

機会があったのでRadeon HD 6450で実験してみました。
CPUは鱈鯖1.4 Dualで、メモリ3GBです。ディスプレイはHDMI接続のフルハイビジョンです。
この手(VIA Apollo系)のチップで悩まされているUSBが使えない(空きリソースが不足 code12)問題があるのですが、何が原因でしょうか?どうもほかのデバイスを切っても無意味のようです。
Cataryst11.4、WindowsVista、MPC-HC、特に設定なしで
1920x1080、25fps、H264のMP4が問題なく再生できました。再生中のCPU使用率は30%程度で安定していました。
WEIは上から3.9、1.3、2.9、5.1、5.3でHD4650の時とほぼ同じです。
気になったのが、GPUの再生支援が有効になっているのかという点です。実は右下に常駐しているCCCは何らかの性能不足か設定画面が開きません。また、レジストリにDisablePCIEx1LaneUVDは見つかりませんでした。これらの点から、GPU支援なしのCPUパワーで無理矢理再生しているのではないかと感じたのですが、どうなのでしょうか。
ちなみに以前使っていたXP、Sempronのメビウスノート、PC-CS50Kで同じ動画を再生したところ、紙芝居状態でまともな再生は不可能でした。

Re: HD6450

> この手(VIA Apollo系)のチップで悩まされているUSBが使えない(空きリソースが不足 code12)問題があるのですが、何が原因でしょうか?どうもほかのデバイスを切っても無意味のようです。

BIOS設定(又はジャンパ設定)でPICとAPICの切り替えが出来る様でしたら、APICにすると解決するかもしれません。

RadeonはGPUだけでなくオーディオデバイスも搭載しているのでマルチファンクション扱いなのですが、PCI接続する場合は特にUSBと、Radeonのオーディオデバイスがリソース衝突する可能性が有り、APICが選択出来るなら解決する可能性があります。

> 1920x1080、25fps、H264のMP4が問題なく再生できました。

それはそれは・・・
例の最凶ハルヒなんかも再生出来ましたでしょうか?

> GPU支援なしのCPUパワーで無理矢理再生しているのではないかと感じたのですが

PentiumIII世代で支援無しに最凶ハルヒは無理だと思いますので、アレが再生出来たら支援有効だと思うのですが
GPU-ZあたりでGPU負荷状況を参照出来れば何か判るかもしれません

やっぱりRadeonの場合はSSE2が無いと利用できない機能があり、その影響でCCCが使えないとか、そういった事じゃないかと?

HD6450、GT610

以前使っていたPCに刺さっていたHDDに運よく最凶ハルヒが入っていました。(この実験の直後、間違って上にQuadro FXを落としてクラッシュ。ダウンロードできる場所を教えていただければ幸いです。)
HD6450で最凶ハルヒの再生はまったく以って不可能でした。CPU使用率は平均50%程度で100%に達することはなかったのですが、映像が低速で音声が数秒ごとに流れるという状況でした。また、不思議なことにWindows7ではCCCが動作し、GPUのOCも可能でした。再生支援はチェックの有り無しにかかわらず、手持ちの1080p/30fpsは再生可能、最凶ハルヒは前述の状態でした。
面白いことに、3DMark06のスコアはいつも使っているi7のノートパソコンを上回るものとなりました。(i7ノートが2千、鱈鯖が2千5百)
次にGT610をさしてみたところ、こちらは問題なく再生できました。ただ、CPU使用率は90%以上を推移しており、星がたくさん出るところなど音とびはないものの、若干映像がカクつく場面がありました。
構成はWindows7Ulti、鱈鯖1.4x2、RAM3GB、玄人GT610PCI、Tiger S2507T、CMI8738(自作ボード)、メルコIFC-PCI5U2V、Intel Pro/100、マクストル120GB IDEです。
DualSocketTheWorldのように低負荷で再生できないのはなぜでしょうか?

Re: HD6450、GT610

> ダウンロードできる場所を教えていただければ幸いです。

私も知らないので、手持ちをUPしておきました。
http://24.gigafile.nu/e20891a691a27ea99a8e7931d3af3d01c-0122
ダウンロード後に削除キー 4c25 で削除しておいて下さい。

> HD6450で最凶ハルヒの再生はまったく以って不可能でした。

そうなんですよ
軽い動画は可なんですが、重たいのは駄目なんです

> 次にGT610をさしてみたところ、こちらは問題なく再生できました。ただ、CPU使用率は90%以上を推移しており

この時はCeleron533MHzでも再生出来たので、参考にしてみてください
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-123.html

> CMI8738(自作ボード)

これ、見てみたいです

No title

ありがとうございます。ダウンロードできました。当方ISDNなもので遅くなってしまいました。その後アップローダから削除しました。
また、今回は音飛び、カクつきなど一切なく再生できました。
CPUの使用率ですが、Windows7ではこれ以上さげるのはむずかしいのかもしれません。
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR