Skylakeにバグが発見された

 Intelの最新CPUであるSkylake世代のCPUにシステムがフリーズしてしまうバグが発見された様です。(上記のリンク先は、現在アクセスが集中している為か、なかなか閲覧できません。その場合はこちらを参照してみて下さい)

 事の発端は、SkylakeでPCを組み立てた(もしくは既製品を購入した)人々がPrime95で負荷試験を行い、購入したばかりのPCがフリーズしてしまうという深刻な事態に遭遇、その報告が多くの人々からIntelに寄せられ、明るみになったのではないかと思われ、冒頭のリンクも、そういった報告の一つではないか?と思います。

 Intel自身は問題を認識したうえで対策版BIOSが完成するまで事の重大性から公開を控えていた可能性があると思います。もしそうでなければ、発覚から原因特定と対策方針発表までが早すぎると思うのです。

 筆者もPCを組み立てた際にはPrime95で負荷試験をしていますので、もし筆者がSkylakeを手にしていたら、もっと早くブログで掲載していたかもしれませんが、Skylake世代のデュアルソケット向けとなるSkylake-EPに限っては未発売ですから、今回は、筆者には直接の影響がありませんし、筆者が手にする頃にはバグ修正済みの物を手にするハズです。しかし、既にコンシューマ向けには多くの数が出回っていると思いますので、社会的な影響は、それなりに有るんでしょうね・・・

 具体的に、どの様なケースでSkylakeがフリーズするのか明らかにされていませんが、すくなくともPrime95で特定のパラメータ ( Advanced -> Test -> Exponent to test -> 14942209 ) を入力して負荷テストを実行すると数分~数時間程度でシステムがフリーズしてしまう事が判っている様です。しかし、Prime95に限らず、原因となる命令セットをPrime95と似た状況下で利用すればフリーズするのでしょうから、エクセルの様な表計算ソフトなどを利用中にOSまるごとフリーズしてしまう様な事も起きるのではないかと思いますが、今まではバグの存在が一般には認知されていませんでしたし、情報統制されマスコミ発表もしていませんでしたから、このバグが原因でフリーズしても、一般の人々は、なぜフリーズしたのか判らず、自分の操作が間違ったのかとあきらめていた人達も多かったのではないか?とも思います。

 Intel側の発表としては、既に原因を特定し、対策方針も決まった様ですが、バグを回避するにはBIOS/UEFIの更新が必要で、かつ、対策版BIOS/UEFIは未完成の様ですから、今後、対策版のBIOS/UEFIがPCメーカー各社・マザーボードメーカー各社から公開されるまで待たなければならず、現時点ではSkylakeユーザーは問題を抱えたまま利用しなければなりませんし、BIOS/UEFIを更新するスキルが無い一般の人達は、対策版が公開された後も問題を抱えたまま使い続ける事になるのでしょう・・・

 Skylakeは、輸送時の振動などでCPUが曲って壊れてしまう問題(CPU本体が薄く作られている為、剛性不足で曲って壊れてしまう現象)も最近になって認知される様になりましたが、Skylake-EPは、こういった問題は全て改善・対策された物にしてもらいたいと思います。
 
※追記:「バグ」という用語に付いて・・・
 「バグ」という用語は、コンピュータ・ソフトウエアの不具合を指す用語として一般に使われています。
 対して、IntelのCPUの不具合を表したドキュメントには、「バグ」ではなく「エラッタ(errata)」と言う用語が使われています。
 この「エラッタ」という用語は半導体部品(ハードウエア)の不具合を表現する際に一般的に使われる用語でもあり(その一覧にはソフト的な不具合が含まれる事も有り)ますが、今回のケースは半導体回路の不具合というよりも、半導体回路をコントロールしているMicrocodeのソフトウエア面の問題である可能性もあり、外部からは判断しかねますが、とりあえずMicrocodeのソフトウエア修正で回避出来る事が判明しており、その対策版は徐々に提供され始めています。
 一方で、冒頭に掲載しましたリンク先では、問題提起の初期から〝bug″という表現が使われています。
 これらを鑑み、この記事では最初に問題提起した際のバグという用語を利用して記載していますが、エラッタに読み替えて頂いても構いません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

エラッタに関しては久しぶりのニュースですね。
私はLGA775まででIntelでの自作をやめ、その後はAMDに移行していますが、先日知人に誘われてHaswellで自作をしました。(個人的にはBroadwellがよかったのですが。)性能向上の少ないスカイレークにエラッタまであるとなれば失敗作になりそうな予感がしますね。ただ、内臓グラフィックのないSkylake-EPには若干期待なので楽しみです。
というのも、当方MATROX派でその上同じ役割を持つデバイスが複数存在し、それらが無効化されることを極端に嫌っており、選択肢が非常に高価なXeonとAMDのみになってしまったのが主な要因です。そういうわけで最近はマザーボードにサウンドカードがさせなくてしぶしぶオンボ蟹の音を聴くことになったり。オンボでもVIAのEnvyは好きなのですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 納期至上主義

Microcodeの仕組みが出来たのもCPUのバグが原因でしたし、バグありきなんでしょう

エラッタ一覧には掲載されていないと思いますので、いつの時点でIntelが把握していたか?興味が有りますね

Re:  

> 内臓グラフィックのないSkylake-EPには若干期待なので楽しみです。

ローエンドでも20万↑かも?

> 当方MATROX派で

私も数枚持ってます

G200MMS 4枚
G400DH 4枚
Parhelia512 AGP4x 4枚
Parhelia512 64Bit-PCI 2枚

M9148も欲しいなと思いつつ購入してません
CシリーズはRadeon+Matroxドライバですよね確か?

Re: No title

> マスコミ等は報じない自由を選択しているようです。

必要な情報は報じない、でも、スマップが解散すると一斉報道
報じない自由、報道の自由、こういったものは建て前ですからね・・・

millennium

CシリーズはFirePro搭載変態カード+MATROXといわれており、チップにもAMDの刻印があります。今のところ使用する予定はありません。一つ前に組んだAMD FX4のマシンにはM9140を使用していましたが、Parhelia以下の画質でした。次期マシンはP690あたりを予定しています。基本的にゲームはしないので。また、Mシリーズは愛称がないように思えますが、実はMillenniumが隠れているようです。というのも、現在のMATROXのページにはMATROX GMATROX P、MATROX Mと書かれています。
ちなみに私の名前のMillenniumはビデオカードとOS両方由来です。

Re: millennium

> 次期マシンはP690あたりを予定しています

す、凄い・・・

No title

CPUの不具合はバグとはいいませんよ?
正しい言葉を使いましょう。

Re: No title

> CPUの不具合はバグとはいいませんよ?
> 正しい言葉を使いましょう。

エラッタですね
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR