マイクロソフト、今後登場する新しいCPUはWindows10のみ動作保障


 マイクロソフトは、今発売中のSkylakeを含む今後発売されるCPUでは Windows10 以外のOSの動作保障をしない事にした様です。

 え~っと・・・え?

 現行製品であり、先日の記事で紹介したバグ持ちで問題の多いSkylakeに付いても、来年7月までを猶予期間とし、それまでにWindows10へ移行しなければサポートを停止するぞこら!と言い始めました・・・

 衝撃的・・・

 そうまでしてWindows10を強要し、強制移行させたいのでしょうか・・・

 というか、Windows10がWindows7と中身が同じだったら喜んで移行しますけど?

 2020年まで使えるハズのWindows7では、Broadwell世代までしかサポートしなくなります。筆者はBroadwell-EPでの自作を今年後半から来年にかけて検討していますが、Windows10を使わない決断(理由1理由2理由3)をした筆者はBroadwell-EPが最後のWindows機となり、来年以降 AMD Zen や Skylake-EP で新規に組み立てる際には Linux 以外に選択筋が無くなってしまい・・・いや、OS/2の正当後継者であるBlue Lion という選択筋もアリ?なのかも?(他にもOSは沢山あります

 えっ~と、、、Windows10を使わない事に決めた際にWindows7のパッケージ版を5本追加購入してしまった筆者は、余剰ライセンスを抱える事に成りそうです・・・

 と言いますか、決定打を食らった気分です。これを機会に、全機Linux化、、、えぇぇぇぇ、、、今は使っていないノートPCを1台だけWindows10にして、どうしても困った時だけ、そのノートPCを開いて使うけど、どうしても困った時以外はLinuxやBlue Lionあたりに全機移行してしまうと思います。

 MSさんと御別れする日が、刻々と近付いて来た様です・・・
 
 ネットに接続しない設定のVM上にWindows7機を用意して、既存のソフトはVM上の仮想スタンドアロン機でのみ利用し、クラウドは全部Linuxで利用する方向で検討中です。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 保証なしとなってもSkylake以降のCPU搭載機にインストール出来るのではないかと思っています。

恐らく、この件の発端はSkylakeのバグ修正BIOSを素人では何も対処出来ないからWindows10への移行を促す為にバグに便乗したのだと思うのです。

つまりSkylakeのバグ修正BIOSをWindows10経由でのみ提供する様なベンダを巻き込んだ強制移行だと思うのです。

> Windows8.1に個人収集機能の強化を図ったようなもので合法なスパイウェアと言えます。

その通りでしょうね

個人情報収集とプロパガンダをブロックするLANアダプタを開発したら需要が有るのじゃ?と思いますが、デバイスドライバの強制上書きでデバイスを破壊されかねないので、いづれにしてもWindows10は嫌ですね・・・

> Microsoftとも縁を切りたいもののOfficeやPhotoshop、Lightroomの作動環境が主にWindowsやOSX向けとなりLinux系が使用出来ないため悩ましいところです。

これですね
逆に言えば、これだけ

もっと言えば、既存のOSとソフトを使い続けられる方法が有れば良いのですが・・・

Re: No title

> Blue Lionは64bit版の存在が問題ですね。

ですねぇ

> Broadwell-EPは2602v4という超高速版が出ますね。

AMDのZenが低クロック高IPCなので、とりあえず高クロック指向の客向けに用意したのじゃ?とも思うのですが、、、
数年前に、こんな記事を書いたのを思い出しました
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-380.html

Re: No title

> そこまでして移らせたいのは何なんでしょう?

ネットの普及で、支配層がマスコミを使ったプロパガンダに限界を感じ始めたからかもしれませんね。

今は主に中東で革命の起爆剤としてネットが活用されていますが、これが西欧やアジアまで拡大してきたら?と考えると、やはり既得権益を維持する為には、情報を統制する必要があると思っているのでしょう。

逆に言えば、中東で起きている革命も、既に誰かがコントロールしているのかもしれません。

中国はネット検閲が酷い事を人民が認識していますが、西欧はエシュロンに代表される様に一般の人々が知らないうちに監視する体制作りに長けています。

ちょうど戦前の日本が今の中国の様な状況でしたし、それを反動にして戦後の日本は欧米の検閲体制に組み込まれ、日本国民が知らないうちに戦前よりも強烈な思想誘導を受けて、平和ボケ、無気力無抵抗主義、迷える子羊を飼い馴らす神父というキリスト教的支配体制が構築されてきました。

同じ流れで、次は中国を支配したいと狙っている西欧の勢力があり、とりあえず日本と中国を戦わせて両者を疲弊させ、ボロボロに成った所で支配者を挿げ替える流れだと思うのですが、そのツールの一つとしてWindows10を活用しようと目論見があると思うのです。

対極にあるGoogleのAndroidも同じ理由で、同じ目論見の元に構築され、どちらが勝っても支配できるという算段です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 一太郎だけはどうにもならないので…。

一太郎!
閲覧だけならスマホやタブでもOKの様ですが、編集までは難しそうですね・・・

Re: No title

> 個人的にLinux系は、セキュリティ対策ソフト関係や設定に難がある

そこですね、一般に気に成るところは

Linuxは、OSとアプリ両方ともソース公開が基本で、ソースの何処を誰が編集したか判る様に成っている事と、問題が発覚すると翌日には解決していたりする流動性があり、しかもディストリビューションによって実装が異なり、攻撃し辛い側面があると思います。

逆にWindowsはソース非公開で中身は基本的にブラックボックスで、複数ディストリビューションという考え方は無く、問題が発覚しても長期間放置され、そこを突いたマルウエアが登場します。

とは言え、Linuxにも脆弱性は有りますし、セキュリティソフトも有りますので、近況を調べて、ブログに書いていこうと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 前任者が設定したサーバが相変わらずCUIなので、泣きそうですわ。

まぁ、業務サーバをCUIにするのは専任のオペレータが居る環境では普通ですからね・・・

> ハッキングされたようで、よく落ちるんですわ・・

私なら、とりあえず DMESGE の確認あたりから始めますかね

No title

Re: No title

> しかし、これってWindows10のすちゃらかぶりへのステマでしょうか?

まぁ、そうなんでしょうね
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR