Windows Update の不思議


Windows10を試した際にBSODが発生したものが数台ありますが、Windows7に戻してからは安定しています。ですが、それでも壊れたファイルが有るかもしれない・・・と思い、結局Windows7のクリーンインストールからやり直していますが、クリーンインストールすると大量の更新が必要になります。

Windows Update

マイクロソフトがサービスパックやセキュリティアップデートと言い換える以前、業界ではバグパッチと言われていたOSの不具合・バグに対する大量の修正版インストールが必要になります。

例えば、今、Windows7 SP1適用済みを新規インストールすると

1:一定時間が経過すると約200件のバグに対する重要な更新リストが作成される
2:長時間 svchost.exe がシングルスレッドで負荷100%に張り付いたままになる
3:上記が終了すると約200件のバグ更新ファイルのダウンロードが始まる
4:上記200件のバグ更新ダウンロードが全て完了するとインストールが始まる
5:上記200件のバグ更新のうち数件~数十件が失敗し、再起動を促される
6:大量の更新リストが再作成され上記2からのステップを繰り返す
7:2~6を数回繰り返すと完了する
8:Officeをインストールすると、バグが増えて上記2からを更に数回繰り返す

全てがシングルスレッドかつ順次実行なので、非常に時間がかかりUpdateには概ね半日~1日かかります。

ダウンロードしながらインストールとか、svchost.exeをマルチスレッド化とか、そういった事は出来ないのか?と時々不思議に思います。

と言いますか、Windows7を売り出した当時のキャッチコピーの一つ、売り文句の一つに、WindowsUpdateをしても再起動不要と謳っていた記憶があります(Vistaの時だったかも?)が、政治家のマニフェストと同様に達成されない事を出来ますと言って買わせる(投票させる)のは、騙しているのと同じ事ですよね?

嫌なら返品に応じます・・・ようやく使い慣れた頃にそう言われましても・・・
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> Windows自体の設計が古くマルチスレッド対応と言いつつもシングル

今のWindowsの元になったNTはシングルCPU(シングルコア)のHALがデフォルトでしたね
今となってはシングルCPUを探す方が難しいですが、まだまだそういったものが根底に残っているのかも?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 自動更新

> シングルCPU→CPUが装置に一つ なら

そうですねw
シングルコアで探してみましたが Atom E3815 くらいでしょうかね・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> DNSならびにproxyサーバが
> 踏み台にされていたことがわかりました。

無防備なProxyは踏み台にされますね、というか、踏み台にする為の設備がProxyな訳で、恐らくProxyではなく、もっと無防備な内側に設置されているWiFiルータやハブ直挿しでProxyを経由して外部ネットにアクセスされただけではないか?という気がしてならないのですが・・・

つまり、そういったケースは概ね内部利用者による犯行の場合が多いです。

> これを機に管理が面倒なlinuxサーバからWindouwsサーバに
> しようという声が出ています。

サーバのOSを変更したら、メンテ方法が今迄と変わって一から勉強し直す必要が有るだけでなく、数年後にライセンスが切れて使えなくなり違うバージョンを再度購入して再勉強しなければいけず、あらゆる点でデメリットしか思い浮かばないですね・・・

私には、むしろ、Windowsサーバの方が面倒だと思うのですが・・・

それに、マルウエア対策ソフトは一般の物が使えませんよ?

サーバ専用のセキュリティソフトを別途購入しないとですし、金額は恐らく販社次第ですから複数合見積もりが必要かと

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 現在、webサーバ並びにメールサーバが
> クラウド化されており

まぁ、多くの中小規模組織ではクラウド化が当たり前の時代ですからね

> そのうえで、単にネットに繋ぎたいのなら
> DNSならびにPROXYサーバを廃止して
> ルータに置き換えたらいいという話に

これも必然の流れですが、クラウド側の業者にセキュリティを含めた責任をまる投げして肩の荷を下ろしたい人々が大勢居て、その責任を非常に安価で背負う業者が台頭しているというのが現状だと思います。

No title

 私も先日、自宅のクラウドっぽい環境にWindows7をいれてみたのですが、最新の状態になるのに3~4日くらいはかかってました。
 ストレージがNFSな環境なのもあって、そのあたりも遅い原因なのかなと疑い、UPDATE中に負荷のかかり具合をモニターしてましたが、CPUの負荷がやたら高い一方、どこにも負荷がかかっていない時間も結構あって、何をやってるのかちょっと不思議に思いました。

 あと、ここをみて、うちにも古い(socket8くらい?)デュアルソケットのマザーがあったのを思い出しました。

Re: No title

> CPUの負荷がやたら高い一方、どこにも負荷がかかっていない時間も結構あって、何をやってるのかちょっと不思議に思いました。

ですよね
あれ、どうにかして欲しいです
サーバ側の混雑具合によってダウンロードのタイミングを調整してるのかな?と思っていますが実際どうなんでしょうね?

> あと、ここをみて、うちにも古い(socket8くらい?)デュアルソケットのマザーがあったのを思い出しました。

ソケ8だとWin2000ですね
用途次第ではマダマダ現役で使えますし、現在のPCと比べると色々楽しめます。

No title

>サーバ側の混雑具合によってダウンロードのタイミングを調整してるのかな?と思っていますが実際どうなんでしょうね?

なるほど、ものすごいアクセス数でしょうから、そうなのかも知れませんね。

>ソケ8だとWin2000ですね
>用途次第ではマダマダ現役で使えますし、現在のPCと比べると色々楽しめます。

処分するつもりで箱詰めしてたのを引っ張り出してみたら370で、(Win7までいけちゃう?)celeronが2つのるAbitのBP6っていう変態マザーでした。メモリがないので動かせないですが、うーんなつかしい。当時はたぶんslackwareいれてた気がします。

Re: No title

> 処分するつもりで箱詰めしてたのを引っ張り出してみたら370で、(Win7までいけちゃう?)celeronが2つのるAbitのBP6っていう変態マザーでした。

かの有名なBP6ですね
その時期に私も自作PCを始めました
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-3.html

Celeronが2個だとNT4.0は動いたのですが、Win2000がダメだったのでPentiumIIIに移行しましたが、Celeronデュアルが無ければ自作はしていなかったかもしれません。


> メモリがないので動かせないですが、うーんなつかしい。当時はたぶんslackwareいれてた気がします。

Slackwareなつかしいです、OpenSUSEやSUSE-SLESへ受け継がれていますね。
メモリは両面実装のSDRAM PC-100 CL2 256MB以下のモジュールであれば動くかと、ヤフオクあたりで未だ入手出来るかも?
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR