Windows7 Update が始まらない!終わらない!

※以前掲載した物を再掲載しています(私にとって最近とても重要なので)

結論から書きますと、下記を適用すると問題無くUpdateが進行する様になりました。
私の様に多数のPCで実行する場合はUSBメモリやファイル鯖等に入れておくと便利です。

前準備:
 WindowsUpdateサービスを停止し、システム時刻(日付)を正しい日時に設定して下さい。
 ->ボタン電池やバッテリが無くて日時が正しくない場合は以下の手順でBSODします。

ステップ1:
 下記を順番にインストール(エラーが表示される場合はステップ2)
 KB3020369
 KB3138612
 KB3160005 ←が入らない時は先にIE11(Patch本体
 KB3172605
 KB3177725
 KB3178034

ステップ2:
 ステップ2は上級者向け、かつステップ1でエラーに成る場合のみ実行します。
 ステップ1でエラーになる場合はAdministrator権限のコマンドプロンプトで sfc /scannow を実行し、修復を行います。
 sfc /scannow が100%に到達する前に中断した場合はログファイル( CBS.log ) にエラーの原因が詳細に記載されていますので一つ一つ手動で何とか修復します。私が対応したケースではDLLがフォルダ属性になっていたのでフォルダをリネームしました。
 sfc /scannow が100%完了した後に、再度ステップ1を実行します。

後処理:
 WindowsUpdateサービスを再開して下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここから先は愚痴の様なものです・・・

Windows7が登場した時はWindowsXPで類似の現象が起きました。
WindowsXPが登場した時はWindows2000で類似の現象が起きました。
Windows2000が登場した時はWindows98SEで類似の現象が起きました。

つまり、そういう事ですね。

どのOSもですがバージョンアップすると使い方が変わるのは辞めて欲しいですし、旧OSに対する不便化パッチや動作不良パッチを強制導入するのも辞めて欲しいです。

使い方を変えず、外観を変えず、不要な機能を追加せず、不具合を修正し、スマートな改善をする事だけに終始して欲しいと願います・・・

筆者の願うスマートな改善とは、外観と使い方を変えない範囲での単純化と高速化です。

例えば、Windows2000を多コア対応し、64Bit対応し、軽量化を進め、脆弱性が無い状態に磨き続けて欲しかった。

Windows2000からWindowsXPに移行した際に、外観が変わりブラウザやダイヤログの表示ウインドウが変化した為に、どれだけのシステムで不具合が多発した事か・・・そういった悪影響を意図的とさえ思える様に新OSに毎回仕込んできます。

Windows10の様なスパイウエア機能を組み込む愚行や、Windows8の様なスタートメニューを削除する愚行、こういった、やらなくてよい事をわざわざやって不評を買う様な事はもう繰り返さないで下さい・・・

今回、筆者の自作PCでWindows7のUpdateが出来なくなってしまった根本的な理由は、Windows10に移行させようとしているMSの妨害工作という陰謀論でかたずけられそうな事実が根にあって、表面的には、筆者が長期海外生活の為に最近メンテしてないPCが多い(持ち歩いてる17号機以外)為と思われますが、しかし13号機と15号機は冒頭の対策無しにUpdateがすんなり進むという不思議もありました。

また次回に帰国した時には状況が変わっているかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> MSだけの問題ではなく、ハード・ソフトメーカもある程度同意して
> やっているのかもしれませんし。

確かに、業界では新OS対応版を製造販売するのが常で、そのタイミングで出荷数が伸びます。

しかし、64Bit版と32Bit版では中身が別物でも使い方には大きな違いが無い様に、中身を変更しても使い方を変えないOSは作れます。

せいぜいスタートボタンのデザインを少し変更する程度に見た目や使い方の変更は、その程度の変更に留めて欲しいものです。

No title

Windows10の今回のupdateに関して
SLIは比較的に、昔同様に簡単にいけました。

Re: No title

> Windows10の今回のupdateに関して
> SLIは比較的に、昔同様に簡単にいけました。

ほォ、GPUの世代はどの辺りの物でしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR