AMD Ryzen7 プレミア価格

筆者は先日秋葉を散策していて完売御礼の札が並ぶなかで在庫が有った 1700 を39,800円で購入できましたが、先ほどAmazonを見ましたら6万円台(発売初日の店頭価格38,800円から+2万8千円)のプレミア価格が付いていました。1800X は10万円台(発売初日の店頭価格59,800円から+4万2千円)のプレミア価格ですから概ね倍くらいの価格に高騰しています。

価格コムによるランキングは本日時点で1位に Ryzen7 1700 が来ています。

筆者の入手したマザーボード(ASRock Fatal1ty AB350 Gaming K4)ではSMTのON/OFFが出来ませんでしたが先日公開されたβ版BIOS/UEFIにて対応したので、正式版も近日中に登場するでしょう。すくなくとも y-cruncher の結果は SMT の ON/OFF での差が誤差程度(平均して10%程度)しかありませんでしたが、これはIntelのCPUでHT(SMT)のON/OFFの差と概ね似た傾向です。仮想マシンの並列実行(PHPやRuby辺り、筆者はServlet世代ですが・・・)でどうなるか?によってサーバ業界への浸透具合も決まると思います。

本来デュアルソケット専門の筆者ですがNaplesが登場するまで我慢出来ずに衝動買いしてしまったRyzen7です。
付属クーラーの完成度が非常に高く、R9-nano との相性も抜群でVega10との相性も良さそうな予感、Naplesにも期待が持てそうで、とても嬉しいです。

Ryzen7 1700 のスペック(定格3GHz 65W)から想像するNaplesの16コア品(32スレッド)は3GHz 95W~120Wくらいで登場するのではないか?と推測しています(HBM2を搭載していた場合は全く想像出来ませんが・・・)。XEON E5-2697A v4 16C/32T 2.6GHz(TB-ALL 3.1GHz AVX2.9GHz) が 145W ですからIntelの価格改定やSkylake-EPの値段設定に大きく影響するでしょうし、Intelの暗部が発動しそうな予感です。

Naplasハイエンド品32コア/64スレッドはTB(TC) 2.8GHzという噂ですが、これから想像するに140W~160Wくらいではないか?と思うのです。XEON E5-2699 v4 22C/44T 2.2GHz(TB-ALL 2.8GHz AVX2.6GHz) 145W には充分対抗出来そうですが Skylake-EP がどうなるのか?

デュアルソケットマザーの現状
SuperMicr AMD板 Intel板
その他のメーカリスト
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR