Windows10 で BSOD が多発

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------

筆者は、Windows7を利用してBSODを体験する事は皆無でした。

強いて言えば、この時にMSのサポートからの要請で強制的かつ意図的にBSODを発生させた時くらいしかBSODが発生した記憶が無いのです。

少し前に行われたWindowsUpdateでのLogitecマウスドライバ更新以降、時々マウスポインタの誤動作や反応遅延に困っていますが、マウスドライバを更新しなければWindows7で困る事は何も無いのです(マウスドライバは何故の更新でしょう・・・少し調べてみます)。困る事が無いという点でWindows7は優れていて、タイルUIにする必要は全く無いのです・・・と書いていて気付いたのですが、マウスの動作不調が有ればタイルUIを試す方向で考えるユーザが出てくるかもしれませんね、そういう事か!?はぁ、、、(タイルUIはディスプレイの劣化を加速させ、かつ多画面で使い辛いのが難点です。)

もちろん、筆者が多用しているSuperMicr製マザーの完成度が高い事や、ECCメモリとAreca RAID6のスクラブでビット化けを回避するサーバ的な安定志向によりBSODを回避している面も大きく、実際、メモリとSSDともに数年経過すると数ヶ所ビット化けが発生した記録がBIOSログに残っていますが定期的にスクラブする設定にしてビット化けを修復する事で誤動作を回避出来ています。(逆にECCとRAID6(もしくはRAIDZ)で巡回スクラブを併用する様な環境にしていない(市販PCの様な)状態で常用すると年間で数回程度BSODが発生する可能性があります。)

この様なハード構成とWindows7の組み合わせではBSODが皆無で、不便なところも全く無いのです。

ですが、同じハードウエアを利用しても、Windows10ではBSODが多発します。

Windows10では、
1:そもそも標準ブラウザのEdgeがBSODの発生源になる
2:KindleでBSOD
3:強制的に更新されるデバイスドライバがBSODを発生させる

3番目は筆者の場合10号機のオンボードサウンドがそれですが、Bluetoothなどでも発生する事が知られています。

Windows8.1の次は、10ではなく、やっぱり9xだったというオチですね・・・

そもそも、MSは最近の台規模レイオフでテスト要員も大幅削減している為、新機能をテスト不十分のまま配布してユーザーをテスト要員代わりにしていますから今後のMS製品でBSODが多発するのは当然の事な訳で、まさしくWin9xの再来です。

当時のOSに例えるなら、
Windows10 PRO -> Win98SE
Windows10 LTSB -> Win2000

スパイ機能さえ無ければドライバ自動更新を停止した状態のLTSBに乗り換える事なら充分検討可なのですが残念でなりません・・・


 
  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 確かにBSoD多発しますね。

ですよね。

GoogleやAmazonの様に自社でOS開発している大企業は、自社で超安定志向OSを稼働出来ますが、惰性やマーケティング洗脳や何となくの空気感でWindows10を導入している企業は今後しばらくWindows10に莫大な時間浪費と損害を知らず知らずに被り続け、MSに大金を献金し続け、パチンコ中毒患者の如く、なぜか喜んで苦労と損害を背負う情シス。

マスコミはBSOD多発を記事にはしないので、皆さん自分に非が有ってBSODすると勘違い。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 教育向け Windows 10 Sなるものが発表されました。
> http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1058147.html

来ましたね・・・

戦後の日本は米国から常にプロパガンダ受信装置をあてがわれ(しかも受信料を払って)
新聞 -> ラジオ -> テレビ -> ネット の順で視聴し続けて来ましたが、その結果、
Amazonが法人税を全く払わなくても文句が言えない弱者になってしまいました。

嘆かわしいことですね・・・
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR