Skylake-SP デュアルマザー来ましたね。

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------

 たぶん、CPUの発表に併せた公開だと思います。

 EPYCデュアルマザーが出たばかりなので、どちらを先に買うか悩みます。演算性能はEPYC優位、DB用途はSkylake-SP優位(常にとはいかない)様です。Skylake-SPのAVX-512は未だコンパイラの最適化が出来ていない様で、かつAVX-512を使うとクロックが低くなる(ダウンクロックされる)ので思ったより効果が低いかもしれません。

Supermicr X11DAI-N
x11dai-n.jpg

 以前ラインナップを予測しましたが、いくつか当たりましたね。
 こちらは筆者が好きなワークステーション用を謳う E-ATXサイズ のマザーですが未だSLI認証を取得していない様です。もしかしたらDAI-Xの様な型番でSLI対応モデルを後発するかもしれませんし、DRG-Q系11スロットサイズのハイエンドマザーもSLI認証後に後発で登場するかもしれません。写真のマザーはマニュアルが既に公開されていますので、買う前に熟読しておこうと思います。
 シリコン貫通電極を使った積層DRAMも使える様で 3DS-LRDIMM に対応しています(3DS-LRDIMM対応は前世代から)。コンパチリストでは16GBと32GBのRDIMMメモリモジュールが公開されていますが、コンパチメモリを6チャネル2ソケットに挿すとしてメモリ最小容量が192GBになりますね(メモリ最大容量は2TB)。
 組み合わせるCPUはダイレイアウトHCCの18コアTDP200W品がワークステーション向けとしてはハイエンドになると思います(その上のXCCレイアウト28コアはクロックが低い傾向の為)。
 x16スロットが4本ありますから水冷1スロット化した GTX1080ti ( もしくは Quadro GP100 ) を4枚挿すのが現状のハイエンドという事になりそうです。合計120万円~でしょうか・・・私はそこまでしませんが(笑


Tyan S7100
S7100.jpg

 基板レイアウトとしては、これに勝るE-ATXは無いかもしれません。Supermicroでの安定動作を選ぶか基板レイアウトでTyanを選ぶかの選択で筆者は毎回悩むのですが、今回もそうなるかもしれません。この板もSupermicro X11DAI-N同様にWorkstation向けでオーディオサウンドチップ(Realtek ALC892-GR)を搭載していますがリアI/Oパネル部には角型光端子のみでアナログ入出力はヘッダピン形式(とPCIブラケット)での対応です。S7100には2種類有り S7100AG2NR がサウンド搭載、S7100GM2NR はオーディオが無い変わりにIPMI(リモートメンテナンス)を搭載しています。手元でワークステーションとして使うか、リモートサーバとして使うかの差で微妙に仕様を変更しています。
 メモリスロットがソケット辺り6本ですが、この板が一番バランスの良いレイアウトです(CPUの仕様がメモリ6チャネルなので)
 水冷化せずに(或いは延長ケーブル無しに)ハイエンドGPUを4枚ともフル帯域でCPU直結出来そうです。但しTyanはSLI認証を取得しないかもしれません。


Tyan FT77DB7109
FT77DB7109.jpg

 こちらはベアボーンですが、ハイエンドGPUを8枚搭載可能ですから個人用スパコンを組みたい人に向いていると思います。たぶん、これ以上の演算能力を得られる単機のコンピュータはしばらく登場しないと思われます。
 但し、ベアボーンに付属する電源は 3kW (100V~240V 3,200W リタンダント2+1) ですからブレーカー40A以下では厳しいですし、たぶん爆音ですから御注意下さい。サイズも巨大です。写真は他のマザーの写真とは縮尺が2倍以上違います(つまり、この写真を2倍くらいに拡大すると同一スケールになります。


GIGABYTE MD71-NB0
MD71-HB0.png

こちらはネットワークが充実で10GbE x2 / GbE x2 / リモート用 x1 / あと1個は未調査ですが合計6個のLANコネクタが有ります。


Supermicr X11DPL-i
x11dpl-i.jpg

 ATXサイズのデュアルマザーも有ります(驚き・・・)しかしこの板は注意としてCPUソケット形状が上のマザーと異なりますのでヒートシンクの形状が異なる可能性があり、また、Omni-Path用の空間が無く、本来6チャネルのメモリが2スロット少なく、TDP 140W までのSkylake-SPの中では比較的発熱が低いCPUしか乗りません。基板サイズが小さいので仕方ないのだと思います。


ASRockも数種類発表していますが自作に使えそうなデュアルソケットの板が見当たりません。唯一自作に使えそうなのは下記のシングルソケットのみです。
ASRock EPC621D8A
EPC621D8A.jpg



ASUSは未だ何も発表していないみたいですが Z11PE-D12 WS の様な名前で上に掲載した Tyan S7100 と似たレイアウトのデュアルソケットマザーを出すのではないかと予想していますがSLI認証を取得してからだと思うので少し発表が遅れるのではないかと思います。その意味ではASRockも同様、GIGABYTEのWorkstation用マザーも同様ではないでしょうか(GIGABYTEの上記品はサーバー向けの構成です)。


EVGA はSR-2/SR-X以降が無い雰囲気ですが、ここで突然復活したら面白そうですね・・・

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> なぜ中側のメモリスロットは黒なんでしょうね。

このソケットは6チャネルですから黒は速度落としても容量を増やしたい場合にのみ使うスロットだと思われます。スペース的な妥協点ではないかと、、、マニュアルの記載は未だちゃんと読んでませんが・・・

ちょうど、こちらの板が全く同じ理由(但しこちらは3チャネル)で黒になっていました。
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-345.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ところで、何回も聞くのですが

SLIに関してgeforceなら対応ゲームソフトが早くなるので
メリットは解るんですが、QuadroでのSLIに対応している
ビジネスアプリって何があるのでしょうか?

Re: No title

> Tyanのですが、サウンドチップ搭載のものもあることから
> Workstationを考えているとおもうのですが、一番上のPCIeが
> ハイエンドGPUだとメモリスロットと干渉しそうです。

これはたぶんギリギリ干渉しないのではと、その為に色んな工夫が随所に見えます。
分厚いヒートスプレッタ付きDIMMだと干渉するかもしれませんが、普通のDIMMならギリギリ大丈夫では?

TyanのサウンドはI/Oパネル側は光のみで、拡張スロットを1枚使ってブラケット経由でアナログ出力が有ります・・・じゃあサウンドカードで良いのでは?とはならず、やはりWorkstation用途を考慮してサウンドチップを搭載しWindowsの認証プログラムなどの規格に適合させているのだと思います。

Re: ところで、何回も聞くのですが

> SLIに関してgeforceなら対応ゲームソフトが早くなるので
> メリットは解るんですが、QuadroでのSLIに対応している
> ビジネスアプリって何があるのでしょうか?

アプリと言うか、やっぱりMosaicですね私の場合。
Quadro Sync は1スロット占有しますし、
多画面で動画編集とかの用途はSLI(Mosaic)出来た方が良いかと、けどまぁ新しいのは1枚で4画面対応しているのであれですが。
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR