FC2ブログ

Noctua NH-U12S TR4-SP3

21号機用にヒートシンクを入手しました。
->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------

 Noctua NH-U12S TR4-SP3 を2台買いました。

 EPYCは水冷化した方が良さそうな気もしますが空冷で作る計画です。最後の空冷かもしれません。993やGSXR11が水冷化しなかった時代を彷彿と・・・はブログ趣旨から外れますね。

 Skylake-SPのTDPが平均値であり負荷次第でTDPを大幅に超える電力消費と排熱を要する(300Wを超えるとも言われる)のに対し、EPYCのTDPは最大値を示していますからTDPを超える様な熱量は発生しないと考えれば空冷で大丈夫でしょう。

 という事で、Threadripper 1950X 同等品がEPYCのモデルにも追加される事を切望しています。中身の構造は同じですからね。

IMG01058.jpg

 取り付けるファンは換装します。NOCTUAの純正ファンには以前泣かされましたので、最初からSANYODENKI製のPWMファンに換装して使う予定です。

 純正ファンには制振用と思われるシリコン素材らしき茶色の物がファンの四つ角に搭載されており予備も付属してきますがSANYODENKI製のファンには装着できませんので制振する場合は別途1~2mm厚程度のシリコンプレート等を買ってきて自分で加工する必要が有りそうです。ネジ止めしない理由は制振の為だと思うので、せっかくですからシリコンプレートを買ってきて制振プレートを自作する予定です。

IMG01066.jpg

 ファン取り付け金具は予備が2個同梱されていましたので、この様に2枚のファンでサンドイッチに出来ます。

 予定では下図の様なエアフローを考えていまして、風洞板を取り付けてVRMの冷却も兼ねる予定でしたが、
H11DSiNTYOKO.jpg

 ヒートシンクの構造的に、下図の様に上または下向きのエアフローしか選択出来ない構造でした。
H11DSiNTUE.jpg
または、
H11DSiNTSITA.jpg

 NoctuaにはAMD機で以前から御世話になっており、11号機15号機19号機20号機で利用しています。各世代とも向きを変更出来る構造・仕様だった為に今回も向きの変更が出来るものだと思い込みが有りましたが、あてが外れました・・・

 この角度はThreadripperマザーには適していると思いますが、EPYCマザーは向きが写真の様にThreadripperマザーとは90度異なる(メモリの配置的に冷却し易い様に)ので角度変更出来る様にステーを自作する事にしました。
 
 下図はステーやバッファ板を自作する際の参考資料です(赤丸が取り付け穴)。同図はネットに沢山落ちていますがCONFIDENTIAL扱いの様です・・・。この図にはヒートスプレッダの高さが記載されていません(ソケット側の仕様の為)ので、別の図面も探してみます。
SP3DRAW.png

 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> AMDの推奨としては水冷に舵を切っているように思えることから乗って見るのも良いかも知れません。

確かにスリッパ向け推奨クーラーの8割くらいが水冷なんですよね。
https://www.amd.com/ja/thermal-solutions-threadripper

Noctua以外の空冷ですと、
Arctic Freezer 33 TR
Cooler Master Hyper 212 TR Edition
Supermicro SNK-P0064AP4
の3種類しか私は知りません。

今回はCPUが入手出来るまでの時間を使ってステーをワンオフで業者に制作依頼し向きを90度変更しようと考えています。

水冷の水枕なら、こういった苦労は無いと思いますが私の構成ですとCPU+GPUで1,000Wに成るので、その熱量を賄えるラジエターが必要です。もしくは個別にラジエターを使うとラジエターが4基になってしまい翼を広げたフェニックス1号の様な外観に成りそうで面白いですが、循環させるのではなく川の水をポンプで汲み上げて浄水器+活水器経由で水枕に流し込み温まった水を川に戻す様な形にすればポンプの電気代と浄水フィルター代がランニングコストに・・・の様な夢想をしています。

> また、電源に関してですが力業として電源連動ケーブルが・・・

連動ケーブルは構造が単純なので簡単に自作出来ますが、リタンダントと違って並列接続ではないので RAID-0 の様に片側が不調になると全体が駄目になりますから、故障率としては悪化してしまうのです。


> あとは、肝心のCPUが早く流通し・・・

ですね。
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて二十数台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です(以降、Bull/nano/Ryzenと数台仮組レベルで組んでいます)。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR