FC2ブログ

CascadeLakeSP のTBクロック比較

中古で8コア/16スレッドのSandyBridgeハイエンドが1万円台で買える今、何の為に新世代で自作するのか???と言う気もしますが、そこは人それぞれですよね!?経済を回す為とか、技術発展の為とか、Wintelに貢ぐ為、或いは新しい物が欲しい、などなど

CascadeLakeSP.png

FP64 @ TB-ALL
 896 GFLOPS XEON GOLD 6244
1,305 GFLOPS XEON GOLD 6246
1,670 GFLOPS XEON GOLD 6254
2,150 GFLOPS XEON Platinum 8280

2テラ超えましたね。

Platinum 8268 / 8270 もグラフに掲載しようと思いましたが微妙な感じだったので消しました。
両者はTB-ALL時の演算性能が等価です。
1,997 GFLOPS XEON Platinum 8268
1,997 GFLOPS XEON Platinum 8270

CascadeLakeSP は 14nm です、チック出来なかったので世代的には SkylakeSP と同一ですがクロックが微増して命令セットも微増しています(命令セットの微増はマイクロコードを少し変えただけじゃないか?と言う気がしてなりませんが=Skylakeにも同じ命令セットを乗せられるのではと勘繰ってしまいます)。SkylakeSP は ステッピング H0 ですが、ステッピング H1 を CascadeLakeSP に名称変更しただけのリネーム品では?とも。。。

プロセス微細化により(とは言えBroadwell-EPから変化無しですが)、

良い面:
  コア数増(もしくは機能強化)
  消費電力減(もしくは高クロック化)

悪い面:
  絶縁破壊(TDDB)による寿命短縮
  エレクトロマイグレーションによる寿命短縮
  ※両者とも微細化と高クロック化(電圧盛り)で加速する(高温でも加速)

売る側が悪い面をアピールする事は有り得ませんので殆どの人が悪い面に付いては知らないと思いますが、、、

最近の XEON が Core i シリーズに比べてクロック低め設定になっているのは、上記の悪い面を緩和する為ではないかと言う気がしてなりません。

物理的な寿命は 32nm のSandyBridge の方が 14nm の Skylake/CascadeLake より長いのかもしれません(発売日起算ではなく、今を起点にしても)。

性能と耐久性が程良くバランスするポイントは、どの辺りなんでしょうね?同様の事はCPUのみではなくGPU/メモリ/チップセット/NICなど多くの半導体(特に微細化され、かつ高発熱の物)でしょうね・・・
あまり寿命が長いと売る側は困るので、そこそこ短命にしておかないとなんでしょうけど、、、 14nm の技術で 32nm の製造をすれば、より長寿にはなりそうな気はします。

メモリスロットに挿すタイプの 3D-Xpoint は、一般向けには CascadeLakeSP/AP からですが、例えば SAP HANA が既に対応済みになっているのは SAP の開発者向けには SkylakeSP に 3D-XPoint 対応したマイクロコードを配布してあった為と思われ(そうでなければ開発出来ない)、つまり SkylakeSP の市販品は機能制限版であり CascadeLakeSP がフルスペック版というnVidiaと同じ様な売り方をしているのではないかと思うのです。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前にも書いたことがあるかもしれませんが、pentiumの頃は
クロックアップに1~2年かかりましたし、pentiunⅡ→pentimⅢの
移行に際しても2~3年かかりましたが、アプリの利用に
劇的な改善がありました。
最近のアプリですら5年ぐらい前の旧世代でも、そこそこ使えたり、
コンテンツ作成でもなくofficeソフトを利用するぐらいだと、
タブレット程度でも十分なレベルになっちゃったので、
いわゆる「SONYタイマ」を組み込まなければならないのでしょう。

そういえば20年ぐらい前までCPUアクセラレータを見なくなったのは
物理的に無理な形にしたのでしょう。

Re: No title

> クロックアップに1~2年かかりましたし、pentiunⅡ→pentimⅢの
> 移行に際しても2~3年かかりましたが、アプリの利用に
> 劇的な改善がありました。

233MHz -> 450MHz -> 1GHz くらいまではそうでしたね。

PentiumIII ならHD動画再生くらいまで出来ますし、1.4GHz なら殆どの事が出来る様になりましたが、HD動画再生は 500MHz くらいが限界で、それ以下だと厳しくなってきます。

> コンテンツ作成でもなくofficeソフトを利用するぐらいだと、
> タブレット程度でも十分なレベルになっちゃったので、

そうですね。
重たいエクセルは多コアCPUが欲しくなりますが、、、

> そういえば20年ぐらい前までCPUアクセラレータを見なくなったのは
> 物理的に無理な形にしたのでしょう。

P4バス以降ですね。
最近はメモリコントローラをCPUが多チャンネル内蔵しているので厳しい面が有るかと、、、

というか、その意味ではアクセラレータ的なものはGPUとかGPGPUに成ってきていますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> intelチップのセキュリティホールがまた見つかったので

最新世代のみ対応済みで発表とか、どう考えても販売戦略ですね。

第二世代XEONとかいつの話をしているのやら、、、正確に訳せない人、意味が判ってなく誤訳しまくりの記事にしてる人、などなど。

コード名で書いてくれないとよく判りませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> ソケット2011世代のV1/V2ならびにSkyLake世代は見殺しでしょうかね?

Skylake世代というのが具体的にどれなのか?という疑問が残りますが、どうなんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 9世代Coffee Lake RefreshのP0ステッピングにおいて
> MDSでMeltdownが再発している模様です
> 結局の所無くなったわけでなく緩和策でしかないので
> OSの入れなおしという話があります

複雑化し過ぎているので山の様なエラッタの中から慎重に選別してゆけば必ず何処かにセキュリティホールが見付かるのだろうなと前々から思っていました(それを実行するモチベーションと時間or資金さえ有れば)

中の人は前々から知っていて、発表するタイミングをいつにするかとか、どこまで対策してから発表するかとか、そういったデバッグ&リリース(マイクロコード更新)を生業としている人が大勢居るはずで、たまに暇な学生とか誰かに資金提供受けている研究者とか、資産家の暇な息子なんかが中の人が発表する前に発見しちゃうんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> macproも新製品が出たようですが、完全にDuaCPUl路線から
> 撤退で、DualあるいはQuadGPU路線へ邁進ですな。

CPU は Xeon W-3175X でしょうかね、もしくは専用品か、、Threadripper が無ければ登場しなかったCPUだと思っていましたが、逆に言えばMacProにこそThreadripperの様なCPUが必要で、かつ、GPUがMac専用でしか今は入手できないフルスペックVega2の様で、AMDのCPUを採用する日も近いのではないか、、、

差別化にコスト掛けてるみたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> ところでシングルCPIUに比べて、デュアルCPUの優位性って何なんでしょうか?
> そのあたりがMacがDPを放棄したとこだと思うんですが、よくわからないです。

http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-627.html

上記の6154をCascadelake世代の6254に読み替えると優位性は一目瞭然ですが、MacProはXeon W-3175Xを超えるカスタム品ではないかと思われ、AVX512を低めの設定にする代りに他を高クロック化した物ではないかと、、、逆の可能性もありますが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> マルチGPUとマルチプロセッサの話って、今のマザーボードのフォームファクタではトレードオフになってきているんでしょうね。

E-ATX で 2CPU/4GPU 構成がCascadelake-SP世代までは出来ますが、次世代はメモリが8チャネルになるので21号機のEPYCの様な構成が限界でしょうね。

> で、appleの狙いは単に8K等のコンテンツ作成では、今度のmacproでもいささか余裕だと考えているのでしょう。

8K に付いては Apple Afterburner という別のアクセラレータで対応するらしいのでGPU側の演算性能って訳でもなさそうです。

採用されるCPUは、これっぽいですね。205W品ですので筆者の22号機にも載せられそうです。メモリは2933品を256GB購入済みですがCPUの末端価格が新車1台ぶんなんですよ。。。
https://ark.intel.com/content/www/us/en/ark/products/193754/intel-xeon-w-3275m-processor-38-5m-cache-2-50-ghz.html

> Radeon Pro Vega II Duo 64GBを、2枚させることができる。

4スロットのパッシブヒートシンクですね。
TeslaやInstinctの様にパッシブヒートシンクはサーバではむしろ一般的です。ストレートなエアフローと交換可能なファンを別の場所に設置する事で冷却性能を高めつつ、ファンが壊れても簡単に交換できる仕組みにしておく感じですかね。

> で新しいmacproはWindowsマシンでは容易にできないマルチGPU環境を売りに、ディープラーニング等を考えた3年先でも「使える」マシンを狙ったのではないかと思うんです

その手の物は、こういった品が既にありますね。
http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-591.html
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて二十数台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です(以降、Bull/nano/Ryzenと数台仮組レベルで組んでいます)。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR