BIOSの修正、停滞ぎみに・・・

この究極?自作PC改め、魁??漢塾シリーズは、今から約13年前の私が自作PCに憧れてはいたものの当時は貧乏で手にする事の出来なかったDUAL Socket7 マザーのATX586を、ある事が切っ掛けで約13年を経た今になって偶然手にした事からスタートしました。

前回はBIOS Patcherにより一気にIDE-IF関連の問題が解決し(それに伴い容量の壁に付いて概要手順を纏め)ましたが、肝心のPCI関連のコンフィギュレーションレジスタ及びESCD(Extended System Configuration Data)に関する調査が進んでいません。

その原因は、何故か?PCI関連の解析を進めようとした時に限ってATX586のフリーズが頻発する事です。2日かけてOSのマルチブート環境を構築した時にはそんなに発生しなかったんですが・・・ほんとに何故でしょう?

同時に作ったTX97-Xマザーでのマザー以外を同じにした環境では全くフリーズが発生しません。
もちろん、PCI関連特にESCD(Extended System Configuration Data)に問題が有るであろう事が判っていますので、これが原因でフリーズしていても変ではなく、DOSだと一度もフリーズしませんから、ほぼ間違いないとは思っているのですが、他にも原因が有るのかもとも思い始めました・・・

少し頭の中を整理して、方針を決めたいと思います。

・・・

まずフリーズが起きない環境を作ってみる事にしました。

クロス開発的に他のPCでBIOS解析をしても良いのですが、実機でフリーズが頻発していては動作テストがままならなく、それが障壁にもなりますし、なんとなく、そうじゃないかと試してみたい事もあるので・・・

調査1:
 PCIを一切使わず、ISAカードのみの環境を構築し、しばらく運用してみる事に
 しました。
 筆者は幸運にもISAカードのNICとVGAを持っていますので、これで試してみよう
 と思います。
 これでフリーズが無ければ、もう確定的ですよね?

調査2:
 もう一点、PCIブリッジを経由しないPCIカードに限定し、マルチファンクション
 も排除してみる事にしました。
 NIC/VGAともにブリッジを経由しないPCIカードも持っていますので、こちらの
 パターンも試してみます。

この二つのどちからでフリーズが解消すれば、調査が進め易くなると伴に、およその原因も明らかになってくるのではないかと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR