EPYC の不可解なラインナップ

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------

CPUTURBOFREQ2017E4.png

並べてみて不可解な謎が3箇所あります。

謎1:
 TDP 155W/170W は、どういう意味か?
 上のグラフで155Wのモデルは実際は155W/170Wです。
 当初は劣化品が170Wで良品が155Wなのかと思っていましたが、そうではなく、
 メモリのクロックが2400の時に155Wで、2667の時は170Wという意味の様です。
 8チャネルあるので、そのクロックで消費電力や発熱が異なるのは理解できます。
 つまり謎は解けたのですが・・・
 では何故、より高いスペックの180W製品では2400を選択出来ないのか?謎です。

謎2:
 EPYC 7281 16C/32T TC-ALL 2.7GHz TC-MAX 2.7GHz 155W/170W
 EPYC 7301 16C/32T TC-ALL 2.7GHz TC-MAX 2.7GHz 155W/170W
 この2モデルは何が違うのかよく判りませんでしたがL3容量が倍違う様です。
 これは謎というより判り辛い違いというだけでした。他に定格が0.1GHz違います。

謎3:
 これが最大の謎です。
 EPYC 7501 32C/64T TC-ALL 2.6GHz TC-MAX 3.0GHz 155W/170W
 EPYC 7551 32C/64T TC-ALL 2.55GHz TC-MAX 3.0GHz 180W
 どう見ても型番とスペックが逆転しています。価格も7551の方が高いのです。
 これは間違いじゃないですかね?
 スペックと型番と値段が逆転している理由が「発表を間違えた」以外に考え辛いです。

全体的にIntelと比べて特性にバラつきが非常に少なく大きな違いはコア数とTDPの”設定”だけと言っても過言ではない印象です。

180WのタイプはTurboを長時間維持出来る品で、逆に155/170WのタイプはTurboが短時間しか維持できないのかもしれませんが冷却次第、冷却に費やすコスト次第ですかね?

グラフの2.8GHzに赤線を引いているのはAMDの歴代デュアルソケットのハイエンドが定格2.8GHzですから、今回SP3でも後発のハイエンドが定格2.8GHzではないかと推測しています。

Dual Socket A
 AMD Athlon MP 2800+ (2133MHz)
 K7 1C/1T/2S

Dual Socket 940
 AMD Opteron 290 2800MHz
 K8 2C/2T/2S

Dual Socket F
 AMD Opteron 2439 SE 2800MHz
 K10 6C/6T/2S

Dual Socket G34
 AMD Opteron 6386 SE 2800MHz / TC-ALL 3200MHz / TC-MAX 3500MHz
 Piledriver 8M/16C/2S

Dual Socket SP3
 AMD EPYC xxxx ????HMz
 Zen 32C/64T/2S

 

Skylake-SP のラインナップがカオス

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------

Skylake-SPのラインナップ、GOLDとかSILVERとか少し馬鹿っぽくなった雰囲気が有りますが、E5/E7からB/S/G/Tの四種に増え更に型番末尾にF/T/M/無印とバリエーションが増えたたおかげで携帯電話料金プランの如く意図的に判り辛くしているのではないか?と思える程のカオス状態になっていて、どれを選択するのが妥当なのか誰にも判断出来ない状況と思われます。増やし過ぎでしょこれ・・・

こちらのグラフはSkylake-SPの中から高クロック多コア品を5種選んでターボクロックをグラフ化した物です。
CPUTURBOFREQ2017S4.png


こちらのグラフはSkylake-SPとEPYCから高クロック多コア品を3種づつ選別してターボクロックをグラフ化した物です。
CPUTURBOFREQ20175.png


Skylake-SPはAVX2を使う場合とAVX512を使う場合でクロックが異なり更に両方使わない場合もクロックが異なるので1コア辺り3種類のクロックが同時に存在します。

EPYCは16コア品のクロックが24コアや32コア品と比べて低いので、追々Threadripper並みの高クロック版が出るのではないかと期待しています。IntelはSkylake-SPでは16コアの高クロック版を出さない様で、定格3GHzオーバー品は12コアの次が18コアです。
Skylake-SPの高クロック版は 4 - 6 - 8 - 12 - 18 コアですから、謎です・・・
これが仮にメッシュ構造に起因するものならば10コアや16コア品の高クロック版が有って良いと思うのですが何故?E5v4と被るから?

 
 

Windows7 システム修復ディスク に システムイメージを統合出来ないか?

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------

 この記事では、BD-R ディスク1枚でWin7をシステムバックアップ時点まで完全回復する事を目指します。

結論・・・
 CD-R に焼いたシステム修復ディスク + eSATA接続HDD(中身はRAIDデバイスドライバ+バックアップデータ)から 内蔵RAID へ リストアするのがベストの選択と結論付けました。それに加えてBD-Rにも保存すれば万全です。USBの方が楽ですか?BadUSB対策としてUSBを使わない前提です。

 HDDにバックアップを保存した場合、リストアする際に間違ってバックアップHDDに上書きリストアしてしまう危険を回避する為にはBD-R DLへのバックアップがベストだと思いますが、BIOSのブートローダがBDに対応していなければなりません。

 用途はWindows7の次のOSに付いて考えるの記事で書いたWin7をスタンドアロンで使える状態のバックアップと復元です。

 諸々含めて最も安全なのは2TB(512セクタ)のHDD数台に複製保存し、システム修復ディスクも数種類のメディア(CD-R/DVD-R/BD-R)に保存しておくのが良いかと思います。CD/DVD/BDドライブは内蔵もしくはeSATA接続する事でUSBを排除出来ます。eSATAが2ポート有れば一通り出来ますね。この方法での問題点が有るとすれば記憶媒体の寿命と経年劣化です。筆者自身の寿命と経年劣化の問題もありますが・・・

------ 結論に至る経緯 ------
 Windows7のシステム修復ディスクは追記が出来ない為、RAIDドライバやバックアップデータを追加書き込み出来ません。
もちろん、修復ディスクとRAIDドライバとバックアップデータを別々に用意すればシステム回復出来る訳ですが、回復作業がとても面倒で煩雑なのでスマートではありません。

 この用途だとWindowsPEに辿りつきますが、面倒です・・・という事で右往左往している筆者の様子を晒してゆこうと思います。

テスト1:
 BD-R DL にシステム修復ディスクを作成し、RAIDドライバとバックアップデータを追記出来ないか?
 ->失敗

テスト2:
 BD-RE DL にシステム修復ディスクを作成し、RAIDドライバとバックアップデータを追記出来ないか?
 テスト1よりも先に進めましたがシステム修復ディスクのフォーマットの関係で追記に失敗しました。
 ->つまり失敗

テスト3:
 テスト1で BD-R DL を使って作成したシステム修復ディスクからISOファイルを抽出し、ISO編集ソフトを使ってドライバとバックアップデータをISOファイルへ追記、そのISOファイルをBD-R DLに書き込む。
 ->成功、但し時間が掛る。

 ISOファイル編集ソフト候補
  Image Master 無料(GPL/寄付可)BD-R対応、失敗
  ISO Workshop 無料(商用有料) BD-R DL対応、失敗
  WinISO Standard 6.4.1 2,050円 BD-R DL対応、成功
  Magic ISO Maker 5,198円 未テスト

テスト4:
 上記テスト3と同じ事をDVD-R(CD-Rでも可)で試す。
 ->失敗(理由不明、書込みメディアの問題か?)
 ※バックアップ用途には、そもそも容量不足です。


初めからWindowsPEを試せば良かったというオチに成りそうな予感が増大してきました・・・



 

Skylake-SP デュアルマザー来ましたね。

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------
その他のソケットに付いては、こちらにまとめています。
Intelマザーのまとめ
 Socket7 / 8, 1, 2, 370 / Socket604 / SocketM
 LGA771 / LGA1366 / LGA2011 / LGA2011 v3 / LGA3647
AMDマザーのまとめ
 SocketA / Socket940
 SocketF / SocketC32 / SocketG34 / Socket SP3
VIAマザーのまとめ
 nanoBGA / QuadCore

参考:
 Skylake-SP高クロック多コア品のターボクロック一覧グラフ
 Skylake-SPのAVX512 FMAユニット数はモデルにより異なる

本文:
 EPYCデュアルソケットマザーが出たばかりなので、どちらを先に買うか悩みます。演算性能はEPYC優位、DB用途はSkylake-SP優位(常にとはいかない)様です。Skylake-SPのAVX-512は連続で演算するとメモリ帯域が全然足りませんので効果は極限定的と思われます。

Supermicr X11DAI-N
x11dai-n.jpg

 以前ラインナップを予測しましたが、いくつか当たりましたね。
 こちらは筆者が好きなワークステーション用を謳う E-ATXサイズ のマザーですが未だSLI認証を取得していない様です。もしかしたらDAI-Xの様な型番でSLI対応モデルを後発するかもしれませんし、DRG-Q系11スロットサイズのハイエンドマザーもSLI認証後に後発で登場するかもしれません。写真のマザーはマニュアルが既に公開されていますので、買う前に熟読しておこうと思います。
 シリコン貫通電極を使った積層DRAMも使える様で 3DS-LRDIMM に対応しています(3DS-LRDIMM対応は前世代から)。コンパチリストでは16GBと32GBのRDIMMメモリモジュールが公開されていますが、コンパチメモリを6チャネル2ソケットに挿すとしてメモリ最小容量が192GBになりますね(メモリ最大容量は2TB)。
 組み合わせるCPUはダイレイアウトHCCの18コアTDP200W品がワークステーション向けとしてはハイエンドになると思います(その上のXCCレイアウト28コアはクロックが低い傾向の為)。
 x16スロットが4本ありますから水冷1スロット化した GTX1080ti ( もしくは Quadro GP100 ) を4枚挿すのが現状のハイエンドという事になりそうです。合計120万円~でしょうか・・・私はそこまでしませんが(笑


Supermicr X11DPG-QT
x11dai-n.jpg

画像が荒いのは、未だ正式発表前だからです・・・
E-ATXよりも更に8cm大きく11スロットぶんのスペースが必要な巨大マザーで、恐らくこちらのサイズと同じだと思われます。
SLIに対応するかどうか不明です、10GbEヒートシンクが有りますのでWorkstationよりもServer向けのアレンジと思われます。CPU直結のx16スロットが6本有り、うち4本がフルサイズのGPUを直接挿せます。残り2スロットは延長ケーブル等を経由する事でGPUを接続できるのではないかと思います。


Tyan S7100
S7100.jpg

 基板レイアウトとしては、これに勝るE-ATXは無いかもしれません。Supermicroでの安定動作を選ぶか基板レイアウトでTyanを選ぶかの選択で筆者は毎回悩むのですが、今回もそうなるかもしれません。この板もSupermicro X11DAI-N同様にWorkstation向けでオーディオサウンドチップ(Realtek ALC892-GR)を搭載していますがリアI/Oパネル部には角型光端子のみでアナログ入出力はヘッダピン形式(とPCIブラケット)での対応です。S7100には2種類有り S7100AG2NR がサウンド搭載、S7100GM2NR はオーディオが無い変わりにIPMI(リモートメンテナンス)を搭載しています。手元でワークステーションとして使うか、リモートサーバとして使うかの差で微妙に仕様を変更しています。
 メモリスロットがソケット辺り6本ですが、この板が一番バランスの良いレイアウトです(CPUの仕様がメモリ6チャネルなので)
 水冷化せずに(或いは延長ケーブル無しに)ハイエンドGPUを4枚ともフル帯域でCPU直結出来そうです。但しTyanはSLI認証を取得しないかもしれません。


Tyan FT77DB7109
FT77DB7109.jpg

 こちらはベアボーンですが、ハイエンドGPUを8枚搭載可能ですから個人用スパコンを組みたい人に向いていると思います。たぶん、これ以上の演算能力を得られる単機のコンピュータはしばらく登場しないと思われます。
 但し、ベアボーンに付属する電源は 3kW (100V~240V 3,200W リタンダント2+1) ですからブレーカー40A以下では厳しいですし、たぶん爆音ですから御注意下さい。サイズも巨大です。写真は他のマザーの写真とは縮尺が2倍以上違います(つまり、この写真を2倍くらいに拡大すると同一スケールになります。


GIGABYTE MD71-NB0
MD71-HB0.png

こちらはネットワークが充実で10GbE x2 / GbE x2 / リモート用 x1 / あと1個は未調査ですが合計6個のLANコネクタが有ります。


Supermicr X11DPL-i
x11dpl-i.jpg

 ATXサイズのデュアルマザーも有ります(驚き・・・)しかしこの板は注意としてCPUソケット形状が上のマザーと異なりますのでヒートシンクの形状が異なる可能性があり、また、Omni-Path用の空間が無く、本来6チャネルのメモリが2スロット少なく、TDP 140W までのSkylake-SPの中では比較的発熱が低いCPUしか乗りません。基板サイズが小さいので仕方ないのだと思います。


ASRockも数種類発表していますが自作に使えそうなデュアルソケットの板が見当たりません。唯一自作に使えそうなのは下記のシングルソケットのみです。
ASRock EPC621D8A
EPC621D8A.jpg



ASUSは未だ何も発表していないみたいですが Z11PE-D12 WS の様な名前で上に掲載した Tyan S7100 と似たレイアウトのデュアルソケットマザーを出すのではないかと予想していますがSLI認証を取得してからだと思うので少し発表が遅れるのではないかと思います。その意味ではASRockも同様、GIGABYTEのWorkstation用マザーも同様ではないでしょうか(GIGABYTEの上記品はサーバー向けの構成です)。


EVGA はSR-2/SR-X以降が無い雰囲気ですが、ここで突然復活したら面白そうですね・・・

 
 

地球温暖化 縄文海進 パソコンの消費電力

->デュアルソケット・ザ・ワールドの目次は こちら へ。
-----------------------------------------------

 先に結論的に書きますが、紀元前4,000年頃(諸説あり)の日本では縄文海進という現象があり、この頃は現在より温暖で海抜が今より5~10m高く、都内は海の底で大宮(埼玉県)周辺が半島だった様です。逆に縄文初期は氷河期で海抜が今より120mも低かったらしく大陸と日本列島がつながる程に海抜が低かった様ですから、今の温暖化による変化など微々たる変化に思えてきます。他にも弥生海退、平安海進など、規模の大小はあっても現在の「異常気象」と言われる状況が非常に微々たるものにしか思えないほどの大規模な温暖化・寒冷化が起きています。

 その前提で・・・現在の温暖化と異常気象の原因は化石燃料を自動車や火力発電などで燃焼し二酸化炭素(温室効果ガス)を大量に放出している事が原因と噂されていますが、では、今より更に温暖で異常気象の連続だった縄文時代には現代よりも世界的に大勢の人々が自動車に乗ったり火力発電したりして温室効果ガスを大量に撒き散らしていたのでしょうか?そんな事は無いですよね。

 筆者の実体験として、都心の環状7号線の上空に、道路(環状7号線)に沿って道路と全く同じ形状の雲がジワジワ出来た光景を目にした事が有りますので全く影響がゼロとは言いませんが、そんな規模より圧倒的な勢いで自然現象による温暖化が現在進行していて、今の温暖化は人間の力でどうこう出来るレベルでは無い(つまり、化石燃料を全く使わなくても温暖化が進行中)だと思っています。

 ここで、あえて、地球温暖化と異常気象が叫ばれる現在、1000W (100V × 10A)=1kW もの電力を消費する様なハイエンドPCを冷房と伴に利用する行為はどうなんですか?という視点を作ってみます。

 原発1基が概ね100万kW程度の出力ですから、最大負荷で稼働するハイエンドPCを発電所1基で概ね100万台ほど賄えます。

 洗濯機が500W、乾燥機が1,000~2,000W、ヘアドライアーが500~1,500W、電子レンジが500~1,500W、エアコン 500~1,000W

 こうして並べてみると近代的な生活家電とハイエンドPCの消費電力は、さほど変わりませんし、負荷が低い時は蛍光灯数本程度ですから消費電力は使い方次第なのも家電と一緒です。その様にコントロールされているふしも有り、また、コンセントが最大2,000Wな事とも関係があるかもしれません。つまり、デュアルソケットのハイエンドPCの環境に与える影響は普通の家電の範疇(但し、使い過ぎると数万円の電気代ですからご注意下さい)という程度です。環境に配慮し節電するならパチンコ・パチスロが先だろと言う事です。

 余談ですが、日本列島の縄文時代と言えば 1万5,000年前~2,500年前頃(諸説あり)と言われていますが、続く時代を筆者は弥生文化の浸透≒神武東征≒日本の建国ではないかと思っています。じゃあ神武天皇127歳はどう説明するのか?と言えば、魏志倭人伝によると当時の日本では春から秋を1年と数え冬を更に1年と数える、今の1年は当時2年で数えていた事が書かれている様ですから127歳は現代の63歳と同じです。当時としては比較的長生きかもしれませんが神武天皇は人として普通の寿命だと思うのです。なぜそれを専門家が言わないのか?に付いて私は判りません、言ってもマスコミが取り上げないだけかもしれません。同様に魏志倭人伝には日本人は長生きで100歳を超える人が多く居たと書かれている様なので同様の理由ではないかと思うのですし戦前まではそう思われていた様です。また、相撲の行司が代々 木村庄之助 を名乗る様に昔の人達は当主の名前を子に引き継がせた為に同一人物なのか親子なのか判らない事が多々有り、口伝であった事と併せて西洋的価値観で信憑性を疑われる状況を作り出しているのだと思うのです。端的に言えば戦前と戦後では勝者が違う=歴史小説を書く人が交代したからでしょう。同様に地球温暖化を喧伝してエコに誘導している人々は、歴史小説の様に温暖化物語を作り出して何をしようとしているのでしょう?

 炭素税がキーワードに成るかもしれません。

 今迄、徴税(税金)は国の権限、貨幣発行も国の権限、その為、国を超えて税金を集める事が出来ませんでしたが、国際的に炭素税を徴税すれば、そりゃもうヤクザの様に言いがかり的に相手に贖罪意識を植え込んで金を取り上げるのと一緒です。炭素税の利息や売買手数料や売買そのもので利益を出すのは誰で、徴収された炭素税の多額の金銭は何処に流れてゆくのでしょうね?気象変化という自然現象に対して国から(つまり間接的かつ強制的に我々から)税金を騙し取って利益を出そうとしている人々は誰なのか?
 
 
 
プロフィール

DualSocketTheWorld

Author:DualSocketTheWorld
自作を始めて20台目くらいになりますが、最初からデュアルソケット限定(始めた当時はデュアルスロット)で自作しており、近年になってAMD K6を試したくなりSocket7でK6-2+のシングル構成で組んだのがシングル初です。

シングルマザー(含:シングルソケットマルチコア)や4ソケット以上の自作は基本的にしませんし、メーカー製PCの改造も基本的にはしません(ノートPCのSSD化くらいはしますが・・・)

基本路線はワークステーションと呼ばれる分野での自作で、OSもWindows系であればProfesionalが主な対象に成ります。

ゲーマーの様なOverClockは行わず、WS路線としてハイエンドCPUとハイエンドGPUの組み合わせで定格或いはDownClockで発熱を抑えつつ、その時のアーキテクチャに置いて爆速かつ静音を目指し、30年以上の長期に渡り稼動状態をキープする事を目指します。

※基本的にリンクフリーです。どこでも自由にどうぞ。

※画像は時々変ります。

※お決まりの文章ですが、改造は個人の責任で行ってください。ここに記載された情報は間違いを含んでいる可能性が有り、それを元に製作や改造などをして失敗しても筆者は一切責任持てませんので悪しからず。

筆者略歴:
小学生時代にゴミ捨て場で拾ったジャンクテレビ数台を分解して部品を取り出し真空管アンプを自作、中学生時代にPC8801mkⅡsrでZ80アセンブラを始める。社会人になって初のプログラムは弾道計算、後に医療系・金融系プログラマ~SEを経て100~200人規模プロジェクトのジェネラルマネジャを数年経験、独立して起業。現在は不動産所得で半引退生活。
(人物特定を避ける目的で一部経歴を変更しています)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR